• TOP>
  • Mill Druid/ミルドルイド

Mill Druid/ミルドルイド

TOP > ドルイドのデッキ > Mill Druid


gvg.png


Mill Druid(ミルドルイド)はドルイドのコントロールデッキ。 (2015-01-04 作成)

レシピ例

画像クリックで詳しいデータページ(外部サイト)に飛びます。

  • 左:ベーシック、ChaosFollowingタイプ

*プレイ動画はこちら (外部サイト)

デッキ概要

ライブラリアウトによって勝利する一風変わったデッキ。豊富なドロー、除去、回復によって試合をコントロールし、最後は指数関数的ダメージによって1ターンに20点以上のダメージを与え、即死させる。アグロにもコントロールにも勝てるが、特にコントロールに対して強い。

長所

  • 相手の予想を超えたデッキ構成。
  • 流行のコントロールデッキに強い。
  • 比較的安価で作れる。
  • プレイしていて楽しい。

短所

  • プレイングが少しむずかしい。

弱点

戦略

豊富な除去でボードをクリアしていきながら、《コールドライトの託宣師/Coldlight Oraclep.png Naturalize?p.png Grove Tender?p.png によってライブラリアウトを狙う。もし相手の手札が多いなら、相手の手札をフルにしてカードを燃やすことも狙っていく。

展開

【序盤】ヒーローパワーや《自然の怒り/Wrathp.png で敵のミニオンを除去。Grove Tender?p.png でカードを引くのも良い。

【中盤】《なぎ払い/Swipep.png や《木立の番人/Keeper of the Grovep.png などで敵の中核カードを除去。敵が高ヘルスミニオンを出し始めたら、Poison Seeds?p.png を打つタイミングをじっと見計らう。敵の手札が多いなら《コールドライトの託宣師/Coldlight Oraclep.png などドローさせるカードで敵の手札を満タンにすることも視野に入れる。

【終盤】ライフが致死圏内まで減ったら《骨董品のヒールロボ/Antique Healbotp.png Healing Touch?p.png Tree of Life?p.png などでライフを大量に回復し、相手の狙いを外す。相手のデッキが枯渇したらNaturalize?p.png や《コールドライトの託宣師/Coldlight Oraclep.png で一気にダメージを与えて勝利する。

コントロール

コントロール相手なら大型ミニオンの除去が必要になる。《大物ハンター/Big Game Hunterp.png Naturalize?p.png Poison Seeds?p.png などの一撃除去を上手く使っていきたい。それらが手札にない場合はStarfall?p.png Starfire?p.png で弱らせてから《自然の怒り/Wrathp.png や《木立の番人/Keeper of the Grovep.png で安全にとどめを刺すこともできる。

アグロ

Starfall?p.png や《なぎ払い/Swipep.png などの全体ダメージスペルが良く効く。《野蛮な火霊術師/Wild Pyromancer?p.png も組み合わせることでさらに除去の力は強まる。

コールドライトの託宣師/Coldlight Oracle》はいつプレイする?

ミルローグと違い、《若き酒造大師/Youthful Brewmasterp.png Shadowstep?p.png を駆使して《コールドライトの託宣師/Coldlight Oraclep.png を何度も再利用するデッキではないので、《コールドライトの託宣師/Coldlight Oraclep.png を出す時にはタイミングを見計らう必要がある。敵の手札をオーバーさせられる時やどうしてもカードが引きたい時など、特別な意図がなければプレイせずに取っておきたい。こちらがライブラリアウトを狙うデッキだと知られてしまうと、相手はドロー系のカードを使ってくれなくなるからだ。

Tree of Life?をどう使う?

敵のヒーローのライフも30まで回復してしまう上にマナを使いきってしまうTree of Life?p.png は使い道がわかりづらいカードだ。しかし、このデッキはダメージソースがライブラリアウトなのでほとんど相手は体力満タンの状態であるため、ライフ回復量で大きくアドバンテージを取ることができる。特に相手がフェイスロールだった場合、相手の《レプラノーム/Leper Gnomep.png や《ウルフライダー/Wolfriderp.png をヒーローパワーで除去していき、ライフを犠牲にしながらボード&ハンドアドバンテージを取ったところで一気に20点以上の回復を行うと、相手は手札もミニオンも尽きてしまっているのでその時点で投了となる。

中核カード

シナジー

☆=オススメ

Poison Seeds?p.png

  • Starfall?p.png :全体除去。Poison Seeds?p.png で全てのミニオンを2/2にしたあと、Starfall?p.png で敵のミニオン全てに2ダメージ。
  • 木立の番人/Keeper of the Grovep.png :2/2を潰す。
  • 野蛮な火霊術師/Wild Pyromancer?p.png :パイロマンサー+《なぎ払い/Swipep.png で10マナボードクリア。パイロマンサー+《錬気/Innervate?p.png +2マナスペルで6マナボードクリア。

マリガン/マッチアップ

初手

プレイ動画

人気ストリーマーKrippによるプレイムービー → Twitch 。(外部サイト)

デッキ相性

  • 有利(6:4):
  • 五分(5:5):
  • 不利(4:6):

対Mill Druid

序盤にヒーローパワーばかり使って何もしてこない時はミルドルイドの可能性があるのでドローを控える。相手はPoison Seeds?p.png を持っているので中型ミニオンを2体くらい並べて無駄撃ちを誘う。こちらは体力を回復したりアーマーをつけてもあまり意味がないので、フィールドアドバンテージを取ることを考える。

コメント

コメントはお気軽に。(名前は無しでもOK)
「尽きぬ力は素晴らしい。尽きぬ理解はまして得がたい」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。