• TOP>
  • 影隠れ/Shadowstep

影隠れ/Shadowstep

TOP > ローグのカード > 影隠れ/Shadowstep

《影隠れ/Shadowstep》はローグのコモン・呪文カード。


影隠れ.png
0Mana.png影隠れ/Shadowstepp.png common.pngあなたのミニオンを対象とする。それをあなたの手札に戻す。そのカードを出すとき、マナコストは2少なくなる

入手法

クラシックカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは40で、ディスエンチャントで5ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが400必要で、ディスエンチャントで50ダスト手に入る。

戦略

  • 完全にコンボに特化したカードで、単体では何もしないが基本的には雄叫び(Battlecry)突撃(Charge)と手を組んで悪さをするために使う。
    主に《コールドライトの託宣師/Coldlight Oraclep.png を使いまわすミルローグや何度も同名カードを召喚するクエストローグで使われる。
    怪盗紳士やヴァイルスパイン・スレイヤーを採用しているミラクルローグにも採用される事がある。
    かつては《リロイ・ジェンキンス/Leeroy Jenkinsp.png と手を組んでバーストダメージ要員も担当していたのだがリロイ君のほうがNerfされ相方共々使用率が落た。

闘技場(Arena)

  • 良質な相方がピックできるとは限らず、ピックできたとして試合中に引けるとは限らない闘技場(Arena)では残念ながら最低クラスのピックになってしまう。
    単体では戦闘を終えたミニオンを戻して出しなおしたりするのが関の山で、とてもカード1枚を使ってやることではない。

コンボ

  • さまざまな雄叫びや突撃とコンボを形成する。サイズ普通でオマケ程度に雄叫びがあるような奴を戻しても大して強くないので、雄叫びが強力でサイズ控えめなミニオンと手を組みたいところ。
  • 雄叫び
    • コールドライトの託宣師:お互いに2ドローした後引っ込めて1マナで2ドローする。ミルローグのエンジンの一つ。
    • ヴァイルスパイン・スレイヤー:使いまわしの利く暗殺。
  • 突撃
    • リロイ・ジェンキンス:5マナで6点パンチ、戻して3マナでもう一度6点パンチ、8マナ2枚12ダメージのバーストなのでNerf後もそこまで弱いわけではないのだが、単体だと弱いカードのコンボとしては少し物足りないか。
  • その他
    • エドウィン・ヴァンクリーフ:出して戻してまた出すだけでとりあえず4マナ2枚6/6。Comboの使用回数を稼げるカードなため、サイズが膨らみやすい。

メモ

パッチ修正

  • Alpha patch 2 (2013-08-12): 戻したカードのマナコストを少なくする効果を追加。(初期は0マナで戻すだけだった)

フレイバーテキスト

  • 英:Rogue dance troops will sometimes Shadowstep away at the end of a performance. Crowds love it.
  • 日:ローグのダンスグループは、踊りの締めに影隠れを使って消えてみせる。観衆は大喝采だ。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る
編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。