• TOP>
  • マナアリの髑髏/Skull of the Man'ari

マナアリの髑髏/Skull of the Man'ari

TOP > ウォーロック > マナアリの髑髏/Skull of the Man'ari

knc.jpg


《マナアリの髑髏/Skull of the Man'ari》はウォーロックのレジェンド・武器カード。


マナアリの髑髏.png
種族テキスト
自分のターンの開始時自分の手札の悪魔を1体召喚する。

入手法

コボルトと秘宝の迷宮カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

みんなの評価投票

コメントに君の投稿した評価と、その理由を書いてみよう!

戦略

手札の悪魔をランダムに1体召喚するレジェンドの武器。
自分のターン開始時に発動するが、悪魔の召喚はドローの前に行われる。

装備した次のターンから、手札のどんな悪魔でもコストを踏み倒して召喚できるのが最大の特徴。
ヴォイドロード/Voidlordを召喚できれば9コストを踏み倒して厚い壁を用意できる。
雄叫びは発動しないため、第一使徒リン/Rin, the First Discipleから手に入れたアザリを召喚しても意味が無い。しかし、それを逆手にとってドゥームガード/Doomguardなど雄叫びのデメリットを消すこともできる。
ワイルドであればマルガニス/Mal'Ganisを召喚するのも強力。

5マナ払うにもかかわらず、そのターンは効果を発動しないのが欠点である。
相手がアグロであれば出すチャンスを作りにくく、コントロールでも5マナ払って出したこのカードを、ハリソン・ジョーンズ/Harrison Jonesのような武器を破壊するミニオンで返されてしまえば苦しい戦いになる。
しかし、アグロに対してヴォイドロード/Voidlordを出せるなら一転して有利な状況に持ち込める。

また、悪魔を自動的に召喚してしまうのが欠点となる。
例えば、手札に悪魔を貯めている状況で枷を打ち砕きし者クラル/Krul the Unshackledが飛び出してしまったり、相手がミニオンの展開を待っている状況で握っておきたい悪魔を放り出してしまうなど。

このカード自体はバリューを持たない(むしろマイナスに働きうる)点にも注意。

類似する効果を持つカードにヴォイドコーラー/Voidcaller枷を打ち砕きし者クラル/Krul the Unshackledあるが、ヴォイドコーラー/Voidcallerとは悪魔を召喚するタイミングが作りやすい点、枷を打ち砕きし者クラル/Krul the Unshackledとはデッキ構築への大幅な制約がない点が異なる。

闘技場(Arena)

ドゥームガードやヴォイドロードと同時にピックできれば試合を決める程の強力さを持つが、そうそう上手くいく物ではない。
他のレジェンドがあまりにも酷く、悪魔を大量にピックできているのであれば採用候補。

コンボ

デッキ

メモ

  • 「マナアリ/Man'ari」とはアルガスに住んでいた種族が堕落し悪魔になったもの。元の種族名である「エレダー/Eredar」とも呼ばれる。
    ハースストーンに登場しているマルシェザール公爵/Prince Malchezaarロード・ジャラクサス/Lord Jaraxxus、焦熱の軍団の二大巨頭アーキモンド(Archimonde)とキルジェイデン(Kil'jaeden)が代表的。
  • やたら喋る。台詞は相手にも聞こえる。
    • 装備時:「全ては下僕となる!」「わしを召喚するとは何の騒ぎだ」「」
    • 自分のターンの開始時、手札に悪魔がある場合:「わしの境地に到達するには順序がある」「」

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日: 髑髏を信じるな。
  • 英: Don't trust the skull.

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。