• TOP>
  • 狂気ポーション/Potion of Madness

狂気ポーション/Potion of Madness

TOP > プリースト > 狂気ポーション/Potion of Madness

MSG.png


《狂気ポーション/Potion of Madness》はプリーストのコモン・呪文カード。


狂気ポーション.png
種族テキスト
このターンの終わりまで攻撃力2以下の敵のミニオン1体を味方にする。

入手法

仁義なきガジェッツァンカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

戦略

サイズダウンした《影の狂気/Shadow Madnessp.png 。もちろん即座に攻撃できる点も同じ。

使い方も《影の狂気/Shadow Madnessp.png とそう変わらず、断末魔持ちミニオンをその効果ごと奪うなどが理想。
アグロデッキに対しても、奪ったミニオンを相討ちさせれば1マナで2体処理できる事になるため有効に決まることも多い。例えば海賊デッキ1ターン目の南海の甲板員/Southsea Deckhand海賊パッチーズ/Patches the Pirateという展開をそのまま処理できる。

一方でミッドレンジやコントロールに対しては、腐ってしまう事が多い。現スタンではストーンヒルの守護者/Stonehill Defenderが流行っているため、デッキに全く対象が無いという程では無いが。
環境次第では有効な対象が限られるタイプのスペルであり、メタをよく読んで投入枚数を決めるべきだろう。

神授の霊力/Divine Spiritp.png &《内なる炎/Inner Firep.png のOTKコンボとは相性がいい。
1マナで挑発持ちをどけつつ、強化先も用意でき、しかも即座に攻撃できるため、更地からいきなりバーストダメージを出す事が可能となる。コンボの強化先に求められるのは高ヘルスミニオンであり、狂気ポーションは攻撃力さえ低ければ奪う事ができ、挑発持ちは攻撃力が低くヘルスが高いものが多いと、全体的に噛み合っている。

闘技場(Arena)

腐ってしまう事もあるが、一方で相手の序盤の動きをたった1マナで叩き潰してしまう可能性も秘めている。デバフカードと合わせるなど、腐るリスクを軽減する工夫があれば尚良いだろう。

かつては《リコンボビュレイター/Recombobulatorp.png や《シュリンクマイスター/Shrinkmeisterp.png といった最高のコンボ先もあり、非常に高評価なカードだった。

コンボ

  • 縮小ポーション/Pint-Size Potionp.png :攻撃力5以下のミニオンまで対象に出来る様になる。ただ相打ちさせるのは難しくなるため、挑発持ちをどけるなどの用途がメインになるか。
    • 戦略欄のOTKコンボとのシナジーにも組み込む事ができる。例えば5/5ミニオンを奪って強化する場合、1枚ずつ使って計5マナで10/10。他のバフを追加すれば10マナ以下で20点、30点を超えるダメージを出せる。《ソーリサン皇帝/Emperor Thaurissanp.png も必要ない。

メモ

  • 奪っている状態のミニオンに沈黙を付与した場合、即座に返却される。借りパクとはならない。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:これを飲みたくない、だって?あんたおかしいんじゃないのか?
  • 英:You'd be insane NOT to drink it!

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。