• TOP>
  • 最後のカレイドサウルス/The Last Kaleidosaur

最後のカレイドサウルス/The Last Kaleidosaur

最終コメント:7日前

TOP > パラディンのカード > 最後のカレイドサウルス/The Last Kaleidosaur

UNG.jpg


《最後のカレイドサウルス/The Last Kaleidosaur》はパラディンのレジェンド・呪文カード。
最後のカレイドサウルス.png
種族テキスト
クエスト:自分のミニオンに呪文を6枚使う。報酬:ガルヴァドン/Galvadon
Galvadon.png
種族テキスト
雄叫び:5回適応する。

入手法

大魔境ウンゴロカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

パラディンのレジェンドクエスト。4.5マナ相当のスタッツに1マナバフカード5枚分。計6マナのミニオンとしては勿論強い。
…のだが、現状だと評価は低い。

最大の原因は報酬の弱さだろう。
多くのクエスト報酬は8/8のスタッツに加えて非常に強力な能力を有しているが、ガルヴァドンは5/5であり、8/8に到達するまでに少なくとも2回の適応を費やしてしまう。
残り3回の適応で他のクエスト報酬の能力に肩を並べられるかというと厳しい。
実際のところ多くのクエスト報酬は10マナミニオン以上の力を秘めているが、ガルヴァドンにそれだけの力があるとは言いにくいだろう。

クエスト達成だが、自ミニオンにバフを6回使用する必要がある。
ヒロパがあるとはいえ、こちらの場にミニオンが居ないと腐るバフカードを大量にデッキに積むのは事故率が高くなってしまう。

報酬のガルヴァドンは雄叫びで5回適応する。
隠れ身と疾風を選んで攻撃力+3を3回取れば次のターンには28点ものダメージを出せる。

しかしパラディン専用レジェンドの例に漏れず単体ミニオンである。他のクエスト報酬ミニオンと異なり、本体が処理されると後に何も残らない。
処理する方法は主に全体確定除去である。また凍結や秘策、挑発ミニオンといった足止めも専用構築になって除去カードが積みにくいクエストパラディンには非常に有効。
上手く適応させることが出来れば確かに強いのだが、現状だとクエスト達成難度と報酬の質が釣り合っていないのが難点。

達成条件自体はそれほどデッキ構築を縛るものではないので、今後パラディンのバフカードのインフレが進めば化けるかもしれない。

闘技場(Arena)

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日: 「不可能です!」両目に恐怖を浮かべ、シルバーハンド新兵は叫んだ。
    ウーサーは首を振ると、光を捉えるまでクリスタルを回して言った。「生命は生き延びる術を見つけるものだ」
    • 映画『ジュラシック・パーク』の台詞“Life finds a way.”が元ネタ?

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。