• TOP>
  • ウーサー・ライトブリンガー/Uther Lightbringer

ウーサー・ライトブリンガー/Uther Lightbringer

TOP > ハースストーンの世界 > ウーサー・ライトブリンガー/Uther Lightbringer

パラディンのヒーロー。
声優はMichael McConnohie

Thrall,第二次大戦時のUther

生い立ち

伝説の騎士ウーサー•ライトブリンガーはシルバーハンド騎士団の初代パラディンにして大いなる光(the Light。アンドゥイン・リンの信奉しているものと同じ)の戦士である。アライアンスをいかなる潜在的な脅威からも守ることを誓いとしていた。賢く、敬虔で、仲間たちから見た彼は自分たちを導く希望の光そのものである。ウーサーは史上で最も偉大な騎士の一人に数えられる。

かつては平和で栄えた国だったストームウィンド王国だったが、その平和は突如として破られた。ドラノールとアゼロスを繋ぐ魔法の門、ダークポータルからオークたちがアゼロスに侵入してきたのだ。オークはストームウィンドの国土を侵略し、略奪を繰り返しては自分たちの土地にしていった。これが後に言う第一次大戦の始まりである。

ノースシャイアの僧侶たちは自らの土地をオークの侵略から守るべく武器を取ったが、自分たちの直面している脅威は並大抵の努力では打ち払えないことがやがて明らかになった。教団は多大な損失を支払った。彼らの心構えは確かに強靭だった、しかし彼らは騎士が受ける正式な戦闘の訓練を受けたことがなかったし、戦争の知識もさして無かったのだ。
かつては大いなる光が信仰篤く熱意ある信徒を救ってくれると考えていたアロンソス・フォール大司教は、大いなる光の持つ癒しと破壊の力を騎士の厳格な軍事訓練と組み合わせて新たな騎士団をつくりあげ、弟子であるウーサーを新生騎士団の筆頭として迎えた。ウーサーが初代聖騎士として任命されるとともに、彼ら騎士団はパラディンの名で知られることとなる。

これがシルバーハンド騎士団である。大司教は光の力を武器とすべく、学ぶ意志のある騎士と、気高き使命のために武器を取る決意をした僧侶とを騎士団に加えていった。パラディンの戦闘の技量と聖なる力の卓越した組み合わせは敵からも畏れられた。そんな彼らの中でもウーサーに比肩する者はいなかった。

第一次大戦後、ストームウィンドの生存者の多くがテレナス・メネシル二世王の庇護を求めてローデロンへと移った。ローデロンの指導者である彼は人間の王国間に同盟を締結し、大陸全土を襲ったホードに対抗して一致団結させていた。

オークの襲撃を受けた東方諸国(the Eastern Kingdoms)の都市・要所は数知れなかったが、アライアンスはこの襲撃を食い止めるのにできうる限りのことをしていた。しかし、ローデロン帝国内のすべての人間の国がアライアンスの理念の下に結束していたわけではなかった。ロード・ペレノルデ率いるアルテラック王国はアライアンスへの忠誠の代わりに、ホードとの取引を選んだ。状況が明らかになれば、ホードが新生アライアンスに勝利しているのではないかと怖れたのだ。この裏切りはアライアンスに数々の火種を生み、ウーサーの暗殺まで計画された。

ホードの勢力は、アライアンスの躍進に対して次第に力を弱めていった。アライアンスは力強く攻勢に回り、バーニングステップスの主だった砦を攻略していった。ウーサー率いるパラディンたちはブラックロックマウンテンの頂(Blackrock Spire)の戦闘で最前線に立って戦った。この戦いの後、ウーサーは誉れ高きライトブリンガーの称号を得た。

ホードの首長を捕らえたアライアンスはオークの最終拠点、ダークポータル本体へと進軍した。テュラリオン将軍は自ら先陣に立ってダークポータルに控えるオークたちへと突撃した。これは第二次大戦の最も熾烈な戦いだったとされている。ダークポータルのアゼロス側を破壊するに至った功績は、ウーサー•ライトブリンガーとシルバーハンド騎士団の勇気と技量が一翼を担っている。

第二次大戦後もウーサーはアライアンスとその民のために勇敢に奉仕しつつ、騎士団のために後進を育成し、東方諸国全土の志高い騎士と僧侶にとっての輝ける模範の役目を果たした。さらにはテレナス王の才能豊かな息子、アーサス王子をパラディンとして教育する役目も与えられた。二人は長年に渡って互いを高め合い、家族と言ってよいほどの仲になった。

第三次大戦が始まり、助力を請われたウーサーは若きジェイナと出会う。ジェイナは恐るべき報せを持っていた。謎の疫病が王国を蝕み、感染者を不死のスコージの一員へと変貌させていると言うのだ。ハースグレンは今や果てしなく押し寄せるかに思えるアンデッドの大軍の襲撃を受けていた。そのアンデッド達もまた、この恐るべき病の犠牲者だった。ウーサーは騎士団を率いてジェイナとアーサスに同行し、協力してハースグレンを守り抜いた。

自らの王国を守る決意を胸に、ウーサーとアーサスはストラトホルムへと直行したが時既に遅く、市民は汚染された穀物を口にしてしまっていた。この卑劣な汚染行為こそが、疫病を素早く効率的に広めるための仕掛けだったのだ。市民がスコージの一員となるのは最早時間の問題だった。アーサスはウーサーとシルバーハンド騎士団に、彼ら無辜の民を街ごと葬り去るよう命令した。ウーサーは頑としてこれを拒否し、たとえ相手が王であろうともそのような命令には従えないと言い放った。ウーサーの抵抗に激昂したアーサスは、ウーサーを反逆者だと罵り、シルバーハンド騎士団の指揮官から解任し、ローデロンに忠誠ある兵士たちに対して、魔手迫るストラトホルムの粛清に協力するよう命じた。兵士たちにアーサスへの忠誠心が残っているのを見てとったウーサーとジェイナは、あまりの蛮行にアーサスを見限ってストラトホルムを離れた。

ウーサーはテレナス王に、ストラトホルムでの王子の人道にもとる行為を訴えた。王の悲嘆は極まり、アーサスの判断力は、ことによると正気すらも最早あてにならないという結論に達した。テレナスはアーサスをノースレンド遠征の任から解き、ローデロンへと帰還させるべく使いの者を送った。

しばらくして帰還したアーサスはローデロンの民に歓喜と祝福の声で迎えられた。しかし、ウーサーも市民もみなが衝撃を受けた。アーサスは呪われた魔剣フロストモーンを抜き放ち、自らの父を玉座の間で殺害したのだ。

仕えるべき王であり、親友でもあった人物を失ったウーサーはアンドルハルの魔法の骨壺に納められた王の亡骸を守ることを己に誓った。ウーサーとシルバーハンド騎士団の生き残りに、今や安全な場所はなかった。デスナイトと化したアーサスはアンデッドの手下に命じて街を襲わせ、邪悪な目的のために王の骨壺を探し回っていたからだ。
ウーサーには最早勝算は無かった。それでも退くことを良しとしなかった。勇敢にも不屈の姿勢で、デスナイトと化した王子を相手に一対一で抗戦した。全ては親友テレナスの亡骸を守るために。歴史に名が残る一戦だった。アーサスが振るうフロストモーンの一撃が、ウーサーの体を容赦無く刺し貫いた。ウーサーはかつての愛弟子の手で最期を遂げた。かつては実の息子のように愛し育てた、愛弟子の手によって。

ウーサーの墓はプレイグランズ西部に今でも残っている。それはかつて闇に覆われた地に輝く希望の標だ。彼の遺産はパラディンたちの行いと、受け継がれる教えの中に今もなお生きている。アゼロスの勇敢な光の守護者たちの中に。

フレーバーテキスト

Leader of the Knights of the Silver Hand. Best-selling author of The Light and How to Swing It.
(シルバーハンド騎士団の指導者。ベストセラーを記録した『光、及びそれを使ったやっつけ方』*1の著者。)

Hearthstone Screenshot 10-09-19 17.50.23_2
Lightforged Uther(ライトフォージのウーサー)
Enpowered by greater understanding, Uther is now ready to write his long-awaited sequel book, The Light and How to Forge It.
「光」についてのより深い理解を得たウーサーは、待望の続編「光よ鍛えたまえ・実戦級クラブ鍛造法」の執筆に着手した。

Lightbringerなのか、the Lightbringerなのか

結論から言うと、どちらでも構わない。
Warcraftの世界ではラストネーム自体があまり一般的ではなく、持っている場合はだいたい称号のようなものとして呼ばれるようになったものがラストネームになっている。
第二次大戦(Warcraft II)で"the Lightbringer"の称号を得る前はラストネームは持っていなかった。公式ではラストネームとされたことがなかったにもかかわらず、時間とともにユーザーがUther Lightbringerと呼び始めたことで定着した。
ウィンドランナー(Sylvanas Windrunner)やヘルスクリーム(Garrosh Hellscream)も同様で、これらは単にラストネームというより能力や功績に付随する名誉の称号と言える。本当の意味でのラストネームを持っているのは人間の一部(アンドゥイン・リンなど)に限られる。
(ソース:http://wowwiki.wikia.com/wiki/Talk:Uther_the_Lightbringer

エモート

タイプエモートエモート(英)
ありがとう感謝いたす。Thank you.
お見事お見事。Well played.
あいさつご挨拶仕る!Well met!
ミラーであいさつご丁重なご挨拶、いたみ入る!
おおっ!これは仰天した!
おおっとしくじりましたな。That was a mistake.
覚悟しろ正義の報復を受けよ!Justice demands retribution!
ごめん失礼した。I am sorry.
試合開始我、名誉を以て戦う!I will fight with honor!
ミラーで試合開始我、光を導かん!
攻撃時正義のために!For justice!
敗北宣言貴公の勝ちだ。The victory is yours.
長考1ふむむむ…Hmmm…
長考2はて…I wonder…
長考3考える時間をくだされ…Let me think…
時間がない急がなければ!I must move quickly!
カードをほとんど使い果たすまもなくカードが尽きる!
カードがないカードが尽きたか!
エラー:ミニオンが多いミニオンが多過ぎですな。
エラー:汎用それは無理ですな。
エラー:手札が満杯手札が多過ぎますぞ!
エラー:ヒーローが攻撃済みワシはもう攻撃しましたぞ。
エラー:ミニオンが召喚酔いそのミニオンが動けるのは次のターンからですぞ。
エラー:ミニオンが攻撃済みそのミニオンは攻撃済みですぞ。
エラー:マナが足りないマナが足りませんな。
エラー:武器が必要武器が必要ですな。
エラー:カードが使えない今そのカードは使えませんな。
エラー:ステルスを対象にできない隠れ身しているミニオンは攻撃できませんぞ。
エラー:有効なターゲットではないそれは対象にできませんぞ。
エラー:挑発ミニオンに攻撃しなければならない「挑発」を持つミニオンが邪魔ですな。
アリーナで選択この身を捧げる!I will serve!
冬至祭勇者よ、冬至祭を祝いましょうぞ!
新年
ハロウェンド勇者よ、ハロウェンドを祝いましょうぞ!
炎祭り真夏の炎祭りを祝いましょうぞ!
海賊の日なんてこった!塩水びたしの荒くれ野郎ども!
ノーブルガーデンノーブルガーデンを祝いましょうぞ!

メモ

  • 享年64歳。
  • その目は嵐のような青(storm-blue)と形容される(小説Tides of Darknessより)。
  • The Light and How to Swing ItはWoW内にクエスト開始アイテムとして出てくる。
  • Hammer of the Lightbringerのほかに、Valiusという小さめのハンマー(メイス?)も持っている。
  • Samwiseが最初に描いたUtherのイラストは、盲目で目に包帯を巻いていた。盲目の設定は後に取り除かれ、この案はイリダン・ストームレイジに流用された。
  • 声優のMichael McConnohieはいろいろな役をやっており、Hearthstoneでもほかにケルスザードなどの声をあてている。WoWではアーサス王子の声も担当しているため、ストラトホルムの虐殺のシーンでは自分で自分に返事をしている。
  • アーサー王の父、Uther Pendragonが名前の由来ではないかとされている。ついでに言えば、アーサー自体もUtherに似ている。
  • 特に関係はなさそうだが、Light-Bringerはラテン語のLuciferの英語訳でもある。
  • Heroes of the Stormにもプレイヤーキャラクターとして登場。最初のチュートリアル役も務める。

コメント

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。