• TOP>
  • エドウィン・ヴァンクリーフ/Edwin VanCleef

エドウィン・ヴァンクリーフ/Edwin VanCleef

TOP > ローグのカード > エドウィン・ヴァンクリーフ/Edwin VanCleef

《エドウィン・ヴァンクリーフ/Edwin VanCleef》はローグのレジェンド・ミニオンカード。


エドウィン・ヴァンクリーフ.png
3Mana.pngエドウィン・ヴァンクリーフ/Edwin VanCleefp.png legendary.pngコンボ(Combo):このターンに使用したカードの数だけ+2/+2を付与する。

入手法

クラシックカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは1600で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが3200必要で、ディスエンチャントで1600ダスト手に入る。

戦略

  • ローグ専用らしく低コストカードを連発することを求めるカード。ローグには0マナや1マナのスペルも多く、簡単に4/4や6/6になるだろう。
  • 後攻時にもらえるコインに加え、偽造コイン/Counterfeit Coin段取り/Preparationなどを絡めると一瞬にして8/8を超える化け物級のステータスとなる。軽い確定除去(《呪術/Hex》など)で返されなければ、不利なマッチアップであってもそのまま押し込めてしまえる事も。
  • 効果の特性上手札を著しく消費するので、簡単に処理されると大きくアドを失う。だが裏を返せば処理されなければ誰も追いつけないようなスピードで相手のライフを奪えるということである。そのため現在は可能な限りコンボしてから召喚されることが多い。ちなみにかつて大物ハンター/Big Game Hunterが標準搭載されていたころはそれ以上にできても6/6で止めるのがセオリーだった。
  • 相手がプリーストの場合は《密言・死/Shadow Word Death》対策で4/4で止めるのもアリだが、一気に試合を決めれる可能性に賭けリスクを承知で大きく育てる方が良い場合もある。後続のカードなどと相談して決めよう。
  • +2/+2はバフ扱いなので、沈黙(silence)されると2/2に戻ってしまう。軽い沈黙持ちの鉄嘴のフクロウ/Ironbeak Owlやドルイドでほぼ確定採用率だった木立の番人/Keeper of the Groveのナーフ後はめっきり少なくなってしまったデバフだが一応注意。

闘技場(Arena)

  • 悪くない選択。但し構築以上に手札管理に気をつけなければならない。そうそう確定除去が入っているものではないが闘技場では失ったハンドアドバンテージはなかなか取り返せない。

コンボ

  • 低コストスペル 序盤に大型級のスタッツで召喚。
  • 隠蔽/Conceal》 8/8以上で出しても返しのターンで処理されなくなる。

メモ

フレイバーテキスト

  • 英:He led the Stonemasons in the reconstruction of Stormwind, and when the nobles refused to pay, he founded the Defias Brotherhood to, well, deconstruct Stormwind.
  • 日:ヤツはストームウィンドの再建を手がけた石工たちの頭領だった。貴族どもが支払いを拒否した後、ヤツはデファイアス組合を作って、ストームウィンドの解体を始めたのさ。
    • エドウィン・ヴァンクリーフは盗賊団Defias Brotherhoodのボス。元は優れた建築士であったが貴族の腐敗に憤り武装蜂起した。

パッチ修正

  • Patch 1.0.0.3890 (2013-10-02): 1/1から2/2に修正。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。