• TOP>
  • 第一使徒リン/Rin, the First Disciple

第一使徒リン/Rin, the First Disciple

TOP > ウォーロックのカード > 第一使徒リン/Rin, the First Disciple

knc


《第一使徒リン/Rin, the First Disciple》はウォーロックのレジェンド・ミニオンカード。


第一使徒リン
コスト名前レアリティテキスト
6Mana第一使徒リン/Rin, the First Disciplelegendary(3/6) 挑発断末魔:「第一の封印」を自分の手札に追加する。
コスト名前テキスト
5Mana《第一の封印/The First Seal》2/2の悪魔を1体召喚する。「第二の封印」を自分の手札に追加する。
5Mana《第二の封印/The Second Seal》3/3の悪魔を1体召喚する。「第三の封印」を自分の手札に追加する。
5Mana《第三の封印/The Third Seal》4/4の悪魔を1体召喚する。「第四の封印」を自分の手札に追加する。
5Mana《第四の封印/The Fourth Seal》5/5の悪魔を1体召喚する。「最後の封印」を自分の手札に追加する。
5Mana《最後の封印/The Final Seal》6/6の悪魔を1体召喚する。「貪りのアザーリ」を自分の手札に追加する。
貪りのアザーリ
コスト名前種族テキスト
10Mana《貪りのアザーリ/Azari, the Devourer》悪魔(10/10) 雄叫び:相手のデッキを破壊する。

入手法

コボルトと秘宝の迷宮カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

ウォーロックに新たな勝ち筋を提供してくれるミニオン。
6マナ3/6挑発断末魔でカード1枚獲得という悪くないスペックだが、手に入る封印カードは手札枚数を減らさずミニオンを展開できるバリューカードである。
さらに《最後の封印》から手札に加える《貪欲のアザーリ》は雄叫びで対戦相手のデッキを破壊する。
ヒーローパワーを使用してカードの枚数差で優位に立つことが得意なウォーロックはデッキ枚数の減りが早く、本来ファティーグ戦に弱いのだが、アザーリを出せばファティーグ戦でも優位に立つことができる。

主な封印を解くタイミングは以下。

  • マナが余った時。
  • ファティーグを狙われているなど、ドローによるマナ消化を行いたくない時。
  • 相手が展開してこない時。(極端なコントロールデッキ相手ではしばしばある)
  • 展開しても、次のターンにAoEで殲滅される可能性が高い(或いは《終末予言者/doomsayer》を置かれているなど確実な)時。
  • DKでの復活や《ガーディアン・メディヴ/Medivh, the Guardian》の杖などとシナジーを狙える時。

ミル系やフリーズメイジなど、極端なコントロールにはデッキの破壊によるファティーグが刺さる。
ただし、アグロの場合は封印を解く隙を作ってもらえない上に、ほとんどの場合バリュー勝負にならないため、単なる壁で終わってしまう可能性が高い。
このカードをデッキの底から引いたり、沈黙され断末魔が発動しないことを考えると、このカードとは別の勝ち筋を用意しておいた方が良い。
そのためコントロールウォーロックが対コントロール用のサブフィニッシャーとして採用することが多い(メインは《頽廃させしものン=ゾス/N'Zoth, the Corruptor》やDK)。

封印の解除が進んだら、 《マナ呪縛/Mana Bind》、《呪文相殺/Counterspell》、《思念透視/Mind Vision》に引っかからないよう注意が必要。
特に《マナ呪縛/Mana Bind》は相手のほうが先にアザーリを出せてしまう上、こちらがアザーリを出そうとする場合10/10を1ターン放置することになるなど非常にリスクが高い。

マナアリの髑髏/Skull of the Man'ari》とは封印を解いていく際の盤面を補強してくれるが、アザーリを漏らしてしまうという致命的なリスクがある。
もし共存させる場合、相手に応じて髑髏を温存する、悪魔を引いたターンに最後の封印を解くことでなど工夫するか、合計69スタッツ+DKや《頽廃させしものン=ゾス/N'Zoth, the Corruptor》で復活するバリューカードとして運用することになる。

対策

闘技場(Arena)

微妙。単純なリソース量はかなりのものかつアザーリまでたどり着ければほぼ勝ちと言っていいのだが、盤面の取り合いが基本の闘技場では封印を解くときのテンポロスが許されないことが多い。
さらにアザーリ自体も盤面には一切効果を及ぼさないため出し辛いことも多い。
除去呪文が多いような、テンポロスを補えるようなデッキであれば一枚で勝ち筋を作れるため活躍できるだろう。
同じようにリソース供給に長ける《パイロス/Pyros》と比較すると、こちらは本体が挑発を持つことやアザーリの効果で勝り、あちらはマナカーブにある程度沿った動きができることと曲がりなりにもテンポ通りにミニオンを出せる点で勝る。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日: 署名して、封をして、彼女は滅びを届けて回る。
  • 英: Signed and sealed, she delivers oblivion.

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。