• TOP>
  • ドレッドスティード/Dreadsteed

ドレッドスティード/Dreadsteed

TOP > ウォーロックのカード > ドレッドスティード/Dreadsteed






《ドレッドスティード/Dreadsteed》(戦慄の馬)はウォーロックのエピック・ミニオンカード。


ドレッドスティード.png

入手法

グランド・トーナメントカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは400で、ディスエンチャントで100ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが1600必要で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。

戦略

倒しても倒しても蘇ってくる1/1。
まず欠点を書くと…

  • 攻撃力1というのがネック。
    • アグロ相手に4T目にこのミニオンを出しても余りに無力。
    • バーストデッキに対しては毎ターン打点を1点しか稼げないのは敗因に直結する。
    • プリーストとの対戦時には狂気ポーションやカバルの影の僧侶の絶好のカモ。
    • 凍血の魔王妃ジェイナの餌にされる恐れも。
  • 沈黙にも非常に弱い。

4マナ2スタッツと最低ランクのスタッツだが、完全に駆除するには沈黙(Silence)変身(Transform)、奪うなどする必要があるため、AoEなどあらゆる除去に強く、盤面にいつまでも残っていられる。すなわち相手によっては1/∞も同然となる。
ウォーロックの全体除去は味方を巻き込むものばかりだが、このミニオンは不死身であるため気にせず使うことができる(先に攻撃を忘れずに)。
またランダムダメージの囮としても非常に優秀であり、例えばヒーローパワーを「死ね、虫ケラ!」に変えるようなデッキに対してのカウンターとなる。

その唯一無二の能力から各種コンボの宝庫である。凄まじき力/Power Overwhelmingp.png などバフ(Buff)の対象にするのはもちろん、《バロン・リーヴェンデア/Baron Rivendarep.png や《ケルスザード/Kel'Thuzadp.png などで倍々に増やしてズラリと並べれば、相手のミニオンとトレードし放題の非常に厄介な存在になる。

デーモン(Demon)であるため《マルガニス/Mal'Ganisp.png で強化されるし、《悪魔感知/Sense Demons》でサーチすることもできる。

闘技場(Arena)

ボードアドが重要な闘技場においては盤面に残り続けるという点では他のミニオンと一線を画している…が、やはり1/1という貧弱なスタッツが足を引っ張る。

単純な殴り合いになると毎ターン一点飛ばせるだけではどうしようもなくなるので、他のエピックを取ったほうがいいかもしれない。

コンボ

  • 霊の歌い手ウンブラ:最速4T目で馬がボードを埋め尽くす究極コンボ。場合によっては邪魔になるので使いどころを考えよう。
  • バロン・リーヴェンデア/Baron Rivendarep.png :倍々増殖ん
  • ケルスザード:倍々増殖ん
  • アニマ・ゴーレム:孤独死させない。
  • マルガニス:大量に並んだ馬を強化し最大18点バーストを叩き込む。
  • 頽廃させしものン=ゾス:馬一枚で6体分を墓地に供給できる。
  • バーンズ:そのままの性能で飛び出す。
  • ノッゲンフォッガー市長:大量増殖した馬で敵のターゲットを逸らしまくる。
  • モゴール・ジ・オーガ:敵の攻撃を馬で捌く。
  • ヴォイド・クラッシャー:運が良ければデメリット無効化。
  • 凄まじき力/Power Overwhelmingp.png :気軽に+4/+4
  • 地獄の炎/Hellfirep.png :生き残る
  • ナイフ・ジャグラー/Knife Jugglerp.png 断末魔(Deathrattle)が発動するたびにPingダメージ
  • 生贄の契約/Sacrificial Pactp.png :ライフ回復。↑のバロン・リーヴェンデアとのコンボ用にも。

メモ

闘病の為に引退宣言をした古参プレイヤーであるCrescendo氏に対するスタッフからのメッセージによって生まれたというミニオン。
フレーバーテキストや「必ずフィールドに戻ってくる」という能力もそれを意識している。

・・・のだが、クラーケン年終了と共にスタン落ち。
同時に激励もスタン落ちして環境から消えた。
そしてヒーローを死なせるカードセットの実装と同時に下方修正されることとなり、
上記の美談は今や盛大なブラックジョークに成り下がってしまった。

パッチ修正

  • The Grand Tournament (2015.8):追加。

フレイバーテキスト

  • 英:Crescendo himself summoned this steed, riding it to victory in the Grand Tournament. Wherever he rides, an army of riders ride behind him, supporting the legendary champion.
  • 日:かのクレッシェンド自らが召喚し、これを駆ってグランド・トーナメントにて優勝したという乗騎。彼の往くところ、騎兵の一団が常に付き従い、この伝説の英雄の力となる。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。