• TOP>
  • ファイアプルームの中心で/Fire Plume's Heart

ファイアプルームの中心で/Fire Plume's Heart

TOP > ウォリアーのカード > ファイアプルームの中心で/Fire Plume's Heart

UNG


《ファイアプルームの中心で/Fire Plume's Heart》はウォリアーのレジェンド・呪文カード。


ファイアプルームの中心で
種族テキスト
クエスト:挑発を持つミニオンを7体手札から使用する。報酬:サルファラス/Sulfuras
サルファラス
種族テキスト
雄叫び:自分のヒーローパワーが「ランダムな敵1体に8ダメージを与える。」に変化する。

入手法

大魔境ウンゴロカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

ヒーロー版炎の王ラグナロス/Ragnaros the Firelordの「死ね、虫ケラ!」を使えるようにしてしまう強力なクエスト。
ウォリアーは基本のヒーローパワー「装甲強化!」がイマイチなこともあってか、
月を食らうものバク/Baku the Mooneaterジャスティサー・トゥルーハート/Justicar TrueheartによるUGは1マナ鉄の皮/Iron Hide未満、
破界王ガロッシュ/Scourgeload Garrosh?のヒロパは1マナの旋風剣/Whirlwind相当、
新手の狂気の天才ドクター・ブーム/Dr. Boom, Mad Geniusでさえも2マナ前後と物足りないヒロパが多い中、
このヒロパは巨人クラスのミニオンだろうと当たれば一撃なのでバリュー勝負にはもってこい。

枚数と挑発の特性からある程度持久戦になる。
ミニオンの量より質を優先するタイプのデッキには効きやすく、横並びには体力のある挑発ミニオンと《乱闘/Brawl》があるのでバランスはいい。
ただし、使用すると装甲が貼れなくなるため、ヒーローの体力が危ない時やバーストダメージの強いデッキには使うかどうかしっかり見極めたい。

達成を優先するならミニオンを多めに積むことになるが、ウォリアーは武器や呪文に強力なものも多いため悩まされる。
挑発ミニオン自体が武器や呪文の役割を一部担えること、早いターンから8点を撃てた方がアドを稼げることから、
基本的には挑発ミニオンはテンポよく並べられる程度に積んでおき、武器や呪文は最低限に留めたい(特に武器は報酬と競合するので注意)。

報酬の武器も3マナ4/2と破格の性能を持つ。使用したターン盤面にほとんど干渉しない他のクエストと異なり、クエスト報酬使用時の隙を大きく減らしてくれる。
フェイスに攻撃を集中させれば、クエスト達成ターンと次のターンの2ターンで24点相手フェイスにダメージを与えることも可能。
バーストダメージとして見ても非常に優秀。

構築は、達成の早さを最重視して畳み掛ける挑発テンポデッキか、バリュー勝負を重視したコントロール/ビッグ寄りのデッキが基本となる。
延々と繰り出される挑発ミニオン群からアグロ系列のデッキにはすこぶる強い。
特にフェイス系のデッキに至ってはクエストを達成する前に相手のリソースが尽きる場合も多い(フェイス系は下火になりつつあるが)。
達成後は毎ターン8ダメージを盤面に飛ばすと、遅延を狙うコントロールデッキ相手へのメタともなる。

ヒーローパワーの対象はランダムであるため、小型ミニオンを継続的に並べられるパラディンやシャーマンの相手はやや苦手。
ウォリアーには小回りの利くAoEが豊富なので上手く活用して捌きたい。

闘技場(Arena)

コンボ

  • 幽霊民兵/Phantom Militia:1枚で3カウントも進められるため、最低限これ2枚+挑発ミニオン1枚あれば最速で後攻9Tには達成できてしまう。6T、3Tの動きもカバーできるため優秀。
  • ストーンヒルの守護者/Stonehill Defender:1枚で挑発を2枚以上用意できる。
  • キュレーター/The Curator》:同じウンゴロパックに挑発を持った獣とドラゴンがいるため、キュレーター1枚で挑発を3体用意できる。
  • 魚のエサ/Sleep with the Fishes》:挑発ミニオンは攻撃力がやや低めで、相手の場に傷ついたミニオンが並ぶ様にトレードされる事が多い為に相性が良い

デッキ

メモ

  • 筆頭家老エグゼクタス/Majordomo Executusでも同じヒーローパワーを全クラス獲得可能だったが、ラグナロス変身時に最大体力が8になってしまい装甲も吹き飛ばしてしまうという深刻な弱点があり、極一部のファンデッキでしか採用されていなかった。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:活火山の頂上に行けるのがハゲだけなのはな~ぜだ? 答え、煙(毛、無理)
  • 英:Why does an active volcano need to be defended? To save its ash.

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。