• TOP>
  • カレクゴス/Kalecgos

カレクゴス/Kalecgos

TOP > メイジのカード > カレクゴス/Kalecgos 

aku


《カレクゴス/Kalecgos》はメイジのレジェンド・ミニオンカード。


カレクゴス
コスト名前種族レアリティテキスト
10Manaカレクゴス/Kalecgosドラゴンlegendary(4/12) 毎ターン自分が最初に使用する呪文のコストは(0)になる。雄叫び:呪文一つを発見する。

入手法

爆誕!悪党同盟カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

注意点

戦略

10マナ4/12というメイジの大型ミニオン。そのサイズに違わず、効果もド派手なもの。

雄叫びで呪文を発見し、さらに「ターン内で最初に使用する呪文のコストを0にする」という常在効果を持っている。
逢魔に堕つアヴィアナ/Duskfallen Aviana》あたりを連想させる効果だが、自分限定で出したターンから適用できるので単純なメリット効果である。
いきなり《パイロブラスト/Pyroblast》を叩きつけたり、《フレイムストライク/Flamestrike》で一掃、《ブリザード/Blizzard》で凍結&ダメージ、《創造の力/Power of Creation》で展開など、適切な呪文が手札にある、もしくは発見してこれれば、ミニオン展開・相手への対応・カードアドバンテージの獲得を一挙にこなせる。
そしてその体力の高さから複数ターン生き残れるチャンスも多く、そうなれば凄まじいテンポアドバンテージが期待できる。
10マナまでもつれこむ速度のデッキであれば、非常に汎用性の高いカードと言える。

しかし、低コストの呪文しか発見できなかったり、その後も低コストの呪文しか使えない場合、10マナミニオンとしては少々物足りなく感じることも。

闘技場(Arena)

単純にカードパワーが高いカードではあるのだが、呪文のピックが十分でないと使う呪文が発見頼りになってしまうリスクが高く、構築に比べると見劣りする。

コンボ

デッキ

メモ

  • カードイラストに描かれているドラゴンは《マリゴス/Malygos》であり、カレクゴスではない。
    • …などということはなく、ちゃんとカレクゴスである。詳しくは《マリゴス/Malygos》を参照。
  • あとカクレゴスではなくカレクゴス。

惑星アゼロスを見守る五大竜の一柱、魔法を司る竜、ブルー・ドラゴンフライトの長。かつてマリゴス/Malygosの配下だったが、定命の者が魔法を使うのを許さないマリゴスとは立場を違えており、定命の者に協力的。マリゴスの死後に長となった。人間形態ではKalecと名乗り、キリン・トア評議会の6人の頂点の一人でもある。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:キャリアの頂点「魔法のアスペクト」まで上り詰めたものの、今は引退し、悠々自適に趣味の「小細工」を楽しんでいる。
  • 英:He was once the Aspect of Magic but gave it up to focus on cheap tricks.

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。