• TOP>
  • 捻じれし冥界/Twisting Nether

捻じれし冥界/Twisting Nether

TOP > ウォーロックのカード > 捻じれし冥界/Twisting Nether


《捻じれし冥界/Twisting Nether》はウォーロックのエピック・呪文カード。


捻じれし冥界
コスト名前レアリティテキスト
8Mana捻じれし冥界/Twisting Netherp epic全てのミニオンを破壊する

入手法

クラシックカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は100。
ゴールデンカードに必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。

戦略

  • 8マナとあらゆるAoEの中でも最重量級だが、ミニオン全てを冥界に送るという強力な呪文。アグロ相手ではまず間に合わないので、主にミッドレンジやコントロール相手へ回答となる。
    • ウォーロックの他のAoEと違い、自ヒーローにダメージが入らない点も魅力で、ミッドレンジに対する駄目押しになる場合も。
    • また2マナ残るため、10ターン目以降はヒーローパワーも使う余裕がある。
  • ハンドロックやハイランダー等、コントロール系のデッキにピン刺し投入すれば高いパフォーマンスを発揮する。
    • 並べるデッキには非常に心強い反面、ファティーグ狙いやOTK狙いのデッキにはまず腐る。メタを読んで採用すること。
    • ピン刺しせずとも対戦相手が勝手に警戒し、展開を抑えることも。

闘技場(Arena)

  • 相手に盤面を取られている時は非常に便利。
  • もし相手が展開して押し切ろうとしたらチャンス、うまく決まれば相手は爆発する。
  • 一方で8マナ必要であるため、ミニオンをほとんど展開できず、劣性が覆らないこともしばしば。強力ではあるが、他に優秀なカードがあるならばそちらを取るのも手だろう。

コンボ

  • 断末魔(Deathrattle)持ち:自分だけ発動が可能。相手も同じ条件だって?聞くのは野暮ってもんさ
  • 系統:後続が出てくる。

メモ

  • 捻じれし冥界(Twisting Nether)とは、悪魔の住む世界であり、焦熱の軍団の本拠地。アストラル・プレーンと呼ばれる別次元にあり、物理的な宇宙の外側に存在している。
    • 現世に現れる悪魔はいわば本体の影のような者であるため、悪魔達を完全に屠るにはこの中で倒すしかない。
  • フルアートワーク。よく見るとバンシーやガイスト、グールが映っている。
    捻じれし冥界
  • 全くの余談だが、カードを発動すると画面横側にポータルが現れ、そこにミニオンが飲み込まれるという演出が挟まれる。

フレーバーテキスト

  • 日:捻じれし冥界は定まった形のない世界で、魔力と、幻影と、破壊されたミニオンであふれてるそうだ。
  • 英:The Twisting Nether is a formless place of magic and illusion and destroyed minions.

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。