• TOP>
  • 猟犬使い/Houndmaster

猟犬使い/Houndmaster

TOP > ハンターのカード > 猟犬使い/Houndmaster

《猟犬使い/Houndmaster》はハンターのベーシック・ミニオンカード。


猟犬使い.png
4Mana.png猟犬使い/Houndmaster p.png -Battlecry:あなたのBeastミニオン1体を対象とする。それに+2/+2の修整を加え、Tauntを与える

入手法

初期から2枚所持している。
ゴールデンカードはハンターのレベルが28,30になるとそれぞれ入手できる。

戦略

獣に+2/+2と挑発を与えるという強力なバフ能力を持つ。
効果としては野生の紋章/Mark of the Wildと同等で、3マナスタッツに2マナスペルが付いてくるためコスト・パフォーマンスが高い。

バフした獣については、トレードに使うよりもフェイスを殴っていく方が挑発が活きる。スペル等で対処されるリスクもあるため状況にもよるが。
本体の4/3という攻撃寄りのスタッツについても、挑発持ちで守れるため戦闘面での脆さは意外と気にならず、顔殴りや有利トレードに適するという長所が際立つ。
対象が限定される点は短所だが、ハンターには獣ミニオンが豊富であるため、組み合わせるのは容易いだろう。特にネズミ軍団/Rat Packサバンナ・ハイメイン/Savannah Highmaneといった、獣を残す断末魔を持つ獣と非常に相性がいい。

アルガスの守護者/Defender of Argus》は同じ4マナで、バフ能力もよく似ているなど共通点が多い。
例えば更地の盤面に対して展開→バフと動きたい場合、アルガスの守護者はミニオンが2体いなければ真価を発揮しないのに対して、猟犬使いは1体で良いという点で優れている。(ハンターには1マナの獣が多く、5マナあればこの動きができる)
また本体のスタッツの違いも大きい。2/3は放置できても4/3は放置できないという状況は多いだろう。
一方で防御に回っている場面では挑発ミニオンを1体しか作れないため、例えばアルカナイト・リーパー/Arcanite Reaperファイアーボール/Fireballの一発で突破されてしまうリスクもある。

カードの性質上、獣が大量に採用されるミッドレンジハンターに高い頻度で採用される。
一方、獣の枚数が減りがちで、またカード単体での安定した仕事を求められるフェイスハンターにはあまり採用されない。

闘技場(Arena)

ハンターは基本的に獣に寄せるピックになるのでバフ先にはあまり困らない。
ウンゴロで質の良い獣が増えた事が追い風。

コンボ

この手のBuffはChargeやWhirlwind持ちと相性が良いのだが、《ペット呼び寄せ/Call Pet》の無い今では残念ながら1ターンのうちに《キングクラッシュ/King Krush》や《巨大砂虫/Giant Sandworm》、《死出路のドラゴンホーク/Grotesque Dragonhawk》等と同時に出したりは出来ない。
(もちろんこいつらが《羊飼育者/Ram Wrangler》と一緒に出てくれば可能だが…。)
次善策として、高ヘルスやStealth持ちの獣をBuffする場合が多い。《巨大ガマ/Huge Toad》あたりに付与して突っ込ませるだけでも仕事はしてくれる。

よくBuffされる対象

メモ

  • イラストはそれっぽいが、これ自身は「獣」では無い。
  • 召喚時のセリフ「犬どもを放つぞ」(英:I let the dogs out.)
    これはバハ・メンの楽曲『Who Let The Dogs Out』が元ネタかと思われる。(参考動画

フレイバーテキスト

  • 日:「犬のエサになりたいか?」そうヤツは問う。いわゆる修辞疑問文ってやつだ。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。