• TOP>
  • デスウィング/Deathwing

デスウィング/Deathwing

TOP > 中立コスト7以上 > デスウィング/Deathwing

《デスウィング/Deathwing》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


デスウィング.png
10Mana.pngデスウィング/Deathwingp.png legendary.png(12/12) 他の全てのミニオンを破壊し、あなたの全ての手札を捨てる

入手法

クラシックカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは1600で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが3200必要で、ディスエンチャントで1600ダスト手に入る。

戦略

  • ボードをクリアしながら出てくる12/12の怪物。お互いの手札が尽きた状態で出てくるとどうしようもないほど強い。
  • どんな状態でも盤面を逆転できる。できれば相手のライフが12以下の時に出してリーサル状態にしたい。ターンを与えれば与えるほど対策ができるようになる。
  • 主に構築戦ではドラゴンウォリアー、ランプドルイドにて時々採用される。ドラゴンウォリアーではシナジーを引き出しつつお互いの手札が無くなってきたころに召喚することで一気に盤面を有利にすることができる。攻めに強く手札の消化も良いドラゴンウォリアーとは総じて相性が良い。

闘技場(Arena)

闘技場(Arena)でも強い。お互いにドローカードを場に出して戦う長期戦で、もしこのカードを引けたら勝ちが確定に近い。
相手の場がどれだけ強力だろうと全てを吹き飛ばして最強の存在が降臨する。

ラダーではアグロが多く10マナまで待つことは難しいが、闘技場ではミッドレンジが多く、膠着すると10マナに届くことが多くある。
そういった状態で相手に盤面が奪われていると、有利な交換ばかりをされてカードが尽きてしまう。
それを一気に返す手段としても強く、レジェンダリーの中ではかなり使える方と言える。
(それまでに選んだカードとの相談は必要)。

確定除去などのカードが確保しにくい環境のため、構築よりも非常に強力で、
この状況はデスウィングしか返せないっと言った冗談交じりの解説が入ることも多い。

コンボ

  • 《星霊交信/Astral Communion》:驚異の早出し。失った盤面のアドバンテージを取り戻せる。

フレイバーテキスト

  • Once a noble dragon known as Neltharion, Deathwing lost his mind and shattered Azeroth before finally being defeated. Daddy issues?
    日:かつてネルサリオンの名で知られていた高貴なるドラゴンは正気を失い、ついに倒されるまで、アゼロスの地に未曾有の破壊を巻き起こした。父親の愛情が足りなかったのかね?

メモ

  • デスウィングはかつて5大竜のうち、大地の守護者たるNeltharionと呼ばれていた。
    しかし戦いの中で狂気に取り付かれてデスウィングと呼ばれる、最強最悪のドラゴンとなる。

    同時に鍛冶の竜であり、自身の鱗をあらゆる武器を通さぬ強度に鍛え上げている。
    何度も打ち付けた鱗は常に冷めることはなく、デスウィングが羽ばたくだけで灼熱の暴風が吹き荒れる。
    https://www.youtube.com/watch?v=Wq4Y7ztznKc
  • ネファリアン/Nefarian》の父親でもある。対ネファリアン戦で使うと特殊セリフ発生。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。