• TOP>
  • ノッゲンフォッガー市長/Mayor Noggenfogger

ノッゲンフォッガー市長/Mayor Noggenfogger

TOP > 中立コスト7以上 > Mayor Noggenfogger

MSG.png


《ノッゲンフォッガー市長/Mayor Noggenfogger》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


ノッゲンフォッガー市長.png
種族テキスト
対象を選ぶ行為は全てランダムになる。

入手法

仁義なきガジェッツァンカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

単刀直入にハズレジェンド。攻撃対象及び全ての対象を取る効果の対象がランダムに決定されるようになる。
エフェクト上では全てのキャラクターから選ばれているように見えるが、全ての対象が完全にランダムとして決定されるわけではなく、
選択できる範囲内でランダムになる」効果といえる。
例えば、自軍ミニオンの攻撃や自ヒーローの攻撃等は、攻撃対象の相手のキャラクターから別の相手キャラクターに変わるだけで、選択する対象が味方に移ることはない。
またAOEなどの全体攻撃も、対象が自軍になることもない。(自分が使ったフレイムストライクで自分のミニオンがやられた!なんてことにはならない)
しかし単体を選択するスペルやメイジ・プリーストのヒーローパワーなどは、敵・味方のキャラクター全てが対象になりえる。
(テキスト内に「敵の」「味方の」「ミニオンの」等の記載がある場合は、そのテキストどおりに効果が適応される)
効果はお互いに及び、自らの行動も制限される非常に扱いにくい効果であるにもかかわらず4マナ相当のスタッツしか備えていない。明らかに9マナミニオンの強さではない。

単体で出した所でフェイスへのダメージを防げる可能性は50%である。防げたとしても何か一撃もらえばほぼ死んでしまうため、素直に回復や挑発を使った方がいい。
スペルであれば相手が自軍を焼いたりすることもあるが、それはこちらも同じである。
相手側からすれば武器やミニオンで5/4を倒せるまで対象を取るスペルを使わなければ良いだけなので、盤面のロックにも向かない。
フリーズメイジや《マリゴス/Malygosp.png を利用するタイプのデッキにとっては多少刺さることもあるかもしれないが、
それだって運任せである。嫌がらせ以外の何物でもない。

よってこのカードを防御目的で使用するならば、事前にミニオンを並べておく必要がある。
ドレッドスティード/Dreadsteed》ならば《頽廃させしものン=ゾス/N'Zoth, the Corruptor》等で増やすことができ、何度攻撃されても蘇るため相性がいい。
守るだけでは場が膠着するだけなので、《炎の王ラグナロス/Ragnaros the Firelord》等のこのカードの影響を受けない攻撃手段があるとなおいい。
不要になった後は全体AOEや《ヴォイドテラー/Void Terror》等で排除するのも手。攻撃して自殺しようとしても殴る相手はランダムに決まってしまうので注意。
ただし、これだけお膳立てをしても《フレイムストライク/Flamestrike》のような4点以上のAOEには無力であるし、そうでなくとも運次第であっさり攻撃されて死んでしまうこともある。
性質上このカードを挑発やバフで守るのは困難であるため、どうしても運用が運任せになってしまうのは避けられない。

逆に攻撃的に使う場合は《アイスハウル/Icehowlp.png や《愚者殺し/Fool's Banep.png のような、
「ヒーローを攻撃できない」効果を持つミニオンや武器で相手ヒーローを(確率で)殴る方法がある。
特に《愚者殺し/Fool's Banep.png は耐久が許す限り相手の場にミニオンがいれば何度でも攻撃が可能。
アップグレード!/Upgrade!p.png などで攻撃力や耐久を上げておけば運次第で一気にライフを削ることも可能だろう。
無論、やっぱり運任せなのでネタデッキ以外の何物でもない。

闘技場(Arena)

スタッツ至上主義の闘技場で9/5/4は流石に居場所がない。
何かしらの事故が起きる可能性はあるが、それもお互い同等に、である。
出来ることなら他をピックしたい。

コンボ

メモ

  • 感情表現(エモート)もランダムになる。
    • 「おおっ!」との入れ替わりで発言できなくなった「ごめん」のエモートもランダムの中から選ばれる。
      • 大魔境ウンゴロ現在、唯一「ごめん」を聞けるカードである。「おおっ!」の登場より後に収録されたヒーローの「ごめん」もしっかり収録されている。
  • 名前の通りガジェッツァンの市長。原作wowではランダムな効果を発揮するポーションを売っていた。HSでのこの効果もそこから来たのだろうか。
    HSのガジェッツァンが急成長する裏側で、台頭してきた三勢力を上手く使うことで自身の権力をより強めようとしている、などという設定もあるようだ。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:このフレーバーテキストはランダムに生成されたものだ。
    もし意味を成す文章になっていたら、それは奇跡的な確率でそうなった、っていうことになる
  • 英:This flavor text was randomly generated. If it happens to form words and make sense, that is purely by chance.

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。