• TOP>
  • シークレットメイジ

シークレットメイジ

TOP > ワイルド攻略 > シークレットメイジ


シークレットメイジは、メイジアグロ/テンポデッキ。
マンモス年のキーカードがスタン落ちしたため、ほぼワイルド専用。

サンプルレシピ

ワイルド
秘策メイジ
魔素:4560
ダークムーン・フェア
過去のデッキを表示する



デッキ概要

シークレットメイジは、メイジのアグロ/テンポデッキである。
秘策に関する効果を持つミニオンが多く採用されているのが特徴。
本来テンポロスとなるはずの秘策カードだが、サーチやコストの踏み倒しによりそれを軽減、
セットした秘策で相手の効率的なプレイ、除去を防ぐことで、一方的にテンポアドバンテージを握ったまま勝利することを目標にしている。

突撃!探検同盟にて追加された《古代の謎/Ancient Mysteries》、《炎の護り/Flame Ward》、《魔力のフラックメイジ/Arcane Flakmage》、《雲の公子/Cloud Prince》の4種のカードをもらった秘策メイジにダークムーン・フェアへの招待状にて新カードが追加された。

オカルト召術師/Occult Conjurer》は秘策メイジに不足していた4ドロップの枠をすんなり埋め、《フェアのイカサマゲーム/Rigged Faire Game》は踏み倒せば0マナで3ドロー、発動しなくてもシナジーを生かせる優秀な1枚。
引いたカードをすぐに使える《ダークムーンの予言者セイジ/Sayge, Seer of Darkmoon》は5/5のボディのついた《アルネス》として入れ替えられたリストが主流である。

戦略

前半は《魔法学者/Arcanologist》や《キリン・トアのメイジ/Kirin Tor Mage》を軸に、盤面を取りつつ自分のミニオンを通すことを意識する。
後半は優秀なダメージ呪文と《アルネス/Aluneth》のドローを頼りに、やや盤面を放置気味にしてもライフに狙いを集中して詰めていく。
これが基本的なゲームプランになる。

基本マリガン

重要なのは《魔法学者/Arcanologist》と《マッドサイエンティスト/Mad Scientist》の2枚。
それ以外にも《古代の謎/Ancient Mysteries》や《カバールの下っ端/Kabal Lackey》+秘策(特にイカサマゲーム)のセットも検討したい。

魔法学者/Arcanologist》をキープ出来たら《キリン・トアのメイジ/Kirin Tor Mage》を、
マッドサイエンティスト/Mad Scientist》をキープ出来たら《メディヴの従者/Medivh's Valet》をセットで。

対パラディンやデーモンハンターなど、並べるデッキ相手なら《魔力のフラックメイジ/Arcane Flakmage》が欲しい。

キーカード解説

入れ替え候補

ダークムーン・フェア環境において上記リストの内、アイスブロックと呪文相殺を1枚ずつ削り、2枚目のイカサマゲームと《ネザーウィンドのポータル/Netherwind Portal》を1枚ずつ入れたリストがよく見られる。

ワイルドにおいて

突撃!探検同盟にて追加された《炎の護り/Flame Ward》と《魔力のフラックメイジ/Arcane Flakmage》でアグロ耐性を獲得した本デッキは、DoD環境においてもワイルドtier1デッキの一角として君臨している。

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。