• TOP>
  • 偉大なるゼフリス/Zephrys the Great

偉大なるゼフリス/Zephrys the Great

TOP > 中立コスト2 > 偉大なるゼフリス/Zephrys the Great

突撃!探検同盟


《偉大なるゼフリス/Zephrys the Great》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


偉大なるゼフリス
コスト名前種族レアリティテキスト
2Mana偉大なるゼフリス/Zephrys the Greatエレメンタルlegendary雄叫び:自分のデッキに重複するカードがない場合「勝利のカード」の願いを叶える。

入手法

突撃!探検同盟カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

最強と褒め称えられる「画面に見えている情報を元に、AIが必要なカードを判断し提供する」というトンデモ効果を持つ切り札ミニオン。
ただし安定した効果の発動にはハイランダー構築が要求され、大きなリターンを得るには能力の挙動についての造詣が求められる。

主な使い方は二通りある。
一つは「現状を打破するためのカードを探す」使い方。
この場合は剰余マナが多いほど選択肢が広がるため最初にゼフリスを出すと良いが、具体的に欲しいカードがある場合は剰余マナを調整してからゼフリスを出すと良い。
ただし、ゼフリスはスタッツで敵ミニオンの脅威度を測定しているため厄介な能力を持つが攻撃力が低いミニオンを除去するためのカードを提示することは少ない。

もう一つは「あのカードがあれば勝てる」を実現する使い方である。
ゼフリスは自分の手札内容を考慮しないため、必要なカードを先に切ってから最後にゼフリスを出す。

もうひと押しすれば勝てる →《内なる悪魔/Inner Demon》、《ファイアーボール/Fireball》、《溶岩爆発/Lava Burst》、《魂の炎/Soulfire
全体バフすれば勝てる → 《血の渇き/Bloodlust》、《獰猛な咆哮/Savage Roar
挑発をどければ勝てる → 《大いなる解呪/Mass Dispel》、《影の炎/Shadowflame》、《沈黙/Silence
内なる炎で勝てる → 《内なる炎/Inner Fire

以上のフィニッシャーを想像して準備する。
特に《血の渇き/Bloodlust》はリーサル圏が広いので、初心者はとりあえずこれだけ意識していれば良いだろう。

基本的にハイランダーデッキ用のカードではあるが、効果の発動可否は対戦開始時ではなく雄叫び発動時に決定される。
そのため《マイラの不安定元素/Myra's Unstable Element》でデッキを空にすることで条件を満たしたり、
コントロールウォリアーのような持久戦デッキで重複するカードが無くなった終盤に効果を発動したり出来る。
除去、大型、引導火力等のカードを引っ張れるため《シェフ・ノミ/Chef Nomi》の亜種としてしばしば採用される。
これは反対に爆弾やケガレた血を複数埋められると不発する事でもあるので注意されたし。

その他、使用時は下記に留意するとよい。

  • 相手が復活デッキであっても呪術や動物変身が出易くはならず、大抵はコスパの良い破壊手段が優先されてしまう。相手の大型ミニオンが断末魔を持っていると呪術が現れやすい。
  • 断末魔などミニオンが持つボード効果の有無は考慮されているが、効果の内容は考慮されていないと思われる。
  • 相手が武器を装備していても、武器のスタッツが低いほど破壊手段が出にくいと思われる。
  • ロウゼブ/Loatheb》等により呪文のコストが上がっていることは考慮されていないと思われる。

FAQ

Q:「~で勝てたのに選択肢に出なかった。バグだ!(怒)」
A:「いいえ、あなたの計算ミスです。リーサルに届いていません。」
A:「いいえ、あなたの無知です。そのカードは基本カードでもクラシックカードでも無いので選択肢に出ません」
A:「いいえ、あなたの判断ミスです。自分の手札内容は考慮されません。《猟犬を放て!/Unleash the Hounds》を生成し手札の《血の渇き/Bloodlust》を使うプランは最初からありません。」

闘技場(Arena)

「基本的にカードは選べないため、強力なカードも複数投入されるかどうかは運次第。よって(ピック次第だが)問題なく強い。」
(《レノ・ジャクソン/Reno Jacksonp 》のページより引用)

コンボ

デッキ

  • あらゆるハイランダーデッキ:入れない理由がない。

メモ

「勝利のカード」は基本カードかクラシックカードの中から選択される。
また、自分の手札内容は考慮されない。

  • 「勝利のカード」の願いとは、盤面上の見えている情報から現在の状況に合わせたカード3枚が表示され、選んだものが手札に加わる。使用する事で勝利できる(とCPUが判断した)カードがある場合には、確実に提示されるとの事。「見えている情報」とは、残り体力・山札・手札枚数・場に出ているミニオン等のことである。自分の手札内容は考慮されない。
    • ミニオンの能力を細かく判定しているわけではない。スタッツや何らかの能力を持っているかくらいしか考慮せず、断末魔の内容や常動能力は一切考慮されない。
  • 炎の王ラグナロス/Ragnaros the Firelord》などの栄誉の殿堂入りをしたカードは基本やクラシックのカードセットからは除外され、独立したカードセットとして扱われているため、例えワイルドであってもこのカードから入手することはできない。
  • 特に何の問題もない状況で出した場合は、《ティリオン・フォードリング/Tirion Fordring》等の単体のカードパワーが高いカードを提示してくる。
  • なお、ゼフリスは敵ミニオンの断末魔の脅威をプレイヤーほど正確に把握していないため《沈黙/Silence》の優先度が低めである。詳しくはこちら (外部サイト・英語)

パッチ修正

2019.08.10 AIのバグ修正とアップデート

  • 聖なる盾を適切に処理しなかったバグの修正
  • 時折猛毒を適切に処理しなかったバグの修正
  • 攻撃力0のミニオンをバフすることで攻撃できるということを認識していなかったバグの修正
  • 終末予言者の仕組みを教えた

2019.08.27 バグ修正

  • 武器破壊に関する不具合を修正
  • 特定のカードが候補に挙がらない不具合を修正
  • ヒーローパワーに関するいくつかの不具合を修正
  • 裏切り/Betrayal》に関する不具合を修正
  • アレクストラーザ/Alexstrasza》に関する不具合を修正
  • 自分のミニオンの凍結を解除すればリーサルになる場合に、沈黙系カードが候補に挙がらなかった不具合を修正
  • リーサルを取れる可能性のある選択肢として、沈黙系カードが候補に挙がりやすくなった
  • 同一ミニオンに複数の断末魔がある場合、正しく計算していなかった不具合を修正
  • 「このターンに回復」と「次のターンに回復」に対する価値判断を改善

2020.03.27 フェニックス年への移行に対応

  • 栄誉の殿堂入りしたカードが選択肢から削除
  • プリーストの追加カードとデーモンハンターの基本カード(4月8日から)が選択肢に追加
  • 急襲ミニオンを最大限に活用して挑発を除去し、可能な顔面ダメージを最大化できるよう、シミュレーションの攻撃順序を改善
  • 相手の陣地がいっぱいの時に凍結系カードを提示する確率が上昇
  • すでに敵が凍結しているにもかかわらず、凍結系カードが提示される場合がある不具合が修正
  • 照明弾/Flare》と基本コストが10より高いミニオンに対する価値判断を改善
  • 既にそのターンに攻撃済みのミニオンに対しても《疾風/Windfury》を使用するように変更
  • 回復系カードの提示が必要かを判断する際に、相手の武器や凍結状態を考慮する計算のいくつかの不具合が修正

フレイバーテキスト

  • 日:「いやいやいや、ホントに勝利のカードだってば、あんたが使い方をわかってないだけで」
  • 英:"Of course it's perfect, you're just not seeing how to use it."

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。