• TOP>
  • マリゴス/Malygos

マリゴス/Malygos

TOP > 中立コスト7以上 > マリゴス/Malygos

《マリゴス/Malygos》は中立のレジェンド・ミニオンカード。

マリゴス
種族テキスト
ドラゴン(4/12)呪文ダメージ(Spell Damage)+5

入手法

クラシックカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは1600で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが3200必要で、ディスエンチャントで1600ダスト手に入る。

戦略

呪文ダメージを+5を持つドラゴン。
その特徴的な能力から古来より専用デッキにて運用されていた。

このカードを使う上での問題は多い。一番はマリゴスに9マナも使うのでそのターンにスペルを使うのが非常に難しい点。その点を克服するか、その点を計算の上で使うといった感じになる。
またマリゴスを勝ち筋にするデッキの場合、マリゴスがデッキの一番下にあった場合はほぼ負けが確定してしまう。そのため別の戦法を仕込むか、サブの勝ち筋としてマリゴスを採用することが多い。
最近ではデッキのミニオンを呼び出すカード、もしくはコピーを召喚するカードが増えたため、マリゴスの呪文ダメージブーストを前提にしたデッキが登場するようになった。
他にもマリゴスを出すまで耐える必要があり、更にダメージを与えて除去する呪文を使ってしまうとマリゴスが出た時に使うカードがなくなってしまう問題もある。そのため豊富な除去が必要になる。

呪文ダメージは大きなダメージを与える1枚よりも、小さなダメージを与える複数枚の呪文を使う方が効率が良い(《月の炎/Moonfire》など)。そのため軽いダメージスペルを持つヒーローがマリゴス採用したデッキを組みやすい。

大きく分けて三種類の使い方がある。

  • 召喚したターンに大量のスペルを使用する。
    マリゴスは9マナのため、1マナ以下の呪文を連打する。もしくは1ターンに10マナ以上を使用する。
    他にもコスト軽減のカードを使い、2マナ以上の呪文も唱えられるようにするなど。
  • マリゴスを踏み倒して場に出す。
    マリゴスの9マナが大きな制約になるため、マリゴスそのものを踏み倒せば問題ない。
    主にあらかじめ死亡させておき、復活させることで9マナ未満でマリゴスを場に出す。
  • 普通に場に出し、次のターンに呪文を使用する。
    当然ながら除去される可能性が高い。特にマリゴスが残った状態で相手に10マナを用意させることは死刑宣告に近い。

闘技場(Arena)

バニラの9マナ4/12となりやすく、評価はあまり高くない。

コンボ

  • ソーリサン皇帝/Emperor Thaurissanp : マリゴスか低コストダメージスペルのコストを下げる事により、コスト2以上のスペルがマリゴス召喚と同時に使えるようになる。

メモ

  • カードイラストに描かれているドラゴンは《カレクゴス/Kalecgos》であり、マリゴスではない。

フレイバーテキスト

  • Malygos hates it when mortals use magic. He gets so mad!
    日:マリゴスは「下等生物」が魔法を使うのをひどく嫌うんだ。メチャクチャに怒り狂うくらいな!
  • Malygos the Spell-weaver(呪文の紡ぎ手マリゴス)は、ブルードラゴンの長であり、五大竜のうちの一頭であり、魔法と秘奥義の守護者である。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。