• TOP>
  • ハースストーン:バトルグラウンド

ハースストーン:バトルグラウンド

Battlegrounds

ハースストーン:バトルグラウンドとは、2019年11月6日に追加された、自動バトルの8人対戦ゲームモードである。
新である「クエスト」の追加とバトルグラウンド特典の内容が変更される大型アップデートが8/31に行われる。

ヒーロー毎の戦術についてはこちらにて

遊び方

  • ハースストーン起動後の画面で「バトルグラウンド」を選択する。プレイするのに特に条件やお金は必要ない。
    • バトルグラウンドのパーティを使用する事により、任意のプレイヤーと卓を囲む事もできるようになった。5人以上のグループの場合は他からのプレイヤーが入らないプライべートな対戦となる。(レートは変動しない。)
    • バトルグラウンドのパーティはレーティング10000以上のプレイヤーは使用できない。
    • モバイルデバイスでプレイする場合、現在2GB以上のメモリを持つデバイスのみの対応となっている。
  • 2022/8/31以降、バトルグラウンド特典に含まれていた基本の感情表現・新ヒーローの早期アクセス権・戦績詳細は全プレイヤーに無料で開放される。ヒーローを4体から選択可能にするには後述のシーズンパスを購入する必要がある。(ゴールドでの購入は不可能であり、課金が必要となる。)
  • 確認可能な戦績はトップ4に入った回数、1位をとった回数、ミニオン破壊数、トリプル作成数、酒場アップグレード回数、プレイヤー打破数、1ターン中のダメージ(ミニオンに与えたダメージ)合計、ミニオンの最大スタッツ、プレイ時間、最多連勝記録、自分が使用したヒーロートップ5、勝利した(トップ4に入った)ヒーロートップ5、直近5ゲームで選択したヒーローと最終盤面である。
  • クエストの達成条件を満たす事ができる。
    • バトルグラウンドを指定しているクエストの他、敵ヒーローにダメージ・ミニオンの破壊・特定の条件を持つミニオンの使用・ターン数の経過・ヒーローパワーの使用等の条件を満たせる。バトルグラウンドではマナではなくコインを使用するため、合計500マナの使用や特定コストを持つカードの使用は条件を満たさない。

ルール

  • 最初にヒーローを選択した後、「酒場フェイズ」と「戦闘フェイズ」を繰り返し、自分のヒーローの体力が0になるか、最後の一人になるまで続く。
  • バトルグラウンドには獣・悪魔・ドラゴン・メカ・マーロック・海賊・エレメンタル・キルボア・ナーガの9種族が存在するが、1回の対戦中に登場する種族は5種族のみである。(どれか4種族が出現しなくなる。)
    • 対戦中にどの種族が登場するかはヒーロー選択時に表示される。また、ボブのデッキ(画面右上あたりにある)にカーソルを合わせる事でいつでも確認ができる。今回の対戦で登場しない種族も同時に表記される。
    • 憤怒の織屋のような特定の種族とシナジーを持つミニオンはシナジー先の種族として扱われる。
  • 1回のプレイが全て終了すると、レーティングが変動しランキングが更新される。
    • 基本的に上位4人に入ればレーティングが上がり、それより下だとレーティングが下がる。ランキングはトップ200まで公式サイトに掲載されている。
    • プライベートな対戦の場合にはレーティングは変動しない。
    • バトルグラウンドのパーティではグループ以外のプレイヤーとの対戦結果のみに基づいてレーティングが計算される。(グループ内での対戦結果は勘定されない。)また、グループ内で一番レーティングの高いプレイヤーを基準にマッチングが行われる。
  • プレイによってカードやゴールドが得られることはない。
    • クエストの達成条件を満たす事はできる。また、プレイ時間に応じてXPを得る事ができる。(1分あたり約6XP)
    • 4位以内に入賞すると後述のバトルグラウンドXPが10得られ、新たなヒーロースキンや背景・エフェクトが使用可能になる。(見た目の変化のみで、使用できるヒーローやミニオンが増えるわけではない。)
  • 2020年11月13日以降、特定の条件を満たす事で実績を解除できるようになった。実績ポイントが得られるが、実績ポイントを集める事による特典は特にない模様。
    • チュートリアルでは実績を達成できない。プライベートな対戦で実績を達成できるかは不明。
      実績リスト

バトルグラウンド・レーン

  • 2022/8/31から追加される要素。報酬レーンと同様に、バトルグラウンドXPに応じた報酬が得られる。
    • バトルグラウンドXPが得られるのはバトルグラウンドのみである。他のモードではバトルグラウンドXPが得られない。
    • 上位4位に入る事で10XPが得られる。5位以下で終了した場合にはXPは得られない。
  • 毎週3個の「バトルグラウンド・ミッション」がクエストとは別に配布され、達成する事でもバトルグラウンドXPが得られる。
    • ミッションの達成で得られるXPは60で固定である。また、毎日1つだけ別のミッションと交換する事ができる。
    • バトルグラウンド限定のウィークリークエストは、ミッションへと移行された。
  • 「バトルグラウンド・シーズンパス」を購入する事で追加の報酬が入手可能となる。(バトルグラウンド特典と異なり、ゴールドでの購入はできない。)
    • 試合開始時に、ヒーロー2体からではなく4体から選択可能になるのもシーズンパスの内容に含まれている。
  • バトルグラウンド・レーンで得られる報酬にはゲーム盤・感情表現・ヒーロースキン・ストライクが含まれる。
    シーズン2報酬リスト

レーティング

  • レーティングには内部レーティングと外面的レーティングが存在する。
    • 2020年9月29日までは内部レーティングと外面的レーティングは同一であった。
  • 内部レーティングはプレイヤーのマッチングに使用される。(内部レーティングが近いプレイヤーが8人が選択されて対戦が開始される。)内部レーティングは試合の結果で変動し、プレイヤーが確認する事は出来ない。また、シーズン毎にリセットされる事は無い。上限や下限は存在せず、下記のレーティングの底も存在しない。
    • 内部レーティングの初期値は4000と思われる。ひたすら負け続けるとマイナスの値にもなりうる。
  • バトルグラウンドの画面上に表示されているのが外面的レーティングである。
    • 外面的レーティングが内部レーティングを超える事は無い。(下記のレーティングの底にかかった場合を除く。)
  • 新シーズン開始後に1回対戦を行うと、外面的レーティングは0にリセットされる。
    • 8/31からシーズン2が開始された。シーズンの終了時期は未定だが、4か月程度ではないかと推測される。
    • 内部レーティングは保持されているため、リセット直後でもリセット前と同程度の腕前のプレイヤーと対戦する事になるだろう。
  • 1試合で得られるレーティングの最大値は300。内部レーティングが外面的レーティングよりも高い場合、外面的レーティングが上昇する際にボーナスが得られる。
  • これとは別に、外面的レーティングが6500未満の場合はレーティングが変動する度にボーナスが得られる。
    • これらのボーナスは5位以下でレーティングが減る場合にも適応される。(レート減少量が減る。結果として5位以下でもレーティングが増える事もある。)
  • 外面的レーティング2000までは順位がどれだけ低くてもレーティングは減らない。(内部レーティングは通常通り減少する。)
    • このため、外面的レーティングの最低値は0である。(マイナスにはならない。)
  • 外面的レーティング2000~6000の間には500毎に「底」が存在し、一度「底」に到達したら同シーズン中には「底」の値以下に下がる事は無い。
    • 具体的には2000・2500・3000・3500・4000・4500・5000・5500・6000に「底」が存在する。
  • 外面的レーティングの最低値は0で、マイナスにはならない。

ヒーロー選択

  • 全88種のヒーローからランダムな2種が表示され、選択したヒーローを使用する。
    • バトルグラウンドシーズンパスを購入すると、4種類からの選択になる。
    • 新ヒーロー(シルヴァナス・ウィンドランナー)は10/12までの間、参加者いずれか一人の選択肢に確定で登場する。
  • ヒーローはそれぞれ異なったヒーローパワーを持つ。最大ライフはパッチウァーク以外全員40で固定。(パッチウァークのみ60)
    • クラスは存在せず、どのヒーローを用いてもヒーローパワー以外の差はない。特定のクラスで対戦する事が条件のクエストも進める事が出来ない。
  • 2021/11/17のアップデート以降、バトルグラウンドの各ヒーローに対戦開始時に装甲が付与されるようになった。付与される装甲の量はヒーローの強さ(装甲グレード)によって異なり、0~10の間で付与される。
  • 今回の対戦で登場しない種族とシナジーを持つヒーローは選択肢に登場しない。該当するヒーローは備考欄に記載。
  • 2022/5/11以降、バディは登場しなくなった。現在は条件を満たした場合1%で出現するクエスト報酬「共謀者」でのみ登場する。
  • 10/1のアップデートでヒーローの装甲グレードの調整が行われた。
    装甲グレード減少
    ブルカン:装甲グレードを5→3に変更。
    タヴィッシュ:装甲グレードを7→5に変更。
    装甲グレード増加
    デスウィング、スニード:装甲グレードを2→4に変更。
    リッチのバズィアル:装甲グレードを3→4に変更。
    オニクシア:装甲グレードを4→5に変更。
    アランナ、灰枝、ガフ:装甲グレードを5→7に変更。
過去の修正
ヒーローリスト
偉大なるアカザムザラクのヒーローパワーで発見できる秘策
ダークムーンの景品:チケッタス専用
過去使用可能だったヒーロー達

クエスト

  • 2022/8/31から追加された新要素。クエストを達成する事で、残りのゲーム中有効な報酬が得られる。
  • クエストを選択するのは4ターン目開始時である。(6ゴールドで開始するターン)
    • デナスリアス陛下のみ1ターン目にもクエストを獲得できる。(2つのクエストを同時に進行できる。)
  • クエストは13種類、報酬は24種類存在する。
    • 選択したヒーローやBANされたミニオンによっては、選択肢に出ないクエスト・報酬が存在する。(詳細は不明)
  • クエストの進行状況はヒーローにカーソルを合わせればいつでも確認できる。スコアボードで他プレイヤーがどの報酬を選んだか、もう報酬を獲得したかを確認できる。
  • クエストを達成した際に得られる報酬は王道と異なり、固定化されていない。(同じクエストであっても、ゲームが異なれば違う報酬が得られる事がある)
  • クエストの達成条件は報酬(報酬が強いほど達成が難しくなる)やヒーローの装甲グレード(装甲グレードが多いヒーロー程達成が簡単になる)によって変化する。
    • 以下の表に書いてある達成条件は基本の数値であり、報酬と選んだヒーローによって数値が上下する。
  • 10/1のアップデートで報酬の調整が行われた。
    盗んだ黄金:選択肢に出る頻度が大幅に低下
    鏡の盾:マーロックがいる対戦で出現しなくなった
    青緑虎のサファイア、刻み刈り獲らん、蝕ヨグそそる珍味、細部に宿る悪魔、隠された死体:クエスト達成が簡単になった。
    盗んだ黄金、儀式用ダガー、小さな子分、秘密の罪石:クエスト達成が難しくなった。
過去の修正

クエスト

名前達成条件備考
賓客の招待ミニオンを7体買う。
指紋の採取カード18枚を自分の手札に追加する。
恐怖の悲鳴雄叫びミニオンを6体使用する。
遺骨の掘り起こし味方の断末魔を6回発動させる。
足跡の追跡ボブの酒場を9回入替する。
面通しの準備ミニオンを14体召喚する。
犯人の特定2回の戦闘で敗北または引き分ける。
殺人凶器の発見ミニオンの攻撃力/体力を17回強化する。
殺人の再現味方のミニオンを20体死なせる。
時系列の整理自陣のミニオンを攻撃力が低い順に並べて、3回戦闘する。
金の動きの追跡33ゴールド消費する。
足跡の追跡ボブの酒場を10回入替する。
予想外のコンビ[ミニオンの種族A]と[ミニオンの種族B]を合計5体使用する。ゲーム中に登場する種族から2つが選ばれる。

報酬

名前効果備考
刻み刈り獲らん自分のターンの終了時、味方のミニオン2体の雄叫びを発動させる。
盗んだ黄金戦闘開始時:自分の左端と右端のミニオンをゴールデンにする。
邪悪な双子戦闘開始時:最も体力が高い味方のミニオンのコピーを1体召喚する。
儀式用ダガー味方の断末魔ミニオンが死んだ後、それに永続的に+4/+4を付与する。
アニマの賄賂自分がミニオンを売った後、その攻撃力・体力をボブの酒場のランダムなミニオン1体に付与する。
細部に宿る悪魔ターン終了時:自陣の左端と右端のミニオンはそれぞれ、ボブの酒場のミニオン1体を食らう。
明らかな凶器味方のミニオン全ては攻撃力+5を得る。
帳簿の改竄ミニオンを買った後、それに+1/+1を付与し、これをアップグレードする。ミニオンを酒場から買う度にバフ量が1ずつ増える。
鏡の盾入替する度、ボブの酒場のミニオン1体に+4/+4と聖なる盾を付与する。マーロックがいる対戦では出現しない。
秘密の罪石自分がカードを発見した後、そのコピーを追加で1枚得る。
不気味な仮面[ターン終了時に効果を発揮するランダムなミニオン]を自分の手札に追加する。自分のターンの終了時に発動する効果は2回発動する。
シオターのパラソル自分のターンの終了時、自陣の右端のミニオンに体力+8と、次のターンまで隠れ身を付与する。
青緑虎のサファイアボブの酒場のミニオンは、このターン入替した回数ごとに+1/+1を得る。
血まみれの手自分のターンの開始時、自分の手札のミニオン1体に+12/+12を付与する。
被害者の亡霊各戦闘後、最後に死んだ味方のミニオンの未強化コピーを1体得る。
隠された死体自分の酒場グレードのミニオンを1体発見する。(無限に獲得できる!)達成する度にクエストカウントがリセットされる。戦闘フェイズに達成した場合、報酬の獲得は次ターン開始時となる。
小さな子分自分のターンの終了時、味方のグレード3以下のミニオン3体に+3/+3を付与する。
驚異の教育球時々役立つ入替をしてくれる。トリプル提示、酒場にトリプルが混ざる、酒場全員に聖なる盾付与、同じミニオンが並ぶ、過去の自分の盤面のミニオンが並ぶ、酒場全員にバフ、中立の優秀なミニオンが並ぶ等
起源の杖戦闘開始時:味方のミニオン全てに+12/+12を付与する。
別人格ボブの酒場の偶数グレードのミニオンは+7/+7を得る。(次ターンは奇数!)毎ターン偶数・奇数が入れ替わる。
共に行く友自分のターンの開始時、ランダムな[ミニオンの種族]を2体獲得する。ゲーム中に登場する種族から選ばれる。
失敬したランプ自分は同じミニオン2体だけでゴールデンにできる。
動物園武闘伝自分のターンの終了時、味方のミニオンの種族1種類につき攻撃力+1を、味方のミニオン全てに付与する。
蝕ヨグそそる珍味自分のターンの開始時「ヨグ=サロンの車輪」を回す。ヨグ=サロンの車輪の効果は以下から選ばれる(各19%、焙り焼きロッドのみ5%)
・ボブの酒場のランダムなミニオン1体をゴールデンにする。
・ランダムなダークムーンの景品を自分の手札に2枚加える。
・味方のミニオン全てに+3/+3を付与した後、それらの攻撃力・体力をランダムに入れ替える。
・このゲーム中、ボブの酒場のミニオンに+3/+3を付与する。
・ボブの酒場のミニオン全てを吸収し、味方の戦団にその攻撃力・体力を付与する。その後、酒場を入れ替える。
・焙り焼きロッド:自分のヒーローかバーテンダーに当たるまで+4/+4を付与するパイロバフをランダムに使い続ける。
共謀者ゴールデンのバディ1枚を手札に加える。参加者全員がバディを持つヒーロー(サー・フィンレーとエリーズを除く)でプレイしている卓で、1%の確率で全員の選択肢に登場する。

酒場フェイズ

  • ミニオンの編成・強化を行うフェイズ。時間制限があり、制限時間が来た場合は強制的に終了される。
  • プレイヤーは手持ちのコインを使用して編成を行う。使用しなかったコインの持ち越しはできない。
    • 毎ターン開始時のコインが増える。(最大10枚)2022/8/31以降、ミニオンを売るなどすれば手持ちコインの枚数が10を超えられるように変更された。
    • 2021年5月5日よりお気に入りに設定したコインのデザインが適応されるようになった。また、開始画面からコレクションを選択する事で、バーテンダーやヒーロースキン、背景、ヒーローの攻撃モーションの差し替えも可能になった。
  • 手札の使用にコストはかからない。
  • 手札上限枚数は通常プレイと同様に10枚。それ以上になると雇用・効果による手札の追加共に行えなくなる。
  • 金貨・トリプル報酬・バナナ・ダークムーンの景品・血の欠片・呪文錬成の効果で作成されたカード等、ミニオン以外のカードは全て呪文として扱われる。
  • 左に表示されるスコアボードで残りライフの順位を確認できる。
    • 他プレイヤーにカーソルを合わせる事で、ヒーローパワー・現在の残りライフ・連勝数・トリプル作成数・直近2回の戦闘結果・多数派の種族と数が確認できる。
  • 酒場には酒場グレードに応じて何体かのミニオンが提示される。提示されるミニオンは酒場フェイズが終了すると自動で更新される。
    • 酒場に並ぶミニオンは最大で7体まで。すでに7体のミニオンがいる場合、ヴァーデン・ドーングラスプのヒーローパワー等で酒場にミニオンが追加される事は無い。
    • 酒場グレードと提示されるミニオンの数の関係は以下の通り。
      酒場グレード1:3体
      酒場グレード2~3:4体
      酒場グレード4~5:5体
      酒場グレード6:6体

酒場で行える主な行動は以下のようなものがある。

  • ミニオンの雇用(コイン3枚)
    • 酒場に提示されているミニオンを手元にドラッグする事で使用可能にする。どのようなミニオンであってもコストは3枚で固定。
    • 同名カードを3枚雇用すると自動的に1体に合体し、攻撃力・体力と能力が約二倍に強化されたゴールデンバージョンのミニオンになって手札に戻る。これをトリプルと呼ぶ。トリプルを陣地に出すと、さらにトリプル召喚時の酒場グレード+1のランクを持つミニオンを無料で1体発見できる報酬カードが獲得できる。
      • トリプルは合体前に持っていた強化効果もそのまま引き継ぐ。(合体前のミニオン3体全ての強化を合算して付与する。クエスト報酬などで2体でトリプルになった場合は2体の合算となる。)
      • トークンも酒場フェイズに同名の物を3体出せばトリプルになる。この場合能力値が2倍になり、報酬カードももらえる。戦闘フェイズに同名トークンを3体以上出してもトリプルにはならない。
      • 2021/2/20のアップデートでトリプルの生成が行われるのはミニオン召喚の効果が全て解決されてからに変更された。これにより、ブランとカドガーを組み合わせても一度に1枚しかトリプルを入手できなくなった。
  • ミニオンの数には上限があり、プレイヤー全員で一定数雇用するとそれ以上提示されることはなくなる。
    • 人気のあるミニオンは手に入らなくなる可能性があるし、高いグレードのミニオンを早々に集めることで他プレイヤーに使わせない事も可能となる。
    • 売却されたカード、敗北したプレイヤーが所有していたカードは再び提示されるようになる。
    • 変身者ゼラスが変身したミニオンは雇用された数にはカウントされない。カードの効果によって発見されたミニオンはカウントされる。
    • 超電磁合体したミニオンはプールへは還らず、合体先のミニオンが売却されるまで場に残る。
    • 各グレード毎のミニオン数は以下の通り。それぞれのミニオン毎に以下の枚数まで出現しうる。
      酒場グレード1:各15体
      酒場グレード2:各15体
      酒場グレード3:各13体
      酒場グレード4:各11体
      酒場グレード5:各9体
      酒場グレード6:各7体
    • 6/28のアップデートでグレード1が16→15体に減少した。
  • ボードの更新(コイン1枚)
    • 酒場に提示されているミニオンを全て新しいものに入れ替える。
  • ミニオンを解雇する(コインを1枚獲得)
    • 自分の場のミニオンを酒場にドラッグする事で解雇し、コイン1枚を獲得する。どんなグレードのミニオンであっても獲得できるコインは1枚で固定であるが、宵越しの博打打ちのみ例外的にコイン3(6)枚で売れる。青甲羅トートランも直前の戦闘に敗北していた場合はコイン5(10)枚で売れる。
    • 野良猫の効果等で出てくるトークンを売却した場合も1コイン得られる。
  • ボードを凍結する(コスト無し)
    • 酒場に提示されているミニオンが、酒場フェイズ終了時に変更されないようにする。欲しいミニオンがいるが、コインが足りない時に有効。もう一度凍結を選択する事で解除できる。
    • 一部のミニオンのみが凍結されている場合、その凍結を解除するには全体を凍結→解除を行えばよい。この場合、特定のミニオンだけ凍結した状態には戻せない。
    • 酒場に並んでいるミニオンが最大数以下の場合、足りない数だけ次ターン開始時に自動で補充される。
  • 酒場をアップグレードする(コスト不定)
    • ボブが紹介するミニオンのランクと数、戦闘ラウンドで敵のヒーローに与えるダメージの基本値は酒場グレードで決定されている。コストを支払うことで、酒場グレードを1上げることができる。
    • 酒場グレードの初期値は1で、最大値は6。
    • 酒場をアップグレードしなかった場合、酒場フェイズ終了時に必要なコストは1下がる。アップグレードを行うまで下がり続ける。
    • アップグレードに必要なコストは以下の通り。ミルハウス・マナストームのみ1枚ずつ余分に必要となる。
      1→2:コイン5枚
      2→3:コイン7枚
      3→4:コイン8枚
      4→5:コイン9枚
      5→6:コイン10枚
    • 5/11のアップデートで4→5のコストがコイン11枚→9枚に減少した。
  • ミニオンのプレイ・配置変更(コスト無し)
    • 酒場で雇用したミニオンや他のカードを手札からプレイする。また、すでに場に出したミニオンをドラッグすることで並べ替えることができる。
    • 戦闘フェイズでは左のミニオンから順に攻撃を行う。戦闘フェイズで死亡したミニオンも、次の酒場フェイズには復活している。
    • 雄叫び効果は最初にプレイした時のみ効果を発揮する。断末魔は戦闘フェイズに死亡する度に効果を発揮する。
    • 酒場フェイズで付与した強化は期間が指定されていなければ、そのミニオンを解雇するまで永続である。
    • ターン終了時に発動する効果は酒場フェイズ終了時にのみ発動する。この効果も永続である。
  • ヒーローパワーのプレイ(コストはヒーロー毎に固定)
    • 選択したヒーローによってはコストを支払ってヒーローパワーを使用できる。(1ターンに1回のみ。マリゴスとヴォルジンは2回使える。)
    • 酒場フェイズ中にミニオンを除去した場合、断末魔は発動しない。

戦闘フェイズ

  • 酒場フェイズに配置したミニオンを使っての戦闘を自動で行う。ゲーム盤の左にあるリーダーボードで次の対戦相手を確認できる。
    • 残りプレイヤー人数が奇数の場合、ランダムな一人はケルスザードと対戦する。ケルスザードは脱落したプレイヤーのミニオンを使ってくるが、ヒーローパワーは使わない。(常動能力も無効化される。)
    • 一度対戦した相手とは、それ以外のプレイヤーと2回戦闘を行うまで戦うことはない。(残り二人になった時を除く。この制限にはケルスザードも含まれる。)
  • ミニオンの所持数が多いプレイヤーが先手となる。同数の場合にどちらが先手になるかは不明。
  • まず『戦闘開始時』の能力が発動(先手は上記の条件通り)する。優先順位はヒーローパワー>ミニオンなので、例えばイリダンは必ずチビレッドドラゴンより先に行動する。
  • 先手の一番左にいるミニオンが攻撃し、次に後手の一番左にいるミニオンが攻撃する。その後、一方の陣営のミニオンが全滅するまでプレイヤーは交互に攻撃を行う。
    • ミニオンが攻撃する対象はランダムに選択される。挑発を持つミニオンがいる場合、優先して攻撃を行う。
  • 戦闘終了後、生き残ったミニオンの酒場グレードの合計+自分の酒場グレードの数に等しいダメージを対戦相手に与える。自分のライフが0になっておらず、他にも生き残っているプレイヤーがいる場合は酒場フェイズに戻る。
    • お互いの最後のミニオンが相打ちになった場合、どちらもダメージを受けない。
    • 戦闘中にカードの効果で召喚されるトークンは全てグレード1である。
  • いずれかのプレイヤーが敗北・投了するまでは1ターンに受ける最大ダメージは15までとなる。
    • 雇用フェイズ中に投了したプレイヤーがいる場合、そのターン中は最大ダメージが15のままである。
  • 酒場フェイズに戻る際に、死亡したミニオンや変動したミニオンの攻撃力・体力は元に戻り、戦闘フェイズ開始時と同じ状況になる。(「永続的に付与」という記載がある場合は例外。)
    • 戦闘中にミニオンの効果や秘策によって召喚されたミニオンは、戦闘フェイズ終了と同時に場から取り除かれる。

ミニオン

  • ミニオンが持つ能力は通常のハースストーンのプレイと同様に処理される。
    • 戦闘フェイズにターンの概念はないので、ターン終了時に発動する能力は酒場フェイズ終了時に発動する。
    • 適応において「隠れ身」と「呪文とヒーローパワーの対象にならない」の2つは出現せず、8つの候補から選ばれる。
  • 通常のハースストーンにも登場するミニオンは同じ能力・スタッツを持っている。バトルグラウンド専用のミニオンが118体存在する。
  • 通常のプレイと異なり、トリプルの能力によって出現するトークンでないミニオンは通常版(トリプルではない)となる。
  • ミニオンの効果で別のミニオンを入手する場合、基本的に自分の酒場グレードより上のランクのミニオンは出ない。(原始フィンの見張り番、停滞のエレメンタル、酒場の逆巻き風、優しいランプの精、終魔通予言者、戦利品詮索屋、魔女の翼の巣母、タッドが該当。ムロゾンドは除く。)
  • 9/10のアップデートでミニオンの変更が行われた。
    ネザー・ドレイク:体力を5(10)→4(8)に変更。
    軍団の監督者:+2/+2(+4/+4)→+2/+1(+4/+2)に変更。
    アンバーの守護者:+3/+3→+2/+2に変更。
    溶岩に潜むもの:体力を4(8)→5(10)に変更。
    パーティ・エレメンタル:攻撃力を3(6)→4(8)に変更。
    ヨーホーオーガ:体力を5(10)→6(12)に変更。
過去の修正
中立(ゲーム中出現する種族に関わらず常に出現)
マーロック
メカ
悪魔
ドラゴン
海賊
エレメンタル
キルボア
ナーガ
現在は登場しないミニオン

Q&A

Q1.相手が酒場のグレードよりグレードが2以上高いミニオンを使ってきたのはなぜ?
A.大悪党ラファームやテス・グレイメインのような相手の使ってきたミニオンを手に入れる能力の場合は、相手が使ったミニオンであれば自分の酒場グレードに関係なく入手可能です。また、チケッタス専用であるダークムーンの景品「上級ミニオン」でグレード6のミニオンを入手可能です。ガラクロンドのヒーローパワーを使用することで毎ターンミニオンのグレードを上げる事もできます。

Q2.同時に2人以上のプレーヤーが死亡したときの自分の順位はどうなる?
A.同時に死亡したプレーヤー間での順位は戦闘前の順位によってつけられます。
(例)残り5人で戦闘前の自分の順位が3位のとき、同時に死亡したプレーヤーが2位以上であれば自分は5位、4位以下であれば自分は4位になります。
レーティングの変動は同時に脱落したプレイヤーの平均値で計算されるようです。
(例)残り6人で3人が同時に死亡したとき、3人全員が5位で終わった場合と同じレーティング変動が行われる。

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。