• TOP>
  • MTGプレイヤー向けガイド

MTGプレイヤー向けガイド

最終更新:2016年07月23日
最終コメント:9日前
コメント(26)

TOP > MTGプレイヤー向けガイド

この記事は、ゆきあ さんに提供して頂きました。

はじめに

1時間位遊べば普通に理解出来るとは思うんですけど、需要あるかもなので書いておきます。

乱文ですまんです。
この記事については転載・改変ご自由にどうぞ。需要あればw



ハースストーンって何?

アプリでも遊べるガチのTCGだよ。
賞金の出る大会とかもやってるみたいだよ。


PC版、Android版、iPhone版、等あるもののBlizzardのアカウントに紐付けされていていればどのクライアントでも同様に遊べる。

マジックと何が違うの?

大体同じだけど気がついた所を書いていきます。

  • 目的は相手(ヒーロー)のライフ30を0にすること。特殊勝利は現状無い。
  • ヒーローは9種類あり、毎ターン1度だけ2マナを払って発動出来るヒーローパワーを持つ。
  • クリーチャーはミニオンという。
  • ミニオンの体力が減った場合はターン毎に自動回復したりせずに累積する。
  • パーマネントはヒーローとミニオン、装備品しかなく、ヒーローとミニオンの事をキャラクターと言う。
  • 攻撃する際に、自分が何処に攻撃するかを選べる。(相手の場にプレインズウォーカーがいる時のような感じ)
  • 呪文はソーサリータイミングのものしかない。
  • 呪文にはいわゆるソーサリーと、条件を満たした時に自動的に誘発する秘策と(ここまでがこのゲームにおける「呪文」)、ヒーローに装備する装備品がある。
  • 相手のターンに自分がインスタントタイミングでする事は何もない。
  • ヒーローの装備品は攻撃力と耐久度(使用回数)があり、耐久度が0になると壊れる。
  • デッキは30枚で構成され、同名のカードは2枚まで。
  • デッキ切れは即座に負けではなく、デッキ0枚の状態でカードを引くと1ダメージを受け、さらに引くと次は2ダメージ…と続く。
  • カードのレアリティは「コモン→レア→エピック→レジェンド」で、レジェンドの同名カードはデッキに1枚までしか入らない。
  • ヒーローごとの固有カードと、すべてのヒーローが使える中立カードが存在する。
  • 土地カードはない。マナは毎ターン1マナずつ増えていくほか、一部カードの能力で増減する。
  • 初期手札は先手3枚、後手は4枚+コイン(1ターンだけ使用可能マナを1増やす0マナの呪文)の計5枚。
  • 先手ドローあり。
  • ヒーローのライフは30が上限で、それ以上に回復することはできない。
  • 自分の場に同時に出しておけるミニオンの数は7まで。
  • ランダム性のあるカードが多く、ランダム性の強いカードでも構築級のカードは少なくない。

キーワード能力早見表

  • 雄叫び→EtB,CIP(唱えた時に誘発)
  • 断末魔→PIG(破壊された時に誘発)
  • 疾風 → 連続突撃効果
  • 突撃 → 速攻
  • 激怒 → ミニオンがダメージを受けると自動的に発動
  • 挑発 → 攻撃時、挑発持ちしか対象に出来ない(イメージ的には寄せ餌 複数居る場合には挑発持ちの中から選べる)
  • 聖なる盾 → 一度だけダメージを無効
  • 激励 → ヒーロー能力を使った時に誘発
  • 沈黙 → 対象ミニオンの能力や、対象ミニオンに付けられた強化/弱化能力をすべて消す
  • 発見 → 一定の条件の中からランダムに選ばれたカード3枚のうち、1枚を選択して手札に加える

ヒーローパワー

  • メイジ:対象のキャラクターに1点ダメージ
  • ドルイド:ヒーローに攻撃力1/装甲1を付与
  • シャーマン:4種のトークンのうち1体をランダムに出す
  • プリースト:対象のキャラクターを2点回復
  • ウォーロック:2ライフペイで1ドロー
  • ローグ:1/2(攻撃力1.耐久2)の武器を装備
  • ウォリアー:装甲2を得る
  • パラディン:1/1トークンを1体出す
  • ハンター:相手ヒーローに2点ダメージ

ヒーロー早見表

  • メイジ → 青赤。ドローと直接火力。全体火力もあるよ。ビートダウンからコントロールまで幅広く出来る。
  • ドルイド → 赤緑。マナブーストとデカ物と火力。(純粋な)全体除去はない。デッキとしてはミッドレンジorランプが主流。
  • シャーマン →赤青。ミニオンの質と爆発力の高さが魅力。ビートダウンからコントロールまでこなせるが器用貧乏。
  • プリースト → 白青。回復とコントロール。コントロール奪取系がそれなりにある。デッキ傾向としてはミッドレンジやコントロール。
  • ウォーロック → スーサイド気味の黒。手札枚数に物を言わせたスーサイドアグロや逆にデカブツを連発する豪快なデッキも。
  • ローグ → 赤青?軽量カードを組み合わせたチェインコンボで爆発力。稀にミル系デッキ。
  • ウォリアー → 白。防御力の高さと除去力を生かした長期コントロールが主流。コンボ系もある。
  • パラディン → 白緑。展開とパンプが得意。秘策を使ったデッキも強い。ビートダウンからコントロールまで割と何でもこなせる。
  • ハンター → 赤単。ゴブリンスライのような種族シナジーを絡めたアグロ~ミッドレンジが主流。

え?パラディン強くね。

パラディンは強い。シークレット(秘策)パラディンが一線級らしい。
スタンダード導入により、シークレット(秘策)パラディンは絶滅寸前にまで追い込まれた。
環境は依然流動的だが、現状安定した強さを誇っているのはテンポウォーリア、ミッドレンジシャーマン、Zooなどである。

そんなところで。

このページ必要ですか?

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。