• TOP>
  • 風の王アラキア/Al'Akir the Windlord

風の王アラキア/Al'Akir the Windlord

TOP > シャーマン > Al'Akir the Windlord

風の王アラキア/Al'Akir the Windlord(ア=ラキア・ザ・ウィンドロード:風の王アラキア)はシャーマンのレジェンド・ミニオンカード。


風の王アラキア.png

入手法

クラシックカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは1600で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが3200必要で、ディスエンチャントで1600ダスト手に入る。

戦略

様々な能力を持つ、バーゲンセールのようなミニオン。
疾風(Windfury)を持っているので《岩穿ちの武器/Rockbiter Weaponp.png とはベスト・コンビ。

単体で強いように見えて、実は戦闘力は低い。と言うのもハースストーンでは突撃(Charge)などの能力はスタッツを犠牲に得るものであり、これだけの能力があればマナコストに比べて悲惨なスタッツとなるのは必然。
ただ体力3までのミニオンを倒し、そのままヒーローへ直接攻撃できるミニオンはあまりいない。

センジン・シールドマスタ/Sen'jin Shieldmastap.png と同じスタッツ・挑発を持ち、アグロに強い。…のだが、聖なる盾(Divine Shield)はアグロに弱い。どうもいまいち噛み合っていない。
逆に言えばミッドレンジ~コントロールに対しては制圧力に欠け、8マナにしてATK3という低さから余裕で一方を取られる。そもそも8マナミニオンなのにアグロに強くてコントロールに弱い点も噛み合っていない。

更に言ってしまうとどう足掻いてもこれ1枚で倒せるのはヘルス6まで。1ターンたりと生き残らせたくない強力な大型ミニオンを迅速に処理しようとアラキアを召還しても、倒し切れないばかりか自分から一方を取られに行く形になる。 特攻しても8マナでわずか6ダメージスペルにしかならない為、他突撃持ちミニオンと違い緊急時のスペルダメージ運用も難しい。


出たターンに聖なる盾(Divine Shield)有りで1回攻撃し、更に1回攻撃できる。
体力が減った大型ミニオンを一方的に倒し、小型を続けて一方的に倒したりと、相手の盤面次第では非常に高いスペックとなる。
とにかく出たターンに1回無敵状態で攻撃でき、更に3/5で1回攻撃できるという長所を活かしたい。

様々なカードで強化して運用したいのだが、厄介なのが挑発(Taunt)である。
どちらかというと、このような攻撃的なミニオンは挑発(Taunt)で守るべき存在であり、むしろ邪魔である。
ただしダメージレースになっている状況では突撃(Charge)で即座に攻撃でき、更に挑発(Taunt)でヒーローを守れるので有難い。

闘技場(Arena)

  • スタッツは低いが能力は豊富で1:2交換が望める。他のレジェンダリーが使いにくいなら是非選ぼう。うまくいけば無双状態になる。

コンボ

メモ

フレイバーテキスト

  • 英:He is the weakest of the four Elemental Lords. And the other three don't let him forget it.
  • 日:彼は四大精霊王の中で一番弱い。そして他の精霊王達は、彼が決してそれを忘れられないようにしてるのさ。
    • al'akir(風)を除いた3人の精霊王はお馴染みRagnaros(炎)とNeptulon(海)そしてhearthstone未登録のtherazane(大地)である。

パッチ修正

  • Patch 1.0.0.4217 (2013-12-10): ビジュアルエフェクトを追加。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。