• TOP>
  • ヘドロゲッパー/Sludge Belcher

ヘドロゲッパー/Sludge Belcher

TOP > 中立コスト5 > ヘドロゲッパー/Sludge Belcher


naxx


《ヘドロゲッパー/Sludge Belcher》は中立のレア・ミニオンカード。


ヘドロゲッパー

入手法

アドベンチャーモードのカース・オブ・ナクスラマスの勝利品。
PlagueクォーターのLoathebに勝利すると2枚入手できる。
クラフトすることはできないし、ディスエンチャントもできない。
ゴールデンカードは元のカードを持っていれば作れる。ダスト800でクラフトでき、ディスエンチャントで100ダスト手に入る。

戦略

言わずと知れた強力カード。優れたバリューと単体で完結した防御力から、かつてはアグロを除く幅広いデッキで壁として採用されていた。ワイルドではミッドレンジからコントロールまでの断末魔軸のデッキに採用されている。

タズディンゴp +ゴールドシャイアの歩兵を1枚でやってのける。それも同時に出ないためAoEや攻撃対象の選択にも強い。《刈入れゴーレム/Harvest Golemp のような脅威の場持ち能力があり、その出てきたマトリョーシカさえも挑発(Taunt)を持っている。彼を出されただけでアグロは一気に失速してしまうこともしばしばある。

尤も、単なる優秀な壁であれば大魔境ウンゴロ以降ライバルは増えつつあるが、このミニオンは断末魔(Deathrattle)を持つので《頽廃させしものン=ゾス/N'Zoth, the Corruptor》等の断末魔シナジー、また《ケルスザード/Kel'Thuzadp や《救済/Redemptionp 等の蘇生効果と極めて相性が良い。

裏を返せば、断末魔ミニオンなので沈黙、《呪術/Hexp や《動物変身/Polymorphp 等の変身、《昏倒/Sapp 等のバウンスに対しては無力。また《影の狂気/Shadow Madnessp 等のコントロール奪取で相手に効果を利用される事もあるので注意。

闘技場(Arena)

ナクスラーマス全盛期は大変強力な一枚として闘技場でも大活躍した。
2020年現在は新規カードも増え圧倒的では無くなった。例えば錆鉄騎の略奪者/Ruststeed Raiderは本カードより明らかに強いケースが多い。

とはいえ確定で挑発が二段構えで出るため、遅いメイジやプリーストのデッキなら採用価値は高い。
ピック対象にナクスラーマスがある環境なら今でも十分選ばれるだろう。

コンボ

メモ

  • ベルチャーはゲップする人という意味もある。

パッチ修正

  • Patch 1.1.0.6024 (2014-07-22): 追加。

フレイバーテキスト

  • 日:ヤツにコーラを飲ませるな!
  • 英:DO NOT GIVE HIM A ROOT BEER.
    • 訳:あいつにルートビアをやっちゃいけねえ!

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。