• TOP>
  • ドクター・ブーム/Dr. Boom

ドクター・ブーム/Dr. Boom

TOP > 中立コスト7以上 > ドクター・ブーム/Dr. Boom

《ドクター・ブーム/Dr. Boom》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


ドクター・ブーム
種族テキスト
雄叫び(Battlecry):1/1のブームロボp を2体召喚する。警告:ロボは爆発する場合がある。

入手法

ゴブリンvsノームカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは1600で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが3200必要で、ディスエンチャントで1600ダスト手に入る。

戦略

スタンダード導入前のハースストーンを象徴する、異常なまでのコストパフォーマンスを持つミニオン。当時の環境では『最強のカード』とも呼ばれた。
本体自体が7マナ帯で最良値のスタッツに加え、死亡時に1~4ダメージをランダムな敵1体に与える1/1ミニオンを2体召喚する。

7マナ1枚で7マナバニラ+2マナ程度のミニオン×2と考えると非常に強い。

使い方も簡単で、ただ場に出すだけ。7ターン目に出てくるだけで非常に厄介な存在である。

このカードの強みは以下の3点。

  • 1対複数の交換を強制する
    基本的に7マナ7/7なら同じマナ帯のミニオンと相打ち可能、そこに厄介な能力を持つ1/1が2体も付いてくる形になっている。対策の《大物ハンター/Big Game Hunterp でさえもテンポでは勝るが、カードアドバンテージでは負けてしまう可能性すらある。
  • 単体で強い
    本体が7マナ弱、そこに2マナ弱のミニオンが付くと考えると、概ね3枚10マナ相当のバリューを誇る。これは《ボーンメア/Bonemare》や《奈落の始末屋/Abyssal Enforcer》さえも凌駕するバリューである。シナジーも関係なく、ほぼ全てのヒーローで使用できる。(最序盤の手札にない限り)優勢なら更に追い詰め、劣勢なら逆転のきっかけになる。何も考えずにデッキに投入し、手札にあるならそのまま盤面に出すことができる。
    その汎用性故まずこのカードを入手することが求められ、初心者の第一目標となったカードでもある。
  • 様々なカードとのシナジーが望める
    出てくる1/1はメカだし、雄叫びなので《ブラン・ブロンズビアード/Brann Bronzebeard》が居れば《ブームロボ/Boom Bot》が4体も出てくる。さらに断末魔もついてくるので《掘り起こされたラプター/Unearthed Raptor》でコピーする等もできるし、複数召喚なので《ナイフ・ジャグラー/Knife Juggler》、《獰猛な咆哮/Savage Roar》《競争心/Competitive spirit》等ともシナジーする。本当に色んなカードとシナジーしてしまう。

彼のためだけに《大物ハンター/Big Game Hunter》(通称BGH)を採用することが多くなり、そのせいで他の攻撃力7以上のミニオンが軒並み使いにくくなった。その点でも環境に与える影響も非常に大きいカードであった。
スタンダード導入と同時に行われたクラシックカードの調整において《大物ハンター/Big Game Hunter》のコストが上昇し弱体化したためさらにその強さに磨きがかかる。
さらに旧神のささやきでは《ブームロボ/Boom Bot》を再利用できる《頽廃させしものン=ゾス/N'Zoth, the Corruptor》が登場し、上記のシナジーも今なお増え続けている。

最大の弱点は、次の自分のターンまで仕事ができない点。
挑発もなく、《ブームロボ/Boom Bot》の爆発が断末魔である都合上、出した瞬間には相手の場に干渉することはできない。
これは7マナという重さも手伝って、特にアグロ相手には致命的である。

スタンダード導入前の構築ではアグロズーからコントロールコントロールウォリアーまで、僅かの極端なデッキを除けばほとんど全てのデッキに採用されていた。これを採用する為にミッドレンジを選ぶデッキも多かった。
周囲のカードパワーが大きく強化された近年のワイルド環境では「コントロールのフィニッシャー」としての地位こそ下がった(一枚で断末魔を二体出せるため《目覚めよ創造主/Awaken the Makers》デッキには採用される事もある)ものの、打撃力と対処のし難さを併せ持つ大型ミニオンであるため、多くのミッドレンジで切り札として使われていた。
そこからさらにインフレが進んだ現在ではその地位さえも失い、採用するデッキはほとんど見かけなかったが、《月を食らうものバク/Baku the Mooneater》の登場によって再評価され、主に奇数ローグなどのデッキで復活を果たした。

これほどのパワーカードですら、奇数デッキなどで構築を縛るという特殊な事情がない限り採用されないという事実は、このゲームのインフレの凄まじさを物語っているといえよう。

闘技場(Arena)

闘技場にスタンダードが導入された現在は出現しない。

コンボ

メモ

  • 外見と名前の元ネタは、マーベル・コミックの登場人物Dr.Doom と思われる。
  • Area52という中立の街の近くに居を構える危ないゴブリン。動かずに爆弾botを投げてくるだけなのでミニゲームとして遊ばれたり、弓や銃のスキル上げに使われていたちょっと可哀想なやつ。
  • ちなみに彼の頭がおかしくなった理由は、安全ヘルメットを忘れたまま爆発に巻き込まれたからだという。
  • 基本的に能力の持たないバニラはスタッツに優れるが、コイツは《戦のゴーレム/War Golem》の上位互換である。
  • あまりの強さと汎用性からDr.7という言葉を生み出し、以後、強力かつ汎用的なパワーカードはDr.X(Xはマナコスト)と呼ばれて揶揄されるようになった。
  • ハースストーン内で伝説となるほどの活躍ぶりからか、原作では地味なキャラにもかかわらず、博士のメカメカ大作戦で拡張セットの看板となり、ヒーローカード狂気の天才ドクター・ブーム/Dr. Boom, Mad Geniusとしてスタンダードに復活してしまった。

パッチ修正

  • ゴブリンvsノーム (December 2014):追加。

フレイバーテキスト

  • 日:彼の力に震撼せよ!
  • 英:MARVEL AT HIS MIGHT!
    • もちろん元ネタはMARVELコミックスの有名悪役「Dr.Doom」ちなみに彼もまたDoom Botsという影武者メカを持っている。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。