• TOP>
  • 翡翠の偶像/Jade Idol

翡翠の偶像/Jade Idol

TOP > ドルイド > 翡翠の偶像/Jade Idol

MSG.png


《翡翠の偶像/Jade Idol》はドルイドのコモン・ミニオンカード。


翡翠の偶像.png
種族テキスト
選択- 翡翠ゴーレムを召喚する。または、このカードのコピーを3枚デッキに加える。

入手法

仁義なきガジェッツァンカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

注意点

  • 翡翠ゴーレムとは、召喚すればするほど大きくなるトークンミニオン。このゲームで自分が召喚した翡翠ゴーレムの数だけ+1/+1される。
    • 初めて召喚すれば1/1のミニオンとして召喚される。2回目に召喚したら2/2。3回目なら3/3で、10回目なら10/10として召喚される。

戦略

前半のモードは、翡翠ゴーレムの召喚数が増えるほど強力となるミニオン召喚カード。
2体目以降の翡翠ゴーレムを召喚するために使用する場合、マナ・コストに対して釣り合わないサイズのミニオンを1マナで召喚できる。

後半のモードは、このカード自体を3枚複製すると言うもの。
ファディーグダメージを狙うデッキ、相手のリソース切れを狙うデッキに対して、このカードは天敵と言って良いのではないだろうか。

また、低マナカードの常として、ガジェッツァンの競売人/Gadgetzan Auctioneerヴァイオレット・アイの講師/Violet Teacherと好相性。
ドルイドのドローはアジュア・ドレイク/Azure Drake滋養/Nourishが採用される程度で、ドルイドの手札補充カードはマナが余らず悩ましいと言われるがこのカードのコストが1である関係上そこまで噛み合いは悪くない。

唯一の欠点としては序盤で引いてきた際に単体で使用するにはあまり旨みがない、と言ったところだろうか。
序盤における単体での使用は、デッキのカードが増える事によりなぎ払い/Swipe等のカードが引きにくくなる、もしくはミニオンが盤面に影響し辛いため、調子に乗って使用すると自分の首を絞める事になりかねない。
ファンドラル・スタッグヘルム/Fandral Staghelmとの併用は強力だが、ほどほどに。

闘技場(Arena)

闘技場で翡翠カードを何枚も揃える事は難しい。このカードしか無ければ1マナ1/1でバニラ以下の性能。
デッキに混ぜる効果はガジェッツァンの競売人が居なければ真価を発揮しづらく、当然闘技場で揃える事は困難。
構築では強力なカードだが、闘技場ではレアピックの枠を潰す無価値なカードである。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日: 翡翠決闘ーー増え続ける翡翠の偶像にどちらかが圧し潰されるまでお互いに「デッキに混ぜる」を選択し続けるという、ブラックポー一家に伝わる恐るべき決闘方法。
    「ポー血統を叩くと翡翠決闘が増える」という童謡はこれに由来する。
  • 英:Shuffle or no guts.
    • 訳:デッキに混ぜられねえならテメェは腰抜けだ。

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。