• TOP>
  • ランク戦

ランク戦

TOP > ランク戦(Ranked)

around,wrap

ランク戦とは対戦の種類。構築デッキを使った対人戦。ランクを登っていくことを比喩しラダー(ladder=梯子)とも言う。

ランク戦でもデイリークエストの達成条件を満たすことができる。
また、合計3回勝利すると、そのたびにゲーム内通貨のゴールドが10G貰える。(この3勝のカウントはカジュアルや酒場の喧嘩と共通。)


遊び方

最初の画面の一番上にある「プレイ」モードを選択。次の画面の右上の2つのアイコンのうち、「ランク戦」のほうを選択すると遊べる。
画面の左側でデッキを選択して、右下の「スタンダードをプレイ」または「ワイルドをプレイ」を押すと対戦相手を検索する。対戦相手は自動的に決まる。自分で選べるわけではない。

システム

around,wrap

構築デッキで対戦する。

  • デッキの構築は「コレクション」でできる。

プレイヤーにランクが付き、同程度のランクのプレイヤーと対戦ができる。

  • 勝敗によってランクが上下する。勝利すると星がもらえ、星が3つ貯まるとランクが上がる。負けると星が減る。
    • 勝利によってもらえる星の数は、前シーズンの成績によってスターボーナスが貰える。詳しくは後述。
  • ランクはブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドの5つのリーグに分かれており、それぞれのリーグに1~10のランクが用意されている。(計50ランク)
    • ブロンズリーグまでは負けても星が減らない。
  • 各リーグのランク10とランク5に到達すると、負けてもそれ以下にはランクが下がらなくなる。(フロア)
  • 各リーグのランク1で星3つの状態から勝利すると上のリーグに上がる。ダイヤモンド・ランク1より上になると「レジェンド」というランクになる。
  • 入門プレイヤーは上記とは独立したリーグとなる。この入門用リーグでは1~40のランクが用意されており、負けても星が減ることは無い。

ランクの上がり方、下がり方

  • ランクが上がるときと下がるときの挙動は微妙に異なる。対戦に勝ち、あるランクで星が全部そろったとしても次のランクには上がらない。星が3つの状態でその次に勝ったときに、ランクが上がって星を1つ持っている状態になる。また対戦に負け、あるランクで星を全部失ったとしてもランクは下がらない。星が空の状態でその次に負けたときに、ランクが下がって星が1つ減った状態になる。
    • 例えば「ランク10の星3個」と「ランク9の星0個」は、どちらも勝てば「ランク9の星1個」、負ければ「ランク10の星2個」になるので、実質的な立場は同じである。
  • 勝利時に貰える星の数は、前シーズンの成績によってボーナスが得られる。得られるスターボーナスは下表の通り。
    • 連勝ボーナスにもこのスターボーナスは適応される。(得られる星が下表のさらに2倍になる)
    • スターボーナスはランクが5個上昇する毎に1ずつ減る。前シーズンにレジェンドであった場合でも、ダイヤモンド5に到達した時点でボーナスが無くなる。
    • 対戦相手のMMR(マッチレーティングレート)が高い場合、倍率に+1される。
    • 一か月以上ログインしていなかった場合は、最後にログインした月の成績を元にスターボーナスが決定される。長期間ログインしていなかった場合はそこからある程度スターボーナスが減る模様。
      前シーズンのランクボーナス
      ~シルバー10×2
      シルバー5×3
      ゴールド10×4
      ゴールド5×5
      プラチナ10×6
      プラチナ5×7
      ダイヤモンド10×8
      ダイヤモンド5×9
      レジェンド×10

レジェンド

  • ダイヤモンドリーグ・ランク1の星3の状態で勝利するとレジェンドランクになる。
  • レジェンドになったプレイヤーには順位の数字が与えられる。これは対戦した対戦相手の強さによって上下する。
  • レジェンドプレイヤーが負けても、それより下のランクには転落しない。順位が下がるだけである。

連勝ボーナス

3連続で勝利すると連勝ボーナスとして星が2つもらえる。

  • 連勝ボーナスは負けるまで継続する。つまり3連勝ごとにボーナス1個ではなく、4連勝以降も星が1個余分にもらえる。
    • スターボーナスがある場合にはスターボーナスの2倍の星がもらえる。
  • 連敗してもペナルティはない。
  • ダイヤモンドリーグ・ランク5から1まではこの連勝ボーナスがなくなる。

フロア

ランク戦はブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドの5つのリーグに分かれており、各リーグには1~10のランクがある。各リーグのランク10、5に一度到達したら、シーズン中はそれより下には降格しなくなる。これをフロアと呼ぶ。

  • ランク10、5で星がゼロの状態で敗北しても、ランクの降格は発生しない。
  • 後述のシーズンリセットによる降格は、フロアによるランク維持を無視してランクを下げる。

マッチメイク

対戦相手はコンピューターが自動で選択する。対戦相手のランクは自分と同じリーグで同じランクのことが多いが、多少上下することがある。

  • 例えばあなたがランク9だったとして、対戦相手はランク10のときもある。ランク8のときもある。同時間帯にプレイしている人が少なければ2~3ランク離れる場合もあり。
  • 前述の「ランク10の星5個」と「ランク9の星0個」のような境目の位置ではこの両者がマッチングされ、見かけ上別ランクとのマッチングが増える印象。公式フォーラムにも、やたら上のランクと当たる、という問い合わせがあったりするが大体これ。

ランク表

※2020年4月の仕様変更により、星の数は全てのランクで一律3つに統一されました。

ランクブロンズシルバーゴールドプラチナダイヤモンド
10アングリーチキン/Angry Chicken魔法使いの弟子/Sorcerer's Apprenticeミルハウス・マナストーム/Millhouse Manastorm知識の古代樹/Ancient of Loreキング・トグワグル/King Togwaggle
9レプラノーム/Leper Gnomeトーレン・ウォリアー/Tauren Warrior腹裂き/Eviscerateシアマト/Siamatマダム・ラズール/Madame Lazul
8スノーフリッパー・ペンギン/Snowflipper Penguinクエスト中の冒険者/Questing Adventurerミラーイメージ/Mirror Image海の巨人/Sea Giant魔女ハガサ/Hagatha the Witch
7野良猫/Alleycatウォーソングの武将/Warsong Commanderガジェッツァンの競売人/Gadgetzan Auctioneer山の巨人/Mountain Giantドクター・ブーム/Dr. Boom
6マジウザ・オ・トロン/Annoy-o-Tronレイドリーダー/Raid Leaderカドガー/Khadgar溶岩の巨人/Molten Giant大怪盗ラファーム/Arch-Thief Rafaam
5マーロックのタイドコーラー/Murloc Tidecaller探話士チョー/Lorewalker Cho秘密の番人/Secretkeeperロード・ジャラクサス/Lord Jaraxxusレノ・ジャクソン/Reno Jackson
4カエル大物ハンター/Big Game Hunterゲン・グレイメイン/Genn Greymaneシャダウォック/Shudderwockブラン・ブロンズビアード/Brann Bronzebeard
3マイクロマミー/Micro Mummy終末予言者/Doomsayerサンウォーカー/Sunwalkerクトゥーン/C'Thunサー・フィンレー・マルグルトン/Sir Finley Mrrgglton
2ブリンク・フォックス/Blink Foxライトウォーデン/Lightwardenナタリー・セリーン/Natalie Selineアレクストラーザ/Alexstraszaエリーズ・スターシーカー/Elise Starseeker
1ブライトウィング/Brightwingズルジン/Zul'jinグロマッシュ・ヘルスクリーム/Grommash Hellscreamデスウィング/Deathwing酒場のオヤジ/Innkeeper


シーズンリセット

毎月のはじめに、全プレイヤーのランクは一番下のブロンズ・ランク10まで落ちる。
前シーズンの結果に応じて前述のボーナスが得られるので、前シーズンに到達したリーグの手前までは容易に上がるように設定されている。

ランク報酬

その月にランク戦で5勝した場合、シーズンに応じたカードバックが貰える。また、シーズンの終了時に到達したフロアに応じた報酬が貰える。
ランク戦で5勝していない場合は、どんなにランクが高くてもランク報酬は貰えない。

クエスト・ログでランクドチェストが確認できる。
貰えるカードは、アドベンチャーモードのカードを除くスタンダードのカードからランダム入手。

また、初めて特定のランクに到達した場合にもシーズン終了時とは別に報酬が得られる。

ランク初到達報酬シーズン終了報酬シーズン終了報酬の合計
ブロンズ5クラシックパック1つレアカード1枚レアカード1枚
シルバー10クラシックのレアカード4枚最新拡張パック1つ最新拡張パック1つ・レアカード1枚
シルバー5クラシックパック1つレアカード2枚最新拡張パック1つ・レアカード3枚
ゴールド10クラシックのレアカード4枚最新拡張パック1つ最新拡張パック2つ・レアカード3枚
ゴールド5クラシックパック1つレアカード2枚最新拡張パック2つ・レアカード5枚
プラチナ10クラシックのエピックカード1枚最新拡張パック1つ最新拡張パック3つ・レアカード5枚
プラチナ5クラシックパック1つレアカード2枚最新拡張パック3つ・レアカード7枚
ダイヤモンド10クラシックのエピックカード1枚最新拡張パック1つ最新拡張パック4つ・レアカード7枚
ダイヤモンド5クラシックパック1つエピックカード1枚最新拡張パック4つ・エピックカード1枚・レアカード7枚
レジェンドクラシックのレジェンドカード1枚最新拡張パック1つ最新拡張パック5つ・エピックカード1枚・レアカード7枚

ランクごとのレベル

経験豊富なプレイヤーによる感想
※2020年4月に仕様変更される前の感想です。当時はランク25~1まででした。

  • 初心者が経験を積みながらランクを登っていくとき、ランク15に最初の壁があり、ランク5に次の壁がある、という感想がよく聞かれる。

パーセンテージ目安

  • シーズン中のどの時期かによっても違うが、目安として、上位50%つまり全ランク戦参加者の平均的な強さの人がいるのはランク17~18、ランク15以上が上位30%、ランク10以上が上位10パーセント、ランク5以上が上位3パーセント、レジェンドが上位0.1パーセントである。
    • ただしこれは、2018年3月のランク戦仕様変更前に発表されたパーセンテージ。
  • 各ランクのプレイヤーの強さを偏差値で表すと、ランク17~18が偏差値50。ランク15が偏差値55。ランク10が偏差値63。ランク5が偏差値70。レジェンドが偏差値80となる。(これは単にパーセントを偏差値に書き直しただけの数字。目安程度に)

ランク戦と勝率

  • 連勝ボーナスがあるランク6までにおいては、同じランクに居続けるための勝率は約45.3%である。
  • 自分と同じ実力のランクであれば勝率が50%になりそうな気がするが、1敗して減る星は常に1個なのに対し、勝った場合に増える星は連勝ボーナスによって2個の場合があるため、45.3%でも同ランク維持が成立する。
  • ランダム要素の多いこのゲームで、立て続けに連勝してランクを駆け上がることは(ありえなくは無いが)非常に珍しい。ほとんどの場合は、勝ったり負けたりしながらじりじりとランクを上がっていくことになり、レジェンドに辿り着くには数百試合が必要である。これはプロなどの強豪プレイヤーにとっても同じ。

その他、メタな解説

  • リセット直後はアグロが大量に発生する。これは短時間で多数の試合をこなして素早くランクを上昇させる狙いがある。
  • ランク5を超えるとコントロール色の強いデッキが登場する。時間がかかるデッキは何度も戦う必要があるランクには合わないのだが、1戦が大事なランク5以降では勝率のほうが大事になるため。
  • レジェンドに入ると途端にファンデッキが増加する。トップメタ以外のデッキで高ランクに入ることで自身のデッキを広く公開できるため、オリジナルデッキでのラダープレイヤーは多い。
  • そのためオリジナルのデッキの実力を試したいなら、まずトップメタデッキでレジェンドになれ、というトピックがRedditにあったりする。



コメント

ぜひ、情報をお教え下さい!

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。