• TOP>
  • シルバーバックの長/Silverback Patriarch

シルバーバックの長/Silverback Patriarch

TOP > 中立コスト3 > シルバーバックの長/Silverback Patriarch

《シルバーバックの長/Silverback Patriarch》は中立のベーシック・ミニオン


シルバーバックの長.png

入手法

初期から2枚所持している。
ゴールデンカードはウォリアーのレベルが53,54になるとそれぞれ入手できる。

戦略

耐久寄りの挑発ミニオン。しかしそのスタッツは貧弱で、カードの知識を得たプレイヤーなら一目見て使えないと分かる。
壁役として高い体力は嬉しいが、ほとんどの2マナミニオンと相討ちし、2/3に至っては一方的に倒されるので文字通りの壁にしかならない。
攻撃力が1しかないのでミニオンにもヒーローにもまともなダメージを与えられず、総じてスタッツの低さが枷になっている。
(一応、攻撃力が1しかない点は《狂気ポーション/Potion of Madness》で相打ちさせられにくいというメリットでもある。)

更に、同じ基本カードにはに3マナ3/3の挑発《鉄毛のグリズリー/Ironfur Grizzly》というライバルがいる。
そちらはシルバーバックの長より1高いスタッツを持つため、初期デッキへの投入候補とするならそちらになるだろう。

また、拡張版では同じコストでより扱いやすい挑発ミニオンが出ている伝説のミニオン。それらは基本的に獣種族を持たないが、強力なライバルである事に変わりはない。

上位互換に近いミニオン達

このようにデッキに入れられる事の少ないミニオンだが、挑発を持つ獣である事は特筆性になる。
ウェブスピナー/Webspinner》、《墓守蜘蛛/Tomb Spider》、《コンゴウインコ/Jeweled Macaw》、《ストーンヒルの守護者/Stonehill Defender》などのカードでデッキ外から手札に加える事が出来る。
こういった用法なら、3マナという取り回しのよさと、3点火力に撃ち落とされない体力4が少しは活きてくる。
特に獣を補充できるカードが多く、ヒーローパワーで相手のライフを詰められるハンターなら挑発により延命して逆転…といった場面もあるだろう。

また、獣であるがゆえに《死線の追跡者レクサー/Deathstalker Rexxar》の選択肢として活躍することもある。比較的低コストかつ体力が突出しているスタッツのため、《アングリーチキン/Angry Chicken》や《腐肉食いのハイエナ/Scavenging Hyena》といったカードと相性がいい。

闘技場(Arena)

挑発持ちや3マナミニオンがほとんど取れていない場合でも選ばない方がいい。

コンボ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:群れで最強のオスである彼はリーダーのようにふるまっているが、実際に群れを仕切っているのはメスの方なのだ。
  • 英:He likes to act like he's in charge, but the silverback matriarch actually runs things.

アンケート

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。