• TOP>
  • クエストメイジ

クエストメイジ

TOP > デッキ一覧


クエストメイジは、メイジのコントロールデッキである。
このデッキはワイルドルールでしか使用できないので注意

レシピ

クエストメイジレノクエストメイジ
通常型ハイランダー型
過去のデッキを表示する



デッキ概要

続けて自分のターンを行うという非常に特殊なメイジのクエストカード、《ウェイゲートの開門/Open the Waygate》に注目し、
2ターンないし3ターンかけたバーストダメージでの勝利を目標としたコンボデッキである。


勝利プラン

時空歪曲により得られるエクストラターンで1ターンキルを狙う。

通常型は最速でのクエスト達成を目指し、7~8ターン目までには2種の巨人と時間歪曲をプレイし相手を倒し切りたい。

ハイランダー型は大抵の場合による《大魔術師ヴァルゴス/Archmage Vargoth》と時空歪曲のコンボで獲得する2ターンで相手をしとめる。
ハイランダーカードのバリューで相手を押し切ることもある。

戦略

基本的にはドローを進め、コンボパーツを集めていく。

通常型
魔法使いの弟子/Sorcerer's Apprentice》+《マナ・サイクロン/Mana Cyclone》の相性は抜群で、ここに《エレメンタル喚起/Elemental Evocation》が加われば手が付けられないほど暴れだす。
コントロールデッキにはめっぽう強いが、《シューティング・スター/Shooting Star》や《ミラーイメージ/Mirror Image》が採用されていないこのリストではアグロにとても弱い。
そのため、巨人を早いターンにプレイしたり《フレイムウェイカー/Flamewaker》を上記コンボに組み合わせたりして盤面を取り返す必要がある。

ハイランダー型
爆発力は落ちたものの、2種のレノ・ジャクソンを代表とするパワフルなハイランダーカードによって対アグロ性能を高めたアーキタイプ。
アグロデッキに対してはハイランダーカードで猛攻を防ぎつつそのまま時空歪曲や巨人と絡めて押し切り、コントロールに対してはじっくりパーツを集めて大魔術師ヴァルゴスと時空歪曲で確実に倒しきる。
ブラン・ブロンズビアード/Brann Bronzebeard》はゼフリスやカザカスと合わせるイメージが強いが、このデッキだと認可冒険者との相性がかなり良い。

キーカード解説

  • ウェイゲートの開門/Open the Waygate
    言うまでもなく、このデッキの核であるカード。
    報酬は時間歪曲。もう1ターン分行動できるという簡素なテキストで、他のカードゲームでも見かけることのある効果である。
    スタン落ち前は手間がかかる遅いデッキに対するメタ程度であったが、下記カード追加によりTime walkやボルバルザークよろしく凶悪なカードとなってしまった。
  • マナ・サイクロン/Mana Cyclone
    このカードの追加により、クエストメイジというアーキタイプが日の目を浴びることとなった。
    大量の呪文を得られるため、回れば5~6ターン目に達成してることもしばしば。

その他採用カード

通常型

ハイランダー型

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。