陣営

最終コメント:6時間前

TOP > ハースストーンの世界 > 陣営

陣営

アゼロス世界の中で最も大きな勢力である、アライアンスとホードの2つの陣営。アライアンスとホードは基本的には対立しているが、共通の敵と対峙するために共闘することもある。
アゼロスの秩序と平和を守るため旧神、焦熱軍団、アンデッド軍団、旧ホードなど世界の脅威となる諸勢力と敵対する。

アライアンス/Alliance

同盟軍。アゼロスの2大勢力のひとつ。
ヒューマン、ドワーフ、ノーム、ナイトエルフ、ドラエネイ、ウォーゲン、パンダレンで構成される。
ジェイナ、ウーサー、マルフュリオン、アンドゥイン、ヴァリーラなど。
ヴァリアン・リン/Varian Wrynnがリーダーであったが、ヴァリアンの死後は彼の息子であるアンドゥイン・リン/Anduin Wrynnがリーダーとなる。

ホード/Horde

連合軍。アゼロスの2大勢力のひとつ。
オーク、トロル、トーレン、アンデッド(フォーセイクン)、ブラッドエルフ、ゴブリン、パンダレンで構成される。
スロール、ガロッシュ、レクサーなど。

戦長(ウォーチーフ)/Warchief

ホードではリーダーのことを戦長と呼ぶ。
戦長はスロール→ガロッシュ→ヴォルジン→シルヴァナスと就任された。

旧ホード、新ホード

現在のホードはアゼロス侵略を企んでいないが、過去のホードはそうではなかった。
闇のポータルによって惑星アゼロスに侵攻してきたオーク軍団を旧ホードと呼ぶ。彼らは元々遠き惑星ドラエナーに住んでおり、焦熱軍団のピットロード・マノラスから《血の渇き/Bloodlustp.png 》の呪いを受けて暴走させられていた。
《血の渇き》から開放されたオークたちを英雄デュロタンの息子スロールがまとめ上げたオーク同盟を新ホード(現在のホード)と呼ぶ。
また、レンド・ブラックハンド/Rend Blackhandに率いられた「ダークホード」は、自分たちこそが真のホードであるとしてホードともアライアンスとも敵対している。

勢力

冒険者/Adventurer

主なミニオン:クエスト中の冒険者/Questing Adventurerリロイ・ジェンキンス/Leeroy Jenkins

World of Warcraft(WoW)におけるプレイヤーキャラクターの総称。また、冒険者という設定のNPCたち。種族によって出自は様々だが、レベルが上がりクエストを進める間に国や世界を救う英雄や各々の勢力のリーダーとなっていく。リロイ・ジェンキンス氏をはじめとして、ゲーム内でなんらかの功績を遂げた幾人かのプレイヤーキャラクターは、NPCとしてWoW内で普遍的に残されたり、WoW内の言い伝えでその名前を語り継がれたりしている。
種族によってアライアンスかホードのどちらかの陣営に属する。ストーリー内で様々な勢力と協力あるいは敵対することになる。

ダークホード/Dark Horde

主なミニオン:レンド・ブラックハンド/Rend Blackhand

レンド・ブラックハンドが率いる軍勢。オーク、オーガ、トロル、ブラックドラゴンで構成される。旧ホード軍の残党であるが、スロール率いる新ホード軍とは対立している。もちろん、アライアンス軍とも対立している。
ブラックロック山の大城塞(Blackrock Spire)が本拠地。オークのブラックロック族とドラゴンモー族、オモック大王率いるオーガの部族、トロルの部族の混成軍。ブラックドラゴンとも協力関係にあるため、ドラキサス将軍率いるブラックドラゴンの軍勢も加わっている(実体としてはネファリアン/Nefarianを長としたブラックウイングの軍勢が、自分たちの手駒としてダークホードを利用している)。

アンデッド・スコージ/Undead Scourge

主なミニオン:ナクスラーマスの呪いの皆さん、黒騎士/The Black Knightボーンガード将校/Boneguard Lieutenant

リッチキング(The Lich King)が操るアンデッドの軍勢。北の大陸の果てのアイスクラウンを本拠地とする。アンデッド・スコージの目的は全ての生命の根絶であり、全ての勢力と敵対する。
リッチキングの命を受けたケルスザード/Kel'Thuzadの軍団が東の大陸を侵略していた。ナクスラーマスは彼らの前線要塞。

アージェントの十字軍/Argent Crusade

主なミニオン:アージェントの従騎士/Argent Squireアージェントの騎兵/Argent Horseriderアージェントの司令官/Argent Commander

リッチキング率いるアンデッドスコージ討伐のために、ティリオン・フォードリング/Tirion Fordringが立ち上げたパラディンの軍勢。分裂していたシルバーハンドの騎士団とアージェント・ドーンがティリオンの号令により再び一つに合わさったもの。グランド・トーナメントは彼らの主催による馬上槍試合大会。

シルバーハンドの騎士団/Order of the Silver Hand

主なミニオン:シルバーハンド新兵/Silver Hand Recruitシルバーハンドの執政/Silver Hand Regentシルバーハンド騎士/Silver Hand Knight

ウーサー・ライトブリンガーによって結成されたパラディンの騎士団。ティリオン・フォードリングも騎士団の結成時のメンバーの一人であった。ストームウインド王国がオークの軍勢によって滅亡したウォークラフト1の後に結成され、ホード軍との大戦でアライアンスの勝利に大きく貢献した。
大戦の終結から数十年後、シルバーハンドはパラディンたちの育成に励んだ。ローデラン王国の王子アーサス・メネシルも騎士団の一員でありウーサーの優秀な弟子であった。だが、リッチキングの策略によりアーサス王子はアンデッドの手先となり、ローデラン王国を滅亡に追いやった。アーサスが王国を滅ぼす過程でウーサーをはじめとした多くの高名なパラディンは殺害された。王国の滅亡後もアレクサンドロス・モーグレイン(アッシュブリンガーの最初の持ち主)たちパラディンが抵抗を続けたが、彼らの多くも戦死し、騎士団は次第に衰退していった。アンデッドやデーモンの策謀により混乱する中、シルバーハンド騎士団のメンバーはスカーレット・クルセイダーやアージェント・ドーンに分派していった。
WoWではアライアンス陣営のヒューマンやドワーフのパラディンたちがシルバーハンドの騎士団の残党ということになっている。つまり、wowでヒューマンのパラディンを選んだプレイヤーの作りたてのキャラは、シルバーハンド新兵ということになる。
後に、ティリオンの死をきっかけにして各種族のパラディン集団が団結してシルバーハンドの騎士団が新しく再結成された。パラディンの冒険者が彼らのリーダーとなる。

スカーレット・クルセイダー/Scarlet Crusader

主なミニオン:スカーレット・クルセイダー/Scarlet Crusaderスカーレット・ピュリファイアー/Scarlet Purifier

アンデッドに支配されたローデラン王国を奪還するために結成された宗教的軍勢。シルバーハンドの騎士団から派生した。滅亡したローデラン王国内の「緋色の修道院」を本拠地とする。
結成時は王国奪還の理想に殉じる高潔な集団であった。だが、悪魔に憑依された騎士団長によって歪んだ狂信が蔓延するようになり、アンデッドのみならず生者まで殺戮する狂信者集団と化していった。WoWではプレイヤーの陣営や種族に関係なく(ヒューマンであっても)敵対となっている。

デファイアス団/Defias Brotherhood

主なミニオン:デファイアスの盗賊/Defias Banditデファイアスの掃除屋/Defias Cleaner

ストームウインド王国に跋扈する盗賊集団。エドウィン・ヴァンクリーフ/Edwin VanCleefを頭目とする。
元々はストームウインドの都市を復興するために尽力する石工ギルドであったが、私腹を肥やし正当な報酬の支払いすら拒否した貴族たちの腐敗に憤り、王国に対して反旗を翻した。ストームウインド王国の辺境ウェストフォールの廃鉱山を本拠地としていた。ストームウインド王都を海から襲撃する計画を建て、グリーンスキン船長/Captain Greenskinら海賊を雇い、戦艦を建造した。戦艦が完成し襲撃を実行に移す直前に冒険者たちによって討伐され壊滅した。

黄昏の鎚/Cult of Twilight's Hammer

主なミニオン:黄昏の鎚の長老/Twilight Elder黄昏の鎚の召喚師/Twilight Summoner

旧神を復活させ世界の終末をもたらすことを本願とするカルト教団。元々はオークとオーガの追放者たちからなる部族であったが、彼らの長であるチョ=ガル/Cho'Gallがアゼロス侵略時に旧神の声を聞いてからは旧神を崇めるようになり、さらに後には種族の枠を越えたカルト教団へと発展していった。

イリダリ/Illidari

主なミニオン:イリダン・ストームレイジ/Illidan Stormrage

イリダン・ストームレイジの軍勢。「アウトランドの主(Lord of Outland)」を称したイリダンに従ったものたち。デーモン、ブラッドエルフ、ブロークン(瘴気により歪んだドラナイ)、フェル・オーク、ナーガ、グルゥル/Gruulたちグロン族、およびイリダン配下のデーモンハンターたちで構成されていた。アウトランドの「黒の寺院」を拠点としていた。マイエヴ・シャドウソングと冒険者によってイリダンが倒された後は崩壊したとされる。
イリダンが復活した後は、彼と共にアゼロス世界を守るために焦熱の軍団と戦うデーモンハンターの軍勢となった。

大地の円環/Earthen Ring

主なミニオン:大地の円環の遠見師/Earthen Ring Farseer

シャーマンの集団。大地と精霊の調和に一身を捧げるものたち。スロール/Thrall託宣師モルグル/Morgl the Oracleもこの集団の一員。WoW内ではシャーマンの冒険者が「The Farseer(遠見師)」と称され彼らのリーダーとなる。

アンクラウンド/The Uncrowned

主なミニオン:レイヴンホルトの暗殺者/Ravenholdt AssassinSI7諜報員/SI7 Agentノッゲンフォッガー市長/Mayor Noggenfogger

ローグによる秘密の組織。ヴァリーラ・サングイナー/Valeera Sanguinarもその一員。各種族の選り抜きの暗殺者や工作員で構成される。その中には暗殺者組織「レイヴンホルト」のリーダーや、「SI7(ストームウインド秘密情報部)」のリーダー、シャドーパンの達人、さらにはブラッドセイル海賊の元帥もいる。あと、なぜかノッゲンフォッガー市長やぐったりガブ呑み亭の常連/Grim Patronもいる。ダラランの地下下水道に彼らの拠点がある。

旧神/Old Gods

主なミニオン:クトゥーン/C'Thun希望の終焉ヨグ=サロン/Yogg-Saron, Hope's End頽廃させしものン=ゾス/N'Zoth, the Corruptor放たれし激昂ヤシャラージュ/Y'Shaarj, Rage Unbound

太古の昔、タイタン神族がアゼロス世界に降臨した時にはすでに世界を支配していた、アゼロス世界の土着の神々。
タイタン神族に敗れ、永遠に覚めることのないよう世界の地下深くに封印された。果てしない年月の間、封印の隙間から微かに漏れ出る「ささやき声」でアゼロス世界の生命たちを狂わせ続けた。

ドラゴン・アスペクト/Dragon Aspects

五大竜。太古の昔にタイタン神族の長たち(Pantheon)に超常の力を分け与えられ、アゼロス世界の守護を任じられた5頭のドラゴン。
アレクストラーザ/Alexstraszaマリゴス/Malygosイセラ/Yseraノズドルム/Nozdormuデスウィング/Deathwingの5頭であり、それぞれレッドドラゴン、ブルードラゴン、グリーンドラゴン、ブロンズドラゴン、ブラックドラゴンの長たち。
デスウィングは一万年前の古代戦争時に突如として立場を翻し、世界を破壊する側に回った(旧神の呪いによるものとされる)。

エイシェント・ガーディアン/Ancient Guardian

主なミニオン:マローン/Malorneアヴィアナ/Avianaセナリウス/Cenarius

神獣(Wild Gods)。太古の昔にアゼロス世界の自然を護るために生み出された、世界の守護者たち。その多くは動物の姿をとり、超常の力と永遠の霊性を有する。
一万年前のデーモンの侵略による古代戦争の時に、世界を守るために戦い大半が犠牲となり、夢の世界エメラルドドリームに還っていった。それから一万年後のWoWの時代、デスウイングやラグナロスの侵略により再び訪れた世界の危機(Cataclysm)に際し、復活した。
彼らの眷属たちが獣人の祖先とされる(トーレンやハーピー、パンダレン、ドライアド、猪人クイルボアなど)。

四神/August Celestial

関連したミニオン:探話士チョー/Lorewalker Cho四神の夢見人/Celestial Dreamer

パンダリア大陸を守護する四柱の神獣。以下の四神である。

  • 赤の鶴「チ=ジ」、南方位を守護し、希望を司る。(Chi-Ji, the Red Crane)
  • 黒の雄牛「ニウ=ザオ」、西方位を守護し、忍耐を司る。(Niuzao, the Black Ox)
  • 白の虎「スアン」、北方位を守護し、力を司る。(Xuen, the White Tiger)
  • 翡翠の神蛇「ユ=ロン」、東方位を守護し、知を司る。「神蛇」とは龍のことである。(Yu'lon, the Jade Serpent)

精霊王/The Elemental Lords

火、水、風、地の四元素のエレメンタルのそれぞれの長。炎の王ラグナロス/Ragnaros the Firelordネプチュロン/Neptulon風の王アラキア/Al'Akir the Windlord、石の母シェレゼエン(Therazane the Stonemother)。
アゼロス世界の原始の時代、彼らエレメンタルたちは互いに果てることのない争いを繰り返していた。太古の昔に旧神が降臨して以降、彼らの支配下となった。さらに後の時代に、タイタン神が降臨して旧神が敗れたとき、彼らエレメンタルたちも精霊界(Elemental Plane)と呼ばれる異空間に追放された。
WoWにおける大天災カタクリズムの時代、ラグナロスとアラキアはデスウイングと共に世界を破滅させる側に立ったが、ネプチュロンとシェレゼエンは彼らに加担せず中立の立場を取った。

焦熱軍団/Burning Legion

主なミニオン:ロード・ジャラクサス/Lord Jaraxxusマルガニス/Mal'Ganis

無数のデーモン種族で構成された混沌の軍団。堕ちたるタイタン神のサーゲラスを首領とし、エレダーロードの二巨頭のキルジェイデンとアーキモンドを副将とする。
アゼロス世界を幾度も狙い、数万年規模で侵略を繰り返す。

ウォークラフトシリーズにおける焦熱軍団の主な侵略の歴史

  • 古代戦争/War of the Ancients
    一万年前、ナイトエルフによって喚び出されたアーキモンド率いる軍勢が、永遠の泉を侵略した。マルフュリオンたちドルイドやイリダン、ドラゴン、マローンたち守護者によって撃退。
  • ハイラル山の戦い/Battle for Mount Hyjal
    ウォークラフト3時代(数十年前)、アーサス王子らスコージによって喚び出されたアーキモンド率いる軍勢が、世界樹を目的に侵略した。メディヴに導かれたスロール、ジェイナ、マルフュリオンら多種族の混成軍により撃退。
  • 太陽の泉の怒り/Fury of the Sunwell
    WoW:TBCの時代(約10年前)、ブラッドエルフによって喚び出されたキルジェイデン率いる軍勢が太陽の泉を侵略した。ブルードラゴンに手助けされた冒険者たちによって撃退。(焦熱の軍団を呼び出したブラッドエルフの軍勢がサンフューリー。太陽の泉を浄化するための同盟軍がシャッタードサン。)
  • レギオンの侵略/Legion Invasions
    現行のWoW:Legionで起きている侵略。これまで以上の焦熱の軍勢による大規模侵略。

パンテオン/Pantheon

アゼロス世界において「創造主」と呼ばれるタイタン神族たち。宇宙の根源的存在であるタイタン種族の一団。彼らは宇宙の星々を回り、それらの世界を形成し守護する。
彼らは太古の昔にアゼロス世界に降り立ち、当時アゼロスを支配していた旧神たちを封印した。その後に世界を作り直し、生命種を創造した。その後に彼らはアゼロスから去っていった。
アゼロス世界には彼らの残していった遺跡が多数あり、超常の力を有した遺物が眠っている。リーグ・オブ・エクスプローラーアドベンチャーモードの目的である「起源の杖」もそのひとつとされる。

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。