• TOP>
  • 告死隠者スロール/Thrall Deathseer

告死隠者スロール/Thrall Deathseer

TOP > シャーマン > 告死隠者スロール/Thrall Deathseer

FST.jpg


《告死隠者スロール/Thrall Deathseer》はシャーマンのレジェンド・ヒーローカード。


告死隠者スロール.png
Transmute Spirit.png
種族テキスト
雄叫び:味方のミニオンすべてをそれぞれコストが(2)高いランダムなミニオンに変身させる。
精霊変性ヒーローパワー:味方ミニオン1体をランダムなコストが(1)高いミニオンに変身させる。

入手法

凍てつく玉座の騎士団カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

みんなの評価投票

このカード、強い?
22%☆☆☆☆☆ 環境を変えるほど強い。メタの中心にいる
31%☆☆☆☆  文句なく強い。デッキによく入る
29%☆☆☆   強い。デッキに入ることもある
14%☆☆    普通。環境によってはチャンスもある
04%☆     弱い。使われない

コメントに君の投稿した評価と、その理由を書いてみよう!

戦略

シャーマンのデスナイト・ヒーローは、進化/Evolveの2倍。
盤面が更地の場合は全く意味が無いが、幸いにも5マナというデスナイト・ヒーロー最軽量のコストであるため、他のミニオンと同時に展開し易くなっている。
とは言え元の進化/Evolveに比べると、やはり圧倒的に重い。5マナ支払っているのに、1マナスペル2枚分の効果でしか無いというコスト・パフォーマンスも気になる。なるべく前ターンまでに盤面を取りつつ十分に展開しておき、5ターン目、あるいはヒロパも視野に入れた7ターン目の大進化を目標としたい。

変更されたヒロパは、1体だけを対象とした進化/Evolve。または進化を統べるもの/Master of Evolutionの雄叫びと同じ効果。
進化は強力な効果であるが、一方でランダム性による扱い難さがあり、極端にスタッツが低かったり致命的なデメリットを持った所謂ハズレミニオンとの付き合いは日常茶飯事である。
全体効果である進化/Evolveや雄叫び効果とは異なり、このヒロパは単体のみを進化させるため、強力なミニオンはそのまま残しながらハズレのみを再進化させる事である程度安定性のある盤面強化が期待できる。
なお雄叫びと同様に、盤面が更地の場合は全く機能しない。手札が尽きている状態でAoEを食らってしまうと手詰まりとなってしまう恐れがある。

同じくミニオンの大量展開から大きな効果を発揮する5マナのスペルという、非常に共通点の多いカードとして血の渇き/Bloodlustが挙げられる。
並べたミニオンでそのままリーサルできるという意味では血の渇きの方が遥かに手っ取り早い。
またヒロパを変更してしまうと、ミニオンを横に並べる手段を自ら失う事となってしまうため、このカードと血の渇きの相性も悪い。

要注意ミニオン

闘技場(Arena)

軽くて強力。有利状況でないと効果を発揮しづらい難点はあるが、盤面を一気に強化できるのは魅力的。
渋々ピックした弱いミニオンも強力な物に化ける可能性がある。

コンボ

デッキ

メモ

デスナイト・ヒーロー

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:「恐れることはない。近づいてみよ。死者たちは眠り続けるのだ――時が来るまでは」
  • 英:"Do not be afraid. Approach. The dead will sleep… for now."

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。