• TOP>
  • エレクトラ・ストームサージ/Electra Stormsurge

エレクトラ・ストームサージ/Electra Stormsurge

TOP > シャーマン > エレクトラ・ストームサージ/Electra Stormsurge 

bdp


《エレクトラ・ストームサージ/Electra Stormsurge》はシャーマンのレジェンド・ミニオンカード。


エレクトラ・ストームサージ
種族テキスト
エレメンタル雄叫び:このターン、自分が次に使用する呪文は2回使用される。

入手法

博士のメカメカ大作戦カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

みんなの評価投票

コメントに君の投稿した評価と、その理由を書いてみよう!

戦略

シャーマンのレジェンドミニオン。そのターン中、次に使用した呪文を2回発動することができる。
3マナとしては十分なスタッツとエレメンタル種族を持ちつつ、低マナの割に強力な効果を持っている。
効果が適用されるのはこのターン中であること、また次に使用する呪文だけであることに注意。
コインから別の呪文を使用する場合は先にコインから使用しないと、フレイバーテキストよろしく悲惨な目に遭う。
また対象を指定する呪文についてはランダムな対象に使用されそうな印象を受けるが、同一の対象に対して再度呪文が使用される。
安定した運用が可能である反面、オーバーロードについては2回分溜まってしまうため注意。

回復から除去、バフからリーサルのお供まで非常に柔軟に使用できるカードだと言える。
性質上、呪文ダメージとも相性が良い。
相性の良い呪文については、下記のコンボ欄を参照。

闘技場(Arena)

闘技場で効果を活かす事は少々難しいが、悪くないスタッツにエレメンタルがあるため素出しも可能。
他のレジェンドがイマイチな時に無難な選択肢として取る事になるだろう。

コンボ

単純だが強力なカードであり、呪文にあきたらずミニオンとすらシナジーが見込める。
故に、特別シナジーのある呪文に限定して記す(★は特に実用性の高いコンボ)。


【スタンダード】 
・《祖霊の導き》:計5マナ。ミニオンが死亡すると2体復活する。擬似《肉食キューブ》。デッキを組む際は《祖霊の導き》のページを参考にすると良いだろう。
★《大地の力》:計5マナ。+4/+4しつつエレメンタルミニオンを2枚手札に加える。極めて強力なコンボで、3/3をだしつつ、《王の祝福》うち、手札も補充できる。《エレクトラ・ストームサージ》自身にうてば、さながらエレメンタル版《ネプチュロン》のよう。性質上、エレメンタルデッキとの相性が特に良いが、どちらもエレメンタル寄りの構築でなくとも使えるカードであるのもすばらしい。
・《癒しの雨》:計6マナ。驚異の24点回復。ほぼ大金持ちになれるぞ!
★《ライトニングストーム》:計6マナ。4~6ダメージを相手ミニオンに与える。オーバーロードが重く、雑に使って強いわけではないがテンポがとれる。聖なる盾に強い《フレイムストライク》のような性能。
・《遠見》:計6マナ。計2ドローし、それぞれを3コスト軽減する。ムラも隙も大きいがコントロール対決なら比較的ローリスクで狙える。またこのカードで《エレクトラ・ストームサージ》を引いた場合、コンボに要するマナが軽くなるため、不意を突くことが出来るだろう。
★《血の渇き》:計8マナ。全ての味方ミニオンに攻撃力+6する。非常に強力で、攻撃力0のミニオンでも5体いれば合計30点でる。1ターン限りだがその威力は破格。二体でも12点上昇するため、無理に展開せずとも20点くらいは軽く出てしまう。盤面処理に使っても悪くない。
・《エウレーカ!》:計9マナ。自分の手札のミニオンのコピーをランダムに2体召喚。5〜6コスト程度のミニオンを召喚してもさほど強くないため、出すなら最低でも7コスト以上のミニオンにしたい。当然だが雄叫びは使えないので組み合わせるミニオンは吟味したい。


【ワイルド】
・《進化》:計4マナ。味方全体のミニオンを二回、コストの1高いミニオンと入れ替える。やや不安定だが強力なコンボ。最悪でも5マナのミニオン一体は出せる。
★《メイルシュトロームのポータル》:計5マナ。敵全体に1点を二回、1マナミニオン二体を召喚する。極めて強力なコンボで、相手にミニオンがいなくても自陣にミニオン3体計5マナ分展開でき、呪文ダメージが1でもあれば《フレイムストライク》並の威力をたたき出せる。他のAOEとのコンボに比べ、オーバーロードがなく、テンポもとれる。処理と同時に展開をする性質上、《炎の舌のトーテム/Flametongue Totem》や《進化》、《血の渇き》などにも自然につなげられる。
★《バリバリ》:計5マナ。3〜6ダメージを二回、同じ対象にとばす。極めて強力なコンボで、最低でも《ファイアーボール》1発分、最高で2発分のダメージを出せ、オーバロードも2しか発生しない。呪文ダメージがあれば巨人すら確定で除去できる。
・《精霊崩壊》:計6マナ。全体に4〜5ダメージを二回繰り返す。巨人や聖なる盾に強く、6ターン目に使用すればほぼ間違いなく盤面を更地に出来る。多くの場合で《火山噴火》より効率良く盤面を処理できる。次のターンは10マナロックされる上、テンポもとれないが、《豪雪の巨人》や《溶岩の衝撃》などのカードとは強力なシナジーを形成する。オーバーロードを利用した重めのデッキでは重宝するだろう。
★《翡翠の稲妻》:計7マナ。同じ対象に4点を二回繰り返し、最低でも1/1と2/2の翡翠ゴーレムを召喚する。非常に強力で、テンポもとれ、バーストとしても使える上、オーバーロードもない。《翡翠の稲妻》が自己完結しているのも良い。翡翠はエレメンタル寄りの構築も可能なため《大地の力》も採用しやすい。

デッキ

メモ

  • 呪文相殺》された場合、使用した呪文はキャンセルされるが、2回発動自体はキャンセルされていない。よって別の呪文を使えば、そちらが問題なく2回使用される。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日: 「『コイン』?お前は『コイン』のために私を使ったっていうの?!」

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

{{error}}
※ただいま集計中です。
  • {{page.rank}}
    {{page.name}}
    ({{page.count}} {{page.count > 1 ? 'views' : 'view'}})
編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。