• TOP>
  • 生贄の契約/Sacrificial Pact

生贄の契約/Sacrificial Pact

TOP > ウォーロックのカード > 生贄の契約/Sacrificial Pact

《生贄の契約/Sacrificial Pact》はウォーロックのベーシック・呪文カード。


生贄の契約
0Mana生贄の契約/Sacrificial Pactp -悪魔1体を破壊する。自分のヒーローの体力を5回復する。

入手法

ウォーロックのレベルが8になると2枚入手できる。
ゴールデンカードはウォーロックのレベルが15,20になるとそれぞれ入手できる。

戦略

  • Demon種族を使ってくる相手にぶつかる可能性は低く、九割方「自分のミニオンを生贄に捧げて回復するカード」として使うことになる。
    手札を一枚費やし、場に出た味方ミニオンを一体破壊にするというデメリットを背負いながら、得られる物はライフのみ。いくらゼロマナとはいえ、そのまま使うのでは得られる物に対する代償が大きすぎる。コンボの項に示すが、シナジーの良いカードと組み合わせることでこのカードの効果を高めるのが良いだろう。
  • 相手がDemon中心に戦うウォーロックだと評価は一転し、《ドゥームガード/Doomguardp だろうが《マルガニス/Mal'Ganisp だろうが果てはヒーローと化した《ロード・ジャラクサス/Lord Jaraxxusp まで、これ一枚で粉砕できる。しかも回復付き。但し、それは当然相手も同様だ。相手が《生贄の契約/Sacrificial Pact》を持っている確率はデッキに入っているDemonの数に比例する。迂闊に《ロード・ジャラクサス/Lord Jaraxxusp 化しないよう注意。
  • また、《鏡の住民/Mirror Entityp を安全に突破できるという変わった使い方も可能。同様に《思念奪取/Thoughtstealp や《無貌の操り手/Faceless Manipulatorp で強いDemonをコピーされても、自分から生贄になってくれたようなものだ。逆に《思念奪取/Thoughtstealp でこのスペルを当てられたら……
  • 悪魔化プロジェクト/Demonic Project》の登場で、相手に悪魔を必ず持たせることができるようになった。相手のコンボを妨害しつつこのカードで除去・回復まで行える。

闘技場(Arena)

ミラーマッチでもなければ役に立たないため取る価値は無い。
一時期ピック候補から外されていたが再び出現するようになった。

コンボ

メモ

パッチ修正

  • Patch 1.0.0.3890 (2013-10-02): マナコストを2から0へ修正。

フレイバーテキスト

  • 日:悪魔とウォーロックの間に友情が成立しないのは、これが原因だ。
  • 英:This is the reason that Demons never really become friends with Warlocks.

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。