• TOP>
  • 熱狂する火霊術師/Wild Pyromancer

熱狂する火霊術師/Wild Pyromancer

TOP > 中立コスト2 > 熱狂する火霊術師/Wild Pyromancer

《熱狂する火霊術師/Wild Pyromancer》は中立のレア・ミニオンカード。


熱狂する火霊術師.png
2Mana.png熱狂する火霊術師/Wild Pyromancerp.png rare.png自分が呪文を使用した後、全てのミニオンに1ダメージ与える。

入手法

クラシック(クラシック)カードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは100で、ディスエンチャントで20ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが800必要で、ディスエンチャントで100ダスト手に入る。

戦略

全体ダメージをまき散らす2マナ3/2。自分も焼かれるので注意。コントロールプリーストで採用される。

扱いが難しいが、上手く使えば2:1どころではなく圧倒的なアドバンテージを得られる。まず《真言・盾/Power Word Shieldp.png でタフネスを強化しながら全体を焼くのが基本的な動き。できなければヒーローパワーで回復してあげよう。

厳密に言えば、この能力の発動条件は「自分のスペルによって始まった一連の処理が解決した瞬間」に「このミニオンが自分の場に存在する」事である。
具体的には、スペルにより死亡したミニオンのDeathrattleや、相手のSecretの処理が全て終わった後にようやく判定が行われる事になる。

 

(各種サイトを参考にし、未検証の部分も多いため、間違いがあれば修正求みます。)

以上のように、初見では予想できないような特殊な状況が数多く存在するため、極めて取り扱いが難しいミニオンとされている。少なくともデッキに組み込む際には、自身の固有スペルとどんな反応をするかは確認しておきたい。

闘技場(Arena)

ヒーローを問わず2マナミニオンとして採用されるほか、《手動操縦のシュレッダー/Piloted Shredder》から予想外の登場を果たす事もある。いざという時に計算を狂わされないように、可能な限り予習しておこう。

コンボ

パッチ修正

  • Patch 1.0.0.3388 (2013-06-22): 「無作為に選ばれた対戦相手のミニオンかヒーローに」から「全てのミニオンに」に変更。文章を「あなたが呪文を唱えたとき」から「あなたがスペルを唱えたとき、そのスペルのあとで」に変更。

フレイバーテキスト

  • 爆発は芸術だ!翼よ、あれがオレの火だ!火苦命、バーンザイ!
  • BOOM BABY BOOM! BAD IS GOOD! DOWN WITH GOVERNMENT!(爆発しろ!全部爆発してしまえ!悪いことは良いことだ!政府なんてぶっ潰せ!)
    • WoWでは「Fireスペックのアンデッドメイジ=味方の迷惑も考えずヒャッハーする奴」という固定イメージができてしまってよくネタにされた。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。