• TOP>
  • 学術スパイ/Academic Espionage

学術スパイ/Academic Espionage

TOP > ローグ > 学術スパイ/Academic Espionage

bdp


《学術スパイ/Academic Espionage》はローグのエピック・呪文カード。


学術スパイ
種族テキスト
相手のクラスのカード10枚を自分のデッキに混ぜる。それらのコストは(1)になる。

入手法

博士のメカメカ大作戦カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は100。
ゴールデンカードに必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。

みんなの評価投票

コメントに君の投稿した評価と、その理由を書いてみよう!

戦略

相手のクラスのカードを10枚自分のデッキに混ぜ、それらのコストを1にする。
運次第では5ターン目にティランタスが降臨する事もあり得る。無限の可能性を秘めたカード。

これが入ったデッキなら安心して大量ドロー出来るし、中途半端なミル系デッキに対してはメタカードにもなる。
ただし埋めたカードを引かなければ意味が無いため、マイラの不安定元素でデッキを空にしてから使うなどの工夫が求められる。
使ったターンは盤面に干渉しないのが難点。ハズレも相応に混じる。
パクローグでは肝心なテス・グレイメイン/Tess Greymaneなどを引き当てにくくしてしまう懸念もあり、早いターンでは使いにくい。

序~中盤にこれを2枚引いてしまうと隙だらけになってしまうため、採用する場合はピン差しを推奨。
おかわりが必要なマッチアップなら、DKの影分身や改造エレクで対応する。
現在はパクローグの他、ホッパーデッキやキングスベインデッキで使われている。

闘技場(Arena)

構築と違ってドローカードを確保することが難しく、せっかく埋めたカードを引けないまま終わってしまう事もある。
噛み合った時の爆発力は高いため総合的には平均やや上程度である。

コンボ

デッキ

メモ

  • 待ち伏せのガイスト/Skulking Geist》のページでも書かれているが、《待ち伏せのガイスト/Skulking Geist》の雄叫びが破壊するのは、元々のコストが1のスペルのみである為、
    ミニオンは勿論、スペルであっても元々のコストが1でない限りは《学術スパイ/Academic Espionage》で得たカードがガイストによって破壊されることはない。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日: 10枚目の「パイロブラスト」は何ともオーバーキルな気がした。

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。