• TOP>
  • カバールの下っ端/Kabal Lackey

カバールの下っ端/Kabal Lackey

最終コメント:12日前

TOP > メイジ > カバールの下っ端/Kabal Lackey

MSG.png


《カバールの下っ端/Kabal Lackey》はメイジのコモン・ミニオンカード。


カバールの下っ端.png
種族テキスト

入手法

仁義なきガジェッツァンカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

戦略

マナ相応ながらも攻撃寄りのスタッツに、秘策のコストを一枚だけ0にする効果を持つ《キリン・トアのメイジ/Kirin Tor Mage》をそのまんま小型化したミニオン。
1マナになったことで扱いやすさが大幅に向上しており、《おしゃべりな本/Babbling Book》のように余ったマナを有効に活用しやすい。
また初手に出せるというのも重要で、対アグロで重要な1マナミニオンを展開しつつ《アイスバリア/Ice Barrier》を張ったり、
妨害系の秘策を張って次に出てくる《魔法使いの弟子/Sorcerer's Apprentice》や《カルトのソーサラー/Cult Sorcerer》を守るなど序盤の動きを強力にサポートしてくれる。
ただしメイジの秘策は中~後半戦に力を発揮するものが多く、相手が軽いカードをほぼ確実に所持している序盤戦では
せっかく張った秘策を軽く処理されてしまう可能性が高い事は覚えておきたい。

初手以外でも盤面の対処に+1マナで秘策を張って相手の返しにプレッシャーを与えたり、《カバル教団の魔導書/Cabalist's Tome》等でデッキ外からから引いてきた秘策を設置したりと器用に立ち回ることが可能。

このカードの登場で1ターン目に秘策を張る事が可能になり、《メディヴの従者/Medivh's Valet》を無理なく利用できるようになった。
メイジには他にも《イセリアルの魔術師/Ethereal Arcanist》や同じパックの同期である
カバールのクリスタルの運び屋/Kabal Crystal Runner》等秘策シナジーを持つカード達が多く、同じく秘策を持つ
ハンター、パラディンに比べるとより秘策の扱いに長けるよう調整されているようである。

闘技場(Arena)

構築と比べて秘策があまりピックできないので能力が発動しにくいことと、ヒーローパワーで破壊されてしまうことから微妙。
返しの3/2を抑制できる点は便利。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:この下っ端・カバールには夢がある!
  • 英:I'll tell you one thing he doesn't lack: GUMPTION.
    • 訳:あいつが今でも失くしてないもの、それは積極性さ。

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。