• TOP>
  • 暗黒司教ベネディクトゥス/Darkbishop Benedictus

暗黒司教ベネディクトゥス/Darkbishop Benedictus

TOP > プリースト > 暗黒司教ベネディクトゥス/Darkbishop Benedictus

ストームウィンド


《暗黒司教ベネディクトゥス/Darkbishop Benedictus》はプリーストのレジェンド・ミニオンカード。


暗黒司教ベネディクトゥス
種族・系統テキスト
対戦開始時:自分のデッキの呪文が全て影呪文の場合「影なる姿」に変身する。
思念の楔

入手法

風集うストームウィンドカードパック、作成、闘技場の報酬で入手できる。
ダイヤモンドカードは「風集うストームウィンド」のレジェンドカード25種類を集める事で入手可能。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。
ダイヤモンドカードの作成・還元はできない。

みんなの事前評価投票

☆☆☆☆☆ 環境を変えるほど強い。メタの中心にいる 28% 37票
☆☆☆☆  文句なく強い。デッキによく入る     9% 12票
☆☆☆   強い。デッキに入ることもある      18% 24票
☆☆    普通。環境によってはチャンスもある   23% 30票
☆     弱い。使われない            20% 26票

戦略

影なる姿/Shadowformが適用済みの状態で試合を開始できる。
フェイスプリーストは勿論、元から影呪文に偏りやすい泥棒系プリーストにも採用の余地がある。

プリーストによくある2T何もすることがない問題も解決される。
発動が相手に見えるのはマリガン後なので、1/1/3をデッキに戻してバトルフィーンド/Battlefiendなどを残した相手の立ち上がりを挫き、序盤から一方的攻勢に立てる試合が増える。
小型は並べられる前にヒロパで処理できる場面が増えるため、影の狂気/Shadow Madness等、並べさせる前提の除去は手札で腐りやすくなる。
上記の影響から、除去や回復を減らして短期決戦プラン重視の構築にすると戦いやすくなる。

影ではない呪文をデッキに入れる選択肢がなくなり、そのことが相手にもバレてしまうことはデメリット。
特にバフや回復は神聖呪文に偏っているため、相手がフェイスプランで攻めてくる可能性は高くなる。
それを見越して光の雨のエレメンタル/Lightshower Elementalのような強力な回復持ちミニオンを仕込んでおくのも手。

闘技場(Arena)

コンボ

デッキ

メモ

  • ストームウィンドを中心に活動する「聖なる光の教会」の指導者。しかし黄昏の鎚の暗躍によって影(ヴォイド)の囁きに屈してしまい、光の大司教という表向きの身分を守りながら裏では影に仕え、自身の信者や弟子たちを密かにカルトの教えへと導いていった。チョ=ガルの死後は身分を明かし、黄昏の鎚の新たなリーダーとなったが、最終的にスロール冒険者たちに敗れ死亡した。
  • ミニオン30枚のデッキでも効果は発動する。そのデッキに粉砕されしクトゥーン入れても効果は発動する。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:卑怯じゃない、司教だ。まあ、卑怯だけどな!
  • 英:Dark Bishop takes Light Pawn, check.

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。