• TOP>
  • 炎の舌のトーテム/Flametongue Totem

炎の舌のトーテム/Flametongue Totem

TOP > シャーマン > Flametongue Totem

《炎の舌のトーテム/Flametongue Totem》(フレイムタング・トーテム:火の舌のトーテム)はシャーマンのベーシック・ミニオン


炎の舌のトーテム.png
2Mana.png炎の舌のトーテム/Flametongue Totemp.png -隣接するミニオンは+2/+0を付与する。

入手法

シャーマンのレベルが4になると2枚入手できる。
ゴールデンカードはシャーマンのレベルが43,44になるとそれぞれ入手できる。

注意点

  • このカードを運用する面において少し重要な話で、シャーマンのヒーローパワーのトーテムは常にフィールドの右端に召喚されることに注意
    初心者がやりがちな例として後のことを考えず左端に近い位置にこれを配置し、ヒーローパワーのトーテムを使えていないケースがある
  • 隣接ミニオンを特攻死させれば、その隣にいたミニオンが隣接ミニオンになる、ということは肝に銘じておきたい
    仮に右にトーテムが3体並んでいたら、対ミニオンにおいて+6点分の火力として数えられるのである
    これを活かすために、特攻させやすい弱いミニオンはトーテムと一緒に右に置き、特攻させたくない強いミニオンは左に置いておくというプレイングが考えられる
    もちろんこれが常に正しいわけでもないので、自分なりに考えていきたい
  • このカードの影響下にあるミニオンが《イカレた錬金術師/Crazed Alchemist》・スペアパーツ(Spare Parts)?の入れ替え効果を受けた場合
    攻撃力が上がったまま体力に置き換わり、反転した後のパラメータからさらに+2/0される

戦略

  • 両端のミニオンに+2/0をするという効果はとんでもない奇襲性があり、たいていのデッキに2積みされている。もちろんヒーローパワーとの相性もよい
    Shamanのデッキはこのカードがある前提でミニオンの選定をされる傾向にあり、《呪われた蜘蛛/Haunted Creeperp.png なんかがよく手を組んで悪さをしている
    ただし当然ながら戦闘を受けると一方的にやられてしまうので、できるだけボードをクリアするなり、挑発(Taunt)を横につけるなりして運用できる時はしよう。スペルで除去される分には損はしていない

闘技場(Arena)

  • 構築で通用する戦闘補助がArenaで通用しないわけがなく、当然ながらピック優先度はかなり高い部類に入る
    しかし、2マナでこそあるが1、2ターン目に出せるカードではないことに注意、また、構築と違って相性のいいカードばかりで固めることもできないのでいつ出しても強いわけではない
    この性質上大量に集めてもダブつきやすく、ピックの枚数ごとに価値が下がるタイプのカードで、3枚目くらいからは流すことも考慮したい

コンボ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:トーテム職人は、材料にレアな木材を使うのが好きなんだ。鉄の樹皮の守り手を材料にしたトーテムまであるって噂もあるぞ。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。