• TOP>
  • 戦の古代樹/Ancient of War

戦の古代樹/Ancient of War

TOP > ドルイド > 戦の古代樹/Ancient of War

戦の古代樹/Ancient of War(エンシェント・オブ・ウォー:戦の古樹)はドルイドのエピック・ミニオンカード。


戦の古代樹
7Mana戦の古代樹/Ancient of Warp epic選択(Choose One):以下の2つから1つを選ぶ。
「+5/+0の修整を得る」
「+0/+5の修整を受け、挑発(Taunt)を得る」

入手法

クラシックカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは400で、ディスエンチャントで100ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが1600必要で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。

メモ

  • トランスフォームではなくバフ扱いである。なのでサイレンスが効く。

戦略

  • ドルイドの主力大型ミニオンの一つ。5/10挑発(Taunt)が7マナ。始めて見たプレイヤーはまず驚愕するだろう。
    • この5/10はまともに倒そうとするとほぼ間違いなく複数ミニオンが犠牲になるが、挑発(Taunt)なので無視する事はできず対処は必須。
    • まともに倒してくれないことの方が多いとは思うが、それはしょうがない。7マナなので確定除去の前には少し損(対象を確定除去は5マナ程度でできる)だが、ドルイドにはこのミニオンより軽いが『スペルで除去したいミニオン』が多く、相手の手札に対処法がないことも多い。
  • 10/5にする必要はないだろう。中~重量級に必要なのは能力もだが、生存性も重要である。攻撃力が高く、体力が低く、他に能力がないバニラはこのゲームでは弱い。次に攻撃すれば勝ちという状況でも焦らずに5/10で2回攻撃するほうがいい。ドルイドのデッキは、基本的にはそのようなバランスの設計になる。
  • 挑発(Taunt)持ちで大切なのは、同マナ帯のミニオンの攻撃を耐えるタフさと、格下は一撃で返り討ちにする最低限の攻撃である(例は《センジン・シールドマスタ/Sen'jin Shieldmastap )。このカードは5/5すらも一撃で粉砕する上に、体力が10もあり、同じマナのミニオン同士では一撃で倒されることはない。

闘技場(Arena)

  • 7マナ5/10は最強。相手は悶絶して多くの犠牲を払うか、取っておきたかった除去を使わざるを得ないだろう。
    • 間違っても前半の効果は使わないように。4~5マナ帯と相討ちするのだけはやめよう。

フレーバーテキスト

  • 英:Young Night Elves love to play "Who can get the Ancient of War to Uproot?" You lose if you get crushed to death.
  • 日:ナイトエルフの間では、「戦の古代樹/Ancient of Warさんこちら手のなる方へゲーム」が流行ってるんだ。叩き潰されて死んだら負け。

メモ

  • フルアートワーク
    戦の古代樹
  • 戦の古代樹はwarcraft3におけるナイトエルフ陣営の建造物。
    • 建造物であるが、根を上げる(Uproot)ことにより移動可能な戦闘ユニットとなり、根を下ろす(Rooted)と強固な建造物となる。HSにおける戦の古代樹の選択はこの再現である。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。