• TOP>
  • グルゥル/Gruul

グルゥル/Gruul

TOP > 中立コスト7以上 > グルゥル/Gruul

《グルゥル/Gruul》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


グルゥル.png
8Mana.pngグルゥル/Gruulp.png legendary.png(7/7) 各プレイヤーのターン終了時に+1/+1を得る。

入手法

クラシックカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは1600で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが3200必要で、ディスエンチャントで1600ダスト手に入る。

メモ

  • 両方のプレイヤーのターン終了時に強化されるので、相手のターンにはもう8/8になっている。

戦略

  • 放置すると際限なく強くなるレジェンダリー。自分のターンが来る度に+2/+2される。つまり、手札消費0で毎ターン2マナ相当のバフを自動で掛け続けてくれる。
  • 相手からしても毎ターンヘルスが2増える。中途半端に攻撃しても回復してしまう上、ターンを渡す程処理が難しくなる為に、『返しのターンで』スペルや自軍ミニオンによる処理を強制させられることになる。
    • もしくは処理を諦めフェイスへアタック…なのだがヘルスに余裕が出やすいウォリコンだと難しい。またプリコンだと持ち前の再生力に磨きがかかるので、やはり処理を強要される。
  • なお攻撃力は8→10→12と増える。3回フェイスに攻撃すれば30点である。もっともそこまで生き残れることは殆ど無いだろうが…
  • ただし返しのターンは8マナ8/8と平均点のスタッツなのが弱点。もっともそこさえ越えられれば、旧神を始めとする10マナミニオンすら一方的に粉砕する圧倒的なスタッツとなる。
  • とはいえ、ただ大きいだけであり、ほかに強力な能力を持つレジェンダリーがたくさんいる。なおかつ構築ではほとんどのデッキが大型ミニオンを対処する方法を備えているため、採用されない。

闘技場(Arena)

  • 闘技場(Arena)では最強クラス。放っておくしかない確率が格段に高いからである。最初からデカい上にヒロパのいらない《クヴァルディルの襲撃兵/Kvaldir Raiderp.png と言うとその恐ろしさが分かるだろうか。

自由帳

  • WoW本編では竜殺しのグルール(Grull the dragonkiller)というかっこいい名で呼ばれている。
  • オーガの近縁種で半神的存在であるグローンというモンスター種族の一員。blade's edge mountainの支配者でもある。
  • 粗暴な巨人のように見えるが、小説版ではRhoninたちの手助けをしてDeathwingとも戦い、Black Dragonflightを多数倒している。
  • wowにおいてボスとして登場し、戦闘時間が経つにつれ際限なく強くなっていく。HSの能力もこの再現と思われる。

コンボ

フレーバーテキスト

He's Gruul "the Dragonkiller". He just wanted to cuddle them… he never meant to…
彼は「竜殺しのグルール」だが、ただ彼らを抱きしめたかっただけなんだ.....決してそんなつもりは.......
日:「ドラゴン殺し」グルゥル。彼はただ撫でてやろうとしただけだった…そんなつもりじゃなかったのに…

パッチ修正

  • Patch 1.0.0.3890 (2013-10-02):フレイバーテキストを変更。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。