• TOP>
  • 死人の手札/Dead Man's Hand

死人の手札/Dead Man's Hand

TOP > ウォリアー > 死人の手札/Dead Man's Hand

FST


《死人の手札/Dead Man's Hand》はウォリアーのエピック・呪文カード。


死人の手札
種族テキスト
自分の手札全てのコピーを自分のデッキに混ぜる。

入手法

凍てつく玉座の騎士団カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は100。
ゴールデンカードに必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。

みんなの評価投票

このカード、強い?
09%☆☆☆☆☆ 環境を変えるほど強い。メタの中心にいる
15%☆☆☆☆  文句なく強い。デッキによく入る
37%☆☆☆   強い。デッキに入ることもある
22%☆☆    普通。環境によってはチャンスもある
17%☆     弱い。使われない

コメントに君の投稿した評価と、その理由を書いてみよう!

戦略

自分の手札をコピーしてデッキに混ぜる。
場に何も影響せず、手札も減ってしまうが、デッキの枚数を最大9枚増やす事ができる。
ファティーグを見据えた長期戦を目指すデッキであれば有効。

下記の用途が考えられる。

  • 大量ドローする構築でのファティーグ対策。
  • 手札を重く強力なカードばかりに濃縮させてから使うことで、デッキの質を向上させてバリュー勝負に備える。
  • 招集効果や物騒な武装/Deadly Arsenalの弾を引いてしまった場合、それらをデッキに戻す。

即座にアドバンテージを稼げないカードを複数引いても困るため、通常のコントロール系デッキに採用するのであれば1枚で十分だと思われる。

死人の手札が2枚手札にある状態で撃つ事で、死人の手札(2枚目)のコピー(3枚目)をデッキに入れる事ができる。
そして更にそれを引き込んでから2枚目を撃てば、4枚目を作成できる。このループによりデッキ修復を繰り返し、相手にだけファティーグダメージを負わせる事もできる。
死人の手札を引き込むためのドローソースになり、またファティーグ後のダメージソースにもなるコールドライトの託宣師/Coldlight Oracleをこのループに組み込む事ができれば理想的。ミルウォリアー?で採用されている。

闘技場(Arena)

このカードは完全なコンボカード。
闘技場で取る価値は全く無いと言っていい。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:ラグナロスと鎧職人の2ペア。そっちの手は?
  • 英:I got two pair, Rags and Armorsmiths. What you got?

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。