• TOP>
  • ツンドラサイ/Tundra Rhino

ツンドラサイ/Tundra Rhino

TOP > ハンターのカード > ツンドラサイ/Tundra Rhino

《ツンドラサイ/Tundra Rhino》はハンターのベーシック・ミニオンカード。


ツンドラサイ.png
5Mana.pngツンドラサイ/Tundra Rhino p.png -あなたのBeastは突撃(Charge)を得る。

入手法

ハンターのレベルが8になると2枚入手できる。
ゴールデンカードはハンターのレベルが43,44になるとそれぞれ入手できる。

戦略

自分の獣ミニオンすべてにチャージを付与。
自身もチャージを得る。つまり本体は5マナ2/5チャージ(1マナ重い《ストームウィンドの騎士/Stormwind Knight》)と考えて良い。
また、《サバンナ・ハイメイン/Savannah Highmane》の断末魔から出てくるハイエナ等も付与対象であり、
自ターンにライオン特攻→その場でハイエナ召喚→突撃付与→特攻、という芸当も可能。

放置すればそのままゲームエンドに直行する能力である。
相手ハンターに出されたら真っ先に無力化・破壊しなければならない。
逆に言うと除去を使わせやすい能力をしているので、盤面を取っている時にこのカードを出して、次のターンに本命という動きがやりやすい。
もちろん除去されなければ獣が突撃してくる。

ミッドレンジハンターでは選択肢に入るが、
暴走コドー/Stampeding Kodo》・《ストラングルソーン トラ/Stranglethorn Tiger》・《フフラン王女/Princess Huhuran》と他も優秀。
メタやプレイングに合わせての採用になる。

弱点は攻撃力が2点しかないこと。
2/2/3の格下ミニオンや武器で一方的に殴られたり、《暴走コドー/Stampeding Kodo》等の餌食になりやすい。
特に対プリーストではかなりリスクがある。

闘技場(Arena)

獣が多く取れているのであれば価値が高まる。
貴重な突撃持ちなので単体でも使えないではないが、やはり他の獣とあわせて使いたい。
ウンゴロで質の良い獣を取りやすくなったため以前より活躍の機会が増えた。

コンボ

フレイバーテキスト

  • 日:ツンドラサイはよくコドーと間違えられる。…えーと、こいつはどっちだ?

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。