• TOP>
  • セナリウス/Cenarius

セナリウス/Cenarius

TOP > ドルイド > Cenarius

《セナリウス/Cenarius》はドルイドのレジェンド・ミニオンカード。


セナリウス.png
9Mana.png《セナリウス/Cenarius》p.png legendary.png以下の2つから1つを選ぶ。
「他のあなたの全てのミニオンは+2/+2の修整を得る」
「2体のトレント(2/2)を召喚する。このトレントは 挑発(Taunt))を持つ。

入手法

クラシックカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは1600で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが3200必要で、ディスエンチャントで1600ダスト手に入る。

戦略

  • 優秀なカードぞろいの選択持ちの中で最も高いコストを持つ固有のレジェンダリー。
    AoE対策になり乱戦で強い+2/+2全体強化と、AoEに弱くなるが平場に出すのに向く2/2Tauntトークン2体召喚を選択できる。
    もっとも9マナが出る時間帯で全体強化が機能するようなボードになることはあまりないため、もっぱら後者の能力を目当てに採用されることが多い。
  • 強力な能力に加え本体も耐久型のスタッツを持ち、状況を選ばず安定した活躍が見込める。
    特にボードを制圧していれば強力なフィニッシャーとなり得るが、逆にこれ1枚で戦況を動かすことは難しい。
    そのため、"フィニッシャーとして高コストミニオンを1~2枚差す"枠には採用を控えられる傾向にある。
  • そもそもドルイドはマナ加速によるミッドレンジが得意であり、10マナ溜まる10ターン以降は手札を消費してまでマナ加速した意味が薄くなる他、強力なコンボやミニオンでガンガンアドバンテージを稼いで来るコントロール系デッキ相手には不利。
  • 以上の点から、9マナが戦闘要員として求められてファッティが複数採用されるランプドルイドや、その派生のAviana型・Astral Communion型での採用率では高いが主流のミッドレンジドルイドには採用されない。

闘技場(Arena)

  • どちらの能力も、5/8というスタッツも勝負を決めるのに十分な能力を持ち極めて強力、大当たりの部類に入る。
    特に闘技場(Arena)は構築と違い+2/+2が刺さる場面もそこそこあり、間違いなく最高クラスのピックだろう。レアリティの関係でそうそう引けるようなものではないが……。

コンボ

  • アヴィアナ/Avianap.png :コンボというよりはシナジーの類だが、10マナが出ている時に《アヴィアナ/Aviana》を出した直後の1マナの使い道として極めて強力、ボードを一気に力強くしつつ、召喚されたTauntで《アヴィアナ/Aviana》をブロックできる。
    アヴィアナ/Aviana》が暴れた後なら+2/+2でゲームを終わらせる側に回ることもでき、相互をよく補完しているコンビ。

メモ

パッチ修正

  • Patch 1.0.0.3890 (2013-10-02): マナコストを8から9へ。

フレイバーテキスト

  • 日:そう、ヤツは半神だ。いいや、シャツは着ないんだ。

自由帳

  • ナイトエルフに自然の知識と調和の術を教えたドルイド達の師匠的半神。
    長い間アシェンベールの森を守ってきたが、三次大戦時悪落ちしたGrommash Hellscreamに殺される。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。