• TOP>
  • 復活プリースト

復活プリースト

TOP > デッキ一覧

レシピ

スタンダードワイルド
復活プリースト(DoDスタンダード)
復活プリースト(DoDワイルド)

デッキ概要

大いなる復活/Mass Resurrectionカトリーナ・ムエルテ/Catrina Muerte等、プリーストに豊富に存在する復活系カードに注目したデッキ。
ただし、TCGではよくある「墓場」や「墓地」といった概念がないので、対戦中に死亡した自分のミニオンの中からランダムに○体復活という形がメインとなる(例外は永劫の隷属/Eternal Servitudeの発見からの復活)。
そのため、デッキに採用されるミニオンは「復活して嬉しいミニオン」か「復活効果を持つミニオン」のみとなるのが基本。
結果として、大型ミニオンや、手間の掛かる断末魔ミニオン、壁になる挑発ミニオン等、相手が対処せざるを得ないミニオンが多く採用され、相手の対処が追いつかなくなった辺りでゴリ押しを目指すのが主な勝ち筋となる。

傷を負った剣匠/Injured Blademaster等の軽いミニオンの復活を目指すテンポorミッドレンジ型のデッキも存在するが、それについてはコンボプリースト?等のバリエーションとなるので当該ページも参照のこと。

アグロデッキに対応しきれない場合がある等の弱点はいくつかあるが、中でも特徴的なのは動物変身/Polymorph呪術/Hex等の変身系カードやリロイ・ジェンキンス/Leeroy Jenkins等の相手の場にミニオンを召喚するカード。運次第ではあるが、ランダム復活の中に羊やカエル、チビドラゴン等が混じってしまうことになるので、攻めとしても守りとしてもパワーが大きく下がってしまう。
対策しようとしてできるものではないが、この系統のデッキを相手取る場合にも覚えていて損はない。

戦略

一部のコスト踏み倒しを除いて基本的には復活してほしい中~大型ミニオンを一度は普通に召喚して普通に破壊してもらう必要があるため、デッキが動き出すのはかなり遅くなる。
それまでは除去呪文や回復呪文で相手の攻撃を凌ぐことになるが、早いデッキに対しては自分のミニオンを展開するタイミングを作れるかどうかが肝となる。

ワイルドにおいて

基本的なコンセプトはスタンダードと変わらない。大きな違いはバーンズ/Barnes影の真髄/Shadow Essence等、放たれし激昂ヤシャラージュ/Y'Shaarj, Rage Unbound等の、復活以外でコストを踏み倒せるカードが存在すること。
このために強力な大型ミニオンが多く採用されるので、復活プリーストではなくビッグプリーストと呼ばれることも多い。
勿論大型ミニオンに限る必要はないので、メタに合わせてネルビアンの解絡師/Nerubian Unraveler悪運アホウドリ/Bad Luck Albatross、比較的軽めな挑発ミニオン等が好みで採用される。

また、バリエーションとして、マリゴス/Malygos預言者ヴェレン/Prophet Velen等を採用し、思念撃破/Mind Blast等で一気に大ダメージを狙うタイプも存在する。

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。