• TOP>
  • ミッドレンジハンター

ミッドレンジハンター

TOP > ハンターのデッキ > Midrange Hunter





Midrange Hunter(ミッドレンジハンター)はハンターのミッドレンジデッキ。

レシピ例

スクリーンショット 2017-05-08 23.45.29.jpg
1600魔素
2017-05-09
以前のデッキ

デッキ概要

コントロールに強くアグロに弱い、ミッドレンジの代表格。
ヒーローパワーが勝利に直結しているためドローも不要で、《殺しの命令/Kill Commandp.png によって挑発(Taunt)を無視して直接ダメージで決着を付けることもできるなど、とても安定感がある。

相性

Rexxar64.pngミッドレンジハンター
得意ハンドロック (75/25)
有利コントロールプリーストミッドレンジシャーマン (65/35)。
コントロールウォリアー、マリゴスウォーロック、ドラゴンウォリアー、コンボドルイド (55/45)
五分テンポメイジ (50/50)
不利ミッドレンジパラディン (45/55)
パトロンウォリアー、ハイブリッドハンター、フリーズメイジ (40/60)
苦手オイルローグ、アグロパラディン (35/65)
ズー (30/70)
フェイスハンター (25/75)
メックシャーマン (20/80)
判別法凍結の罠/Freezing Trapp.png 、《ヘビの罠/Snake Trapp.png 、《手動操縦のシュレッダー/Piloted Shredder》p.png Houndmaster?p.png 、《サバンナ・ハイメイン/Savannah Highmanep.png が出てきたらミッドレンジハンター
対策相手がミッドレンジハンターだと分かったら、とにかくボードアドバンテージを優先しよう。テンポで優ればさほど怖い相手ではない。

長所

強力なミニオンやコスパに優れるカードが集まっているため、大半のデッキに有利以上の相性がある。

ヒーローパワーや《殺しの命令/Kill Commandp.png など決定力が強く安定感がある。
特に中盤以降にミニオンがいれば攻撃とスペル、ヒーローパワーで15点以上出せるため、リーサル範囲が非常に大きい。

フェイスハンターと比べてミニオンの選択幅が多い。好みや、環境に合わせて有利なカスタマイズがしやすい。

サバンナ・ハイメイン/Savannah Highmane》への解答がない(除去が破壊やダメージに寄っている)相手にはかなり有利。

比較的安価で作れる。ほとんどがベーシックかレア。若干、アドベンチャーがある程度。
その癖に大会で使用されるほどのパワーがあり、レジェンドを目指すにも使える本格的なデッキ。

短所

  • アグロに弱い。最近では《爆発の罠/Explosive Trap》に加えて《クマの罠/Bear Trap》で防御する選択もあるが、相性差の根本的解決にはならない。(アグロが多いなら対策をするのではなく、他のデッキを使ったほうが良い)

戦略

  • ドローを投入せずとも、息切れしないようにする。
    King's Elekkp.png でミニオン同士の戦いをしつつ、手札を補強する。
  • 強力なミニオンで盤面を奪う。有利なトレードを繰り返し、残りはフェイスへ攻撃してライフを削る。
    Animal Companion p.png :基本的に1マナ上のミニオンが出る。
    サバンナ・ハイメイン/Savannah Highmanep.png :ハンターの切り札。レジェンドカード並みのパワーがあるのにレアで複数投入可能。
  • 相手の大量展開を一掃する、逆に利用する。
    爆発の罠/Explosive Trap》:相手の雑魚を一掃し、ヒーローにもダメージ。
    猟犬を放て!/Unleash the Houndsp.png :大量の1/1でトレード、フェイスダメージを稼げる。
  • 暇な時はヒーローパワーを使用する。地味だが、テンポを多少失ってもライフを削ることは思った以上に効果がある。
  • 武器は耐久1を残してフェイスを殴る。
    破壊されたときの損失が大きく、ただ装備してターンエンドは避けたい。もちろんせっかくの武器でフェイスを殴って損、といったこともあるが・・・。
  • 最後はスペルを織り交ぜて一瞬で倒す。
    AoEに強いミニオンを並べてヒーローへの攻撃を通す。射程圏内になったら《殺しの命令/Kill Commandp.png によって一気に勝負を決める。
    遅いデッキにはライフ補強手段が入っていることが多い。今回復しても盤面が奪われていては結局削られてしまう、と回復より展開を優先することがある。
    その際にミニオン同士の相打ちではなくすべてフェイスへ攻撃し、残りをスペルで削りきって勝利する。

展開

【序盤】《炎魔コウモリ/Fiery Bat》や《巨大ガマ/Huge Toad》、《火炎ジャグラー/Flame Juggler》、《腐肉食いの芋虫/Carrion Grub》で有利交換や格上食いを狙う。
獣の相棒/Animal Companionp.png など優秀なミニオンを召喚したり、《イーグルホーン・ボウ/Eaglehorn Bowp.png などで敵のミニオンを除去することでもアドバンテージを得られる。

【中盤】Houndmaster?p.png で場のビースト(Beast)を強化して有利なトレードをする。また《凍結の罠/Freezing Trapp.png で相手のミニオンを戻してテンポロスを狙う。機会があれば《猟犬を放て!/Unleash the Houndsp.png を使ってテンポを得る。

【終盤】《サバンナ・ハイメイン/Savannah Highmanep.png 、《荒野の呼び声/Call of the Wild》などフィニッシャーを召喚しながらヒーローパワーでダメージを蓄積。射程圏内になったら《殺しの命令/Kill Commandp.png でフィニッシュ。

中核カード

シナジー

マリガン/マッチアップ

#fold{{{ 初手 2マナミニオン、《獣の相棒/Animal Companion》、アグロだと読めるなら《猟犬を放て!/Unleash the Hounds》等 }}}

対ミッドレンジハンター

獣を残さない。4マナ以降に残ると猟犬使いで一気に盤面を戻される。
特に3マナで獣の相棒や腐肉食いの芋虫が処理できないと挑発に+2/+2付与でそのまま盤面を取られ続けることがある。
また、基本的なことだがツンドラサイは真っ先に処理すること。
サバンナ・ハイメインや荒野の呼び声にツンドラサイが加わるとほぼ処理できない。

荒野の呼び声は強いのだが、即座には5点しか飛んでこない。
荒野の呼び声を使う頃には息切れ寸前なので、しのげるかどうかが重要。
相手の8マナの直前に挑発を出しておくと動きを制限しやすい。
また、普段から横に並べるデッキとは言いがたいのでAoEを握っておくとやや処理しやすい。

アグロは比較的楽 ハンターは切り返しが弱いので序盤から盤面を奪うと押し切りやすい。
パワーカードのサバンナ・ハイメインや荒野の呼び声を使われる前に形勢が決まっていることも多い。
ただし、爆発の罠と猟犬を放てには注意。ヘルス1ミニオンが多いなら巨大ガマもやや辛い。

ミッドレンジ以上の場合、自分の場に何もいない状態でミニオン1体のためにマナを使い切るのが非常に危険。
凍結の罠や狩人の狙い+狩猟、必殺の一矢を握られていると大幅にテンポロスするので致命傷になりうる。
ただし、大型の挑発持ちなら通すと一気に楽になり、凍結の罠の効果も薄い。
また、サバンナ・ハイメインを処理できる呪文は握っておこう。
除去を破壊とダメージに寄せている場合、荒野の呼び声より厄介である。

コメント

コメントはお気軽に。(名前は無しでもOK)
「尽きぬ力は素晴らしい。尽きぬ理解はまして得がたい」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。