• TOP>
  • 蟲のドルイド/Druid of the Swarm

蟲のドルイド/Druid of the Swarm

TOP > ドルイド > 蟲のドルイド/Druid of the Swarm

FST.jpg


《蟲のドルイド/Druid of the Swarm》はドルイドのレア・ミニオンカード。


蟲のドルイド.png
種族テキスト
選択:猛毒を持つ1/2のミニオンに変身する。または、挑発を持つ1/5の ミニオンに変身する。

入手法

凍てつく玉座の騎士団カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は100で、還元で手に入る魔素は20。
ゴールデンカードに必要な魔素は800で、還元で手に入る魔素は100。

みんなの評価投票

戦略

1/2猛毒(蜘蛛)と1/5挑発(スカラベ)に変身できる、2マナの選択ミニオン。
前者は不屈のカタツムリ/Stubborn Gastropodが挑発を失った様な性能。
後者は類型が無い。

基本的には、スタッツ的に優れた1/5挑発を選択する事になるだろう。
これ自体が生き残りやすく、また横の小粒ミニオンを戦闘から守る事もできるため、バフ、特に全体バフとは好相性。
中盤以降、相手のミニオンがパワー5を超えてくる様な状況では、1/2猛毒を選択する事も珍しく無い。簡単に処理されてしまう事もままあるが、処理のために2マナ以上使ってくれれば上等。呪文を消費してくれたり、上手く格上とトレードできれば儲けものだ。
ドルイドには他にも挑発持ちが多いので、不屈のカタツムリ/Stubborn Gastropodと比べて「挑発を持たない」事が逆に有利に働く事もある。
また選択ミニオンの常として、変身後には獣がつく。ヤシャラージュの烙印/Mark of Y'Shaarj等との獣シナジーもある優等生。

一方で、単体ではパワー1しかないのが短所となる。
トレードするなら猛毒で良いが、フェイスに行きたいがバフは無いという状況では足を引っ張る事になるだろう。
総合的に優秀である事は間違いないが、少なからず「バフありき」である事もまた間違いない。

アグロドルイドやミッドレンジドルイドには高い頻度で採用される。
どちらも蓮華紋/Mark of the Lotus強殻のクズ拾い/Strongshell Scavengerといった全体バフを備えており、それらとの連携が役割の一つである。

闘技場(Arena)

2マナの中でも最高クラスの強さ。優先度はトップクラス。
それ自体が高評価な不屈のカタツムリ/Stubborn Gastropodに、更に第2の選択肢が付いているようなもの。
1/5挑発も場持ちが良いため、バフや獣シナジー関連のカードと組み合わせやすい。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:ある朝、ドルイドがなにか気がかりな夢から目をさますと、自分が寝床の中で一匹の巨大な蜘蛛に変っているのを発見した。
  • 英:The Druid awoke from troubling dreams to find herself transformed into a giant spider.
    • 日英共に、元ネタはフランツ・カフカの「変身」の冒頭部分。
      「ある朝、グレゴール・ザムザが気がかりな夢から目ざめたとき、自分がベッドの上で一匹の巨大な毒虫に変ってしまっているのに気づいた。」引用元

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。