• TOP>
  • 疫病科学者/Plague Scientist

疫病科学者/Plague Scientist

TOP > ローグ > 疫病科学者/Plague Scientist

FST.jpg


《疫病科学者/Plague Scientist》はローグのコモン・ミニオンカード。


疫病科学者.png
種族テキスト
コンボ:味方のミニオン1体に猛毒を付与する。

入手法

凍てつく玉座の騎士団カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

みんなの評価投票

このカード、強い?
03%☆☆☆☆☆ 環境を変えるほど強い。メタの中心にいる
18%☆☆☆☆  文句なく強い。デッキによく入る
43%☆☆☆   強い。デッキに入ることもある
28%☆☆    普通。環境によってはチャンスもある
08%☆     弱い。使われない

コメントに君の投稿した評価と、その理由を書いてみよう!

戦略

2マナ相当のスタッツを持ち、コンボさせることで味方のミニオン一体に猛毒を持たせることができる。
基本的には前のターンから出ている小型ミニオンにつけ相手の大型にぶつける使い方になるだろう。

1/1のトークンを相手の大型にぶつけることができれば大幅にテンポを稼ぐことができる。
反面相手の場に大型がいてかつ自分の場に小型がおりコンボするあてもあると活躍する条件が意外とシビアな点は注意。
それほどサイズ差がなければ、より汎用性が高いSI:7諜報員、鬼軍曹等でも用が足りるケースも多い。
2マナ上にはぶつける種がいらないヴァイルスパイン・スレイヤーも存在する。
それぞれ弱みと強味があるので用途に合わせて選択したい。

基本的には小型のミニオンにかけて使用することになるが状況次第ではそれ以外に使用することもある。
例えばタール・クリーパー同士が睨みあっているような状況で使用することで相手のタールを倒しつつ、こちらは不屈のカタツムリ相当を残すことができる。

突撃もちとは奇襲性、コンボとつける相方を用意できる点から相性が良い。ワイルドならアージェントの騎兵が好相性だが、アージェントの司令官では狙いすぎだろう。
スタンダードだと海賊パッチーズが相性が良く手札にきても有効活用できる。勿論、怪盗紳士、パッチーズ、このカードと繋げれば最高。

闘技場(Arena)

  • 除去が不足しがちでミニオン戦になるアリーナでは相当の高評価。トップコモンの一角。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:耐えられないほどの激痛がする?効いてる証拠じゃよ!
  • 英:The excruciating pain means it's working!

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。