• TOP>
  • 野生の繁茂/Wild Growth

野生の繁茂/Wild Growth

TOP > ドルイドのカード > 野生の繁茂/Wild Growth

《野生の繁茂/Wild Growth》はドルイドのベーシック・呪文カード。


DRUID_jaJP_WildGrowth
コスト名前レアリティテキスト
3Mana野生の繁茂/Wild Growthp -空のマナクリスタルを1つ得る。
過剰マナ
コスト名前テキスト
0Mana《過剰マナ/Excess Mana》p カードを1枚引く。(溜められるマナの上限は10)

入手法

初期から2枚所持している。
ゴールデンカードはドルイドのレベルが23,26になるとそれぞれ入手できる。

戦略

  • ドルイドのかつてのマナ加速戦略を象徴していたカードの一枚。
    • マナクリスタルが1つ増えるため、以後のターンは一回り重いカードを使えるようになる。
  • これ自体のコストが3マナで盤面に影響は無いためボードアドバンテージもハンドアドバンテージも失ってしまうが、次ターンからの重カードで(単純計算で3ターン後に)取り返し、逆転できるだろう。
    • 最速3ターン目に使用した場合だと7ターン目から利用可能なマナの総量がプラスへと転じる。
    • しかし逆に言えば遅くとも6ターン目までに使用しないとマナ総量の観点では利がなく、中盤以降に引いた場合はあまりにも弱い。
  • 現在はコントロールデッキですら3マナ枠では《狂暴な遠吠え/Ferocious Howlp が優先されて完全に廃れてしまっている。
    • あちらはゲーム後半に引いてきても困らない丸い性能をしているため、腐りやすいこちらより優先されるのは当然である。
    • 最速で唱えられた場合のアドバンテージはあるので、《偉大なるゼフリス/Zephrys the Greatp 経由でしばしば利用されるに留まっている。

闘技場(Arena)

ナーフの影響で取る価値が薄れた。他がどうしようもなく酷い場合を除き、取るべきではない。

コンボ

メモ

  • 10マナある状態で使うと「0マナ/カードを1枚引く」という上記の《過剰マナ/Excess Mana》p に変化する。(9マナ時点で撃った場合は出ない。マナ加速にもならず完全に無駄打ちなので注意)
  • MtGの類似カードに肖り「ランパン」等と呼ばれる場合がある。別のゲームの用語を使うのは決して褒められた行為ではないが、雑多な情報を集める場合は知識として役立つだろう。
  • はっきりとはわかりにくいが、カードイラストの右側に移っているのは《セナリウス/Cenariusp である。フルアートワークだとわかりやすい。
    野生の繁茂

類似カード

ミニオン

スペル

フレイバーテキスト

  • 日:このマナクリスタル栽培キットで、自分だけのマナクリスタルを育てましょう!気になるお値段はたったの3980円!
  • 英:Grow your own mana crystals with this Mana Crystal Growth Kit, only 39.99!

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。