• TOP>
  • アージェントの騎兵/Argent Horserider

アージェントの騎兵/Argent Horserider

TOP > 中立コスト3 > アージェントの騎兵/Argent Horserider






《アージェントの騎兵/Argent Horserider》は中立のコモン・ミニオンカード。


アージェントの騎兵.png

入手法

The Grand Tournamentカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは40で、ディスエンチャントで5ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが400必要で、ディスエンチャントで50ダスト手に入る。

戦略

3マナでスタッツが2/1と軽いが、突撃(Charge)聖なる盾(Divine Shield)が付いている。いわば6マナで4/2の《アージェントの司令官/Argent Commanderp.png を半分にしたようなカード。

  • ウルフライダー/Wolfriderp.png (同じ3マナでチャージ持ち)と比べて攻撃力は1低いが、使い捨てではなく、その場に残ることができる。その場限りの打点1より、ボードやテンポを優先してこのカードが採用されることが多くなった。
  • スカーレット・クルセイダー/Scarlet Crusaderp.png と比較すると、即座に攻撃できるのが最大のメリット。同じく打点1は捨てることになるが、確実に2点を与えることで3/2を倒して2/1を残すことができるほか、フェイスを攻撃すれば2/1のディバインシールドを残すことができる。こうなると相手は除去するには何かしらで2手間必要なので、相手のテンポをロスさせやすい。
  • 刈入れゴーレム/Harvest Golemp.png と比較するとチャージで即座に2点出せる上に、その後は同じ2/1なのでダメージ的には圧勝。しかしメックシナジーなど劣る点もある。そもそも耐久よりの《刈入れゴーレム/Harvest Golem》はアグロ向けミニオンではないため比較されないが・・・。

特に3ターン目にヒロパを使ってこのカードの処理をしようとすると、1マナがあまりがち。このせいで3マナ先手で出すこのカードは非常に強力。同じく後攻2ターン目でこのカードを出し、相手のミニオンを処理したりフェイスを殴る動きは厄介。

実装当初は低い打点が注目されパワー不足という評判だった。しかし実装後に使われていくにつれて、そのターン中に盤面を干渉しつつ相手に処理を押し付けるという厄介なミニオンということが分かった。現在では幅広いアグロ系に採用されるアタッカーとなっている。
恐らく《ウルフライダー/Wolfrider》を入れていたデッキは、ほぼ確実にこのカードに変更したと思われる。

闘技場(Arena)

ものすごい安定性を誇る優良ミニオン。特に3/2を即効で始末できる上、2/1が残るのでテンポを奪いやすい。

コンボ

メモ

このミニオンの登場時の台詞"Don't worry loves, the cavalry's here!"の元ネタはOverwatchのトレーサーである。
TGT実装より前の2015年5月に投稿されたこちらの動画 でトレーサーの"Cheers love,the cavalry's here!"という台詞が確認できる。

パッチ修正

  • The Grand Tournament (2015.8):追加。

フレイバーテキスト

  • 英:His horse's name is Betsy.
  • 日:愛馬の名はベッツィーだ。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。