• TOP>
  • ストーンヒルの守護者/Stonehill Defender

ストーンヒルの守護者/Stonehill Defender

最終コメント:1日前

TOP > 中立コスト3 > ストーンヒルの守護者/Stonehill Defender

UNG.jpg


《ストーンヒルの守護者/Stonehill Defender》は中立のレア・ミニオンカード。


ストーンヒロの守護者.png
種族テキスト
挑発(Taunt)雄叫び(Battlecry)挑発(Taunt)を持つミニオン1体を発見する。

入手法

大魔境ウンゴロカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は100で、還元で手に入る魔素は20。
ゴールデンカードに必要な魔素は800で、還元で手に入る魔素は100。

戦略

使えるヤツを知っているサル。いやカメ。
スタッツ合計は2マナ相当だが挑発(Taunt)持ち、それでいて発見(Discover)できるので手札が減らない。
1/4という極端に攻撃力の低いスタッツはあまり嬉しくないものの、仁義なきガジェッツァンの発見サイクルが体力低めであっさり処理されがちなのに対して、タフで挑発持ちなので相応に手数を費やさせられるという点は良い。
対アグロでは1枚で2枚の壁を確約する理想的な1枚、それ以外のデッキに対してもハンドアドを失わず出せるミニオンとして汎用的に働く。

ウォリアークエストファイアプルームの中心で/Fire Plume's Heart》との相性はかなり良い他、
ティリオン・フォードリング/Tirion Fordring》を筆頭に強力な挑発持ちレジェンドを3種有するパラディンや、パラディンほど強烈ではないがレジェンド2種を含めて挑発ミニオンを豊富に持つシャーマンとも好相性。
構築ではファイアプルームの中心でを使ったデッキには勿論、《太陽の番人タリム/Sunkeeper Tarim》や《ウィッカーフレイム/Wickerflame Burnbristle》を取ってこれるミッドレンジパラディンにも採用されている。

闘技場(Arena)

発見(Discover)ミニオンの中では優秀なスタッツ。
こいつ自身を発見し続ける……のは流石にあまり意味がないが、やはり後続が続くのは中々便利だろう。
固有の挑発ミニオンを持つクラスであればそれらを狙うことが出来るし、
持たないクラスでもピック出来なかった挑発ミニオンを狙えるということもあって
どのクラスでも3マナレアミニオンの中ではかなり高めの評価。

コンボ

デッキ

メモ

シルバーバックの長/Silverback Patriarch》と比べてはいけない。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:そこの「挑発」を持つミニオンの君!仕事の口があるぞ!ストーンヒルに集合じゃ。

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。