• TOP>
  • リッチキング/The Lich King

リッチキング/The Lich King

TOP > 中立コスト7以上 > リッチキング/The Lich King

FST.jpg


《リッチキング/The Lich King》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


リッチキング.png
種族テキスト
挑発, 自分のターンの終了時ランダムなデスナイトカード1枚を自分の手札に追加する。

入手法

凍てつく玉座の騎士団カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

デスナイトカード

Anti-Magic Shell.png
Obliterate.png
Death Coil.png
Frostmourne.png
全ての自分のミニオンに+2/+2と「呪文とヒーローパワーの対象にならない」を付与する。ミニオンを破壊する。その体力と同じ数のダメージを自分のヒーローが受ける。敵に5ダメージを与える。または味方を5回復する。断末魔:この武器で破壊した全てのミニオンを自分の場に召喚する。
Doom Pact.png
Death Grip.png
Army of the Dead.png
Death and Decay.png
全てのミニオンを破壊する。破壊した数と同じ枚数だけ自分のデッキを上から破棄する。対戦相手のデッキからランダムで1枚のミニオンを奪い、自分の手札とする。自分のデッキの上から5枚を破棄する。破棄されたカードにミニオンが含まれていれば、それを全て召喚する。全ての敵に3ダメージ与える。

みんなの評価投票

コメントに君の投稿した評価と、その理由を書いてみよう!

戦略

ハースストーンのヒーロー達をデスナイトに変貌させた張本人であり、凍てつく玉座の騎士団の看板と言える強力なフィニッシャー。
8マナ8/8は十分なスタッツで、挑発があるので無視してフェイスを詰めることもできない。即座に処理されてもデスナイトカードを1枚残せる上に、ターンが回ってきたら更なるアドバンテージが得られる。

得られるカードはいずれもコスト不相応に強力であるが、デメリットとして自身のライフやデッキを犠牲にするものが混在している。
自身のミニオンを参照する呪文もあるため、ミニオンの比率が高く、ファティーグと縁が遠いデッキほど相性が良く、更にライフの損失をカバーできると望ましい。挑発シナジーやドラッカリの呪い師/Drakkari Enchanterとのコンボも狙える。

相手からするとデスナイトカード8枚全てをカバーする事はほぼ不可能で、最悪特定の1枚で詰む可能性や逆転される可能性もあることから、全力で排除しないと非常に危険。
どれを引いたかわからない限り、うかつに動けないのは厄介である。その為ブラフとして温存しておくのも戦術の一つ。

多少の癖はあるもののそれを凌駕するカードパワーを持っており、実装直後から往年のドクター・ブーム/Dr. Boomよろしくアグロを除く殆どのデッキに積まれ、
これ(やボーンメア/Bonemareなど)の為に挑発メタの黒騎士/The Black Knightを入れるデッキも出現しつつある。
デッキにも依るが、ワイルドの炎の王ラグナロス/Ragnaros the Firelordケルスザード/Kel'Thuzadにも引けを取らない性能と言えるだろう。

デスナイトカード

Anti-Magic Shell
全体に+2/+2バフ。他カードと比べると上昇値はコスト相応。しかしヒロパと呪文による処理が不可能になる為に、大型ミニオンの弱点の確定除去をカバーするだけでも強い。
Obliterate
確定除去。3マナ相当軽くなった代わりに、体力分のダメージを受けてしまう。反動ダメージが大きいものの、コストの軽さから相手の大型の処理とミニオンの展開が同時に可能と盤面を取り返すのにもってこい。
Death Coil
2マナ相当軽くなり、5点ダメージか5点回復を選択可能な扱い易いスペル。相手フェイスにも撃てるし、自ミニオンも回復可能と小回りが効く。汎用性が高い。
Frostmourne
最大の目玉。5点×3を盤面にバラ撒きつつ、武器自身の断末魔で10マナの精神支配×3を発動。小型ミニオンを破壊しつつ奪うだけでも十分に強いが、相手の大型ミニオンを奪えればほぼ勝負が決まる。ただし大型を殴り続けると自分のライフが持たないので、何らかの回復手段は欲しい。武器の重ね発動で即座に断末魔を発動できることは覚えておくと良い。
単純に相手フェイスを殴り続けて、7マナ15点と考えても良い。
Doom Pact
3マナ相当軽くなった盤面全破壊スペル。デッキを削ってしまう為にコントロール対決だとやや扱いにくいが、これ一枚でアグロやミッドレンジを詰ませることも可能。5マナと軽いので、破壊しつつ自ミニオンも展開出来るのが売り。
Death Grip
相手のデッキからミニオンを『奪う』ので、相手のデッキからミニオンが消えるのがポイント。コントロール同士であれば相手のリソースを削る上、クエストメイジやマリゴスデッキなど、特定のカードを盗まれるだけで詰むデッキも存在する。特にこれらのデッキはミニオンの数が少ないので非常に有効。
Army of the Dead
ヴァリアン・リンと似た効果を持つ。6マナで最大5体のミニオンが並ぶと、どうしようもない時に使えば大逆転出来る可能性がある。また相手のライフもこちらの手札も残り少なく、最後の一押しが欲しい時にも有効。
ミニオンが多く含まれているデッキやミッドレンジ等であれば迷わず使っていけるが、スペルやキーカードがまだデッキに多く眠っている場合は悩みどころ。特にコントロールデッキ対決だとデッキリソースを5枚も削ってしまうのは厳しい。
Death and Decay
2マナ相当軽くなった、扱い易いAoE。相手のみ、かつ相手フェイスにも3点ダメージが入る上に3マナというコストの軽さから取り回しが良い。

闘技場(Arena)

8/8挑発だけでも強く、テンポの取り合いとミニオン同士のぶつかり合いが基本の闘技場ではどのカードも扱いやすい。マストピック。

コンボ

  • ドラッカリの呪い師

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:「我を成す全て、即ち憤怒、無慈悲、復讐、攻撃力8――それらを汝に授けよう、我が選ばれし騎士よ。」

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。