• TOP>
  • ジャスティサー・トゥルーハート/Justicar Trueheart

ジャスティサー・トゥルーハート/Justicar Trueheart

TOP > 中立コスト6 > ジャスティサー・トゥルーハート/Justicar Trueheart






《ジャスティサー・トゥルーハート/Justicar Trueheart》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


ジャスティサー・トゥルーハート.png
6Mana.pngジャスティサー・トゥルーハート/Justicar Trueheartp.png legendary.png雄叫び(Battlecry): あなたのヒーローパワーが初期状態なら、それを強化する。

入手法

グランド・トーナメントカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは1600で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが3200必要で、ディスエンチャントで1600ダスト手に入る。

メモ

戦略

非常に強力かつ唯一無二の効果を持つ、TGTパックの目玉レジェンド。

出した瞬間に強化されるため、この効果は絶対に防げない。そしてミニオンが倒されてもゲーム終了までずっと強化されたまま。
強化されたヒーローパワーはこのカード専用。なかなか優遇されたミニオンではある。

このカードの真価は、強化後のヒーローパワーを何回使うことができるかである。
つまり相手を攻撃するヒーローパワーより、自分を守るヒーローパワーの方が扱いやすい。
(相手のライフが少ない状態でのダメ押しでは、1,2回でゲームが終わってしまう。そのような状況では直接ダメージを与えられるスペル・ミニオンの方が扱いやすい)
またこのカードはデッキに一枚しか入らないため、このカードを引けない場合でもデッキが回るように考える必要がある。

現状はクラスによる扱いやすさの差が目立ち、構築ではコントロールウォリアーを初めとするコントロール系での採用が主となっている。

各ヒーロー詳細解説

  • メイジ
    2マナ2点は非常に強力。ただし通常7ターン目以降となる重さと、メイジ自体の豊富な除去スペルとの兼ね合いが難点。
    無造作にデッキに加えるなら一時的に同じ効果を得られる《堕ちた英雄/Fallen Herop.png の方が小回りが利くだろう。
    コールダラ・ドレイク/Coldarra Drakep.png や《湖の乙女/Maiden of the Lakep.png 等と強力なシナジーを持つため、専用デッキで猛威を振るう可能性はある。
  • ハンター
    他のヒーローと比べ1.5倍、1点しか増えない。
    フェイスハンターなら6マナは重過ぎるし、ミッドレンジでも6マナ以降にヒーローパワーのダメージを1伸ばす恩恵が薄い。
    そもそもバーストダメージが欲しいならスペルを撃てばいいのが現状である。
  • パラディン
    2マナで1/1が2体は有用。Buffの選択肢を増やす為にミニオンを並べたい場面は多く、《シルバーハンド新兵/Silver Hand Recruitp.png は専用シナジーもある。
    兵站将校/Quartermasterp.png 等は有効活用できる場面が増え、腐りにくくなる。
    特に対コントロールにて強力で、ウォリアーやプリーストはヒロパでミニオンを攻撃できないため、毎ターン出てくる1/1の対応に苦労することが多い。
    コントロールメタとしてミッドレンジパラディンに採用される事もある。
    特に終盤も比較的攻めの手が緩いエリーズ主体のコントロールデッキにとっては鬼の如き強さを発揮する。相手もジャスティサーを出さない限りほぼ対処不可能。
  • ウォリアー
    アーマーは上限がなく無限に増やせるので凄まじい耐久になる。
    コントロールウォリアーは早めにこのカードを出すことで圧倒的なライフでの優位を得られる。
    特にコントロール対決で互いにファティーグとなった場合やアレクストラーザによってライフを15にされてしまう場合、何かの間違いで30点近いバーストダメージが飛んできたりする場面でのアーマーの積み立ては非常に頼もしい。
    現状コントロールデッキを組む際にウォリアーを選ぶ大きな理由となっている。これさえ出せればかの悪名高いレノ・ジャクソンの29点回復どころではないアーマーを得ることも容易。ボードを取ることに集中するだけで相手を消耗させ、ジリジリと追い詰めて行ける。
    シールドスラム/Shield Slamp.png ともシナジーがあり、攻守共に強化される。
  • ドルイド
    通常ドルイドのデッキには安定したライフ回復手段がなく、後半ほどヒーローが攻撃する機会は減る。
    また大型ミニオンが非常に強力なヒーローのため、そのミニオンを展開するほうがマッチしている。
    攻撃力を上げるだけの《野蛮な闘士/Savage Combatantp.png がミッドレンジドルイドで採用される一方、このカードの採用率は低い。
  • ウォーロック
    ライフロスなしでドロー可能になるが、ライフを犠牲にしてもハンドを稼いでそのまま押し切れば良い、といった風潮のため投入されることはないようだ。
    本当の持久戦を挑むコントロールウォーロックの構築入りとなれば出番がある可能性が高いのだが、ドローすればするほどデッキ切れを誘発してしまう。
    デッキの枚数が増えたり、デッキの総リソースが増えるわけではないため、ドローを加速するのはコントロール向けではない(1枚あたりのカードパワーを高めるべきである)。
    またこのカードのドロー強化前提でデッキを組むと、このカードが引けない場合に身動き取れなくなってしまうのも欠点。
  • シャーマン
    スペルダメージやトーント、全体1点回復を任意に出せるのが魅力。その反面1/1トーテムを出すならばパラディンのヒロパ(強化前)となってしまうのでこちらはほぼ使えない。
    同じトーテムを重ねられる事が最大の特徴だが、効果が出るには時間がかかる事と、AoEに非常に弱いのが辛いところ。
    TGTではトーテムのシナジーが追加されたが、どちらかと言えば質より量なのもやや噛み合わない。
  • プリースト
    ウォリアー同様、持久力が大幅にアップする。
    ヒーローライフには上限があるため積み立てることが出来ない一方、ミニオンへの4点回復は大きなボードアドバンテージとなる。
    オウケナイのソウルプリースト/Auchenai Soulpriestp.png によりダメージとしても利用できる。2マナ4点が毎ターン飛んでくると考えるととんでもない。
    コントロール性の高いプリーストとの相性は良好だが、6/3ミニオン自体はBuffもし辛くやや持て余し易い。
  • ローグ
    2マナで総ダメージ4点は大きいが、やはり重さがネック。
    7ターン目以降に何度2/2の武器を使う機会があるかを考える必要があり、元々の武器強化の豊富さもあって魅力が少ない。
    ローグ自体の激励(Inspire)との相性の悪さもあり、評価は極めて低い。

総じて重さと終盤でのヒーローパワーの有用性が問題となり、クラスとデッキを選ぶカードである。
カードの追加や環境の変化によっては、予想もつかないデッキを産み出してくれるかもしれない。

強化版ヒーローパワー

メイジ:Fireblast Rank 2ハンター:Ballista Shotパラディン:The Silver Hand
&ref(): File not found: "Fireblast_Rank_2.png" at page "img";&ref(): File not found: "Ballista_Shot.png" at page "img";&ref(): File not found: "The_Silver_Hand.png" at page "img";
ヒーローかミニオンを対象とする。
それに2点のダメージを与える
対戦相手のヒーローに
3点のダメージを与える。
1/1のSilver Hand Recruitp.png
2体召喚する。
ウォリアー:Tank Up!ドルイド:Dire Shapeshiftウォーロック:Soul Tap
&ref(): File not found: "Tank_Up!.png" at page "img";&ref(): File not found: "Dire_Shapeshift.png" at page "img";&ref(): File not found: "Soul_Tap.png" at page "img";
効果:
4点のアーマーを得る。
2点のアーマーを得る。
このターン、あなたの攻撃力を2点増やす。
カードを1枚引く。
シャーマン:Totemic Slamプリースト:Healローグ:Poisoned Daggers
&ref(): File not found: "Totemic_Slam.png" at page "img";&ref(): File not found: "Heal.png" at page "img";&ref(): File not found: "Poisoned_Daggers.png" at page "img";
あなたの選んだトーテムを召喚する。ヒーローかミニオンを対象とする。
それを4点回復する。
攻撃力2/耐久力2の武器を装備する。

闘技場(Arena)

  • 構築とは一転してメイジやドルイド、パラディンで非常に強力なカードとなる。もちろん長期戦になりヒーローパワーを使う回数が多いため。

コンボ

パッチ修正

  • The Grand Tournament (2015.8):追加。

フレイバーテキスト

  • 英:It's like putting racing stripes and a giant spoiler on your hero power.
  • 日:いうなれば、あんたのヒーローパワーにターボチャージャーとエアロパーツを取り付けるようなもんだ。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。